作成者別アーカイブ: bunchanthebunny

お客様-さすけくん

そして次に来てくれたのは新人さんのさすけくん、推定3歳です。

 

うたしろさんが預かりをしていたミグノンの保護うさぎで保護当時から足が曲がっています。
ほっぺの毛色が薄くなっててチークを引いたみたいでラブリーだね。

 

足のハンデはあるものの普通の子以上に元気なさすけくん、ケージでは物足りないようで、

 

他の子が部屋んぽしていると羨ましそうにソワソワ。

 

さ「早く出してよお」

 

扉を開ければ即ダッシュ。知らない場所でも警戒心ゼロなのです。

 

JCみたいな内股走りですが結構速いのです。

 

さ「ブルルンジャンプや足ダンだってできるんだぜ!」

 

さ「毛づくろいだってお手の物よ(でも右耳はかけないの。。泣)」

 

他の子達にも礼儀正しくご挨拶。

 

さ「オレの匂い、付けさせていただきま~す」

 

終わった後は気が緩んでちょっとブサイク。

 

部屋に戻ればこの爆睡ぶり。天真爛漫なさすけくん、なかなか大物です。

 

エアカイカイが可愛すぎるよ。

お客様-プッチくん

そして次に来てくれたのは常連のプッチくん。

 

毛並みツヤツヤ。おっとり男子ですが自己主張の匂い付けは結構激しいのです。

 

プ「平和主義なオレは地味に匂い付けで他のうさぎに対抗するのさ」

 

プ「他のうさぎの匂いでオレが参ってきた~」

 

汚れたお顔は丁寧にふきふき。

 

以前からライバル視しているシナモンくん相手に緊張しすぎてしっぽが裏返るプッチくん。
うさぎさんは体格や年齢の近い子をより気にするようです。

 

プ「ぜ、全然怖くないんだからねっ」

 

プ「今回は女の子がいなくて味気ないなあ」

 

プ「どうも男臭いのが気になって集中できないや」

 

プ「ペッペッ。 もしかしてオレってば潔癖症かも」

 

プ「皆さん、オレの匂いに上書きしちゃダメですよ~」

 

プ「男所帯のときはお部屋で休んでいるのが安心かもね」

 

今回はいまいち上がらない?

お客様-ねむおくん

昨日は初めてのお客様が来てくれました。生後4ヵ月のねむおくん。
まだ少し産毛の残るぽわぽわの男の子です。

 

手足が太いロップちゃんは子犬のようです。
「ねむお」という名前に似合わずギラギラした遊び好きタイプ。

 

初めてのお泊りだそうですがすぐにケージから出て跳ね回っていました。
ね「ねむお、ねむくないも~ん」

 

元気な新入り君は先輩達にも積極的にご挨拶。シナモンくんの迫力にもひるみません。

 

ね「ね、ねむお怖くないも~ん」

 

プッチくんにも柵にほっぺが食い込むほど挑発していますが、プッチくんは穏やかに対応。

 

ね「まだオレが赤ちゃんだからお兄さんたちも優しいのだ」

 

ね「これは何に使うものかしら」

 

ね「乗り物かな」

 

ね「違ったみたい。。」

 

ね「う~ん」

 

ね「いろんな匂いがするけど。。」

 

ね「もしかしてこうやってくぐって遊ぶのかな!」

 

ね「でしょ! また頭良くなっちゃった」

 

シナモンくんが珍しくはたいてます^^

お客様-おもちちゃん

こちらは2回めのお客様、もうすぐ1歳のおもちちゃん。

 

前回は緊張気味でしたが、今回は覚えててくれているのか初日から元気に飛び出してくれました。

 

早速みんなの匂いがついたトンネルが気になるおもちちゃん。

 

お「みんなで好き勝手に匂い付けて、許せないわ」

 

お「アタシも付けよ~」

 

シナモンくんのことは覚えているのか怖がらずにご挨拶。
お「先輩、顔のボリュームが凄いです。。」

 

紗英くんとは若者同士、すぐに意気投合。

 

お「若い男を見るとついキープしてしまうわ」

 

お「スリムでグラマーなナイスバディに男はみんな釘付けなのよ」

 

部屋の真ん中でエビ反ってドヤるおもち姫様です。

 

ツンツン系女子。

お客様-ラビちゃん

そして2人目の新人さんは4歳のラビちゃん。

 

ビビリなため、以前動物病院にお泊りした時にはストレスで10円ハゲができてしまったそうです。

 

でも頭に付いてるお弁当には全然気づかない鈍感ラビちゃん、天然ドジっ子タイプかもしれません。

 

うさの木でも初日は慣れない環境と知らないうさぎ達に囲まれてオドオド。
部屋んぽどころではありません。

 

びっくりするとすぐトンネルに逃げ込んで、

 

ほっと一息。

 

それでも少しずつ他のメンバーに探りを入れ始めました。
ラ「珍しくサイズ感が似たのがいるわ」

 

ラ「ハァ~ドスコイ! じゃなくてどうぞよろしく~」

 

騒がしい紗英くんとの距離も少しずつ縮めて

 

ついに匂いまでつける自己主張もできるようになりました。

 

ラ「いい女は可愛いだけじゃなくて時には大胆なのよ」

 

イケイケ男子は苦手?

お客様-紗英くん

今週末は初めてのお客様が2人来てくれました。まずは3月生まれの子うさぎ、紗英くん。

 

長いお耳とよく食べるのにスリムなことからまだ大きくなりそうな感じです。

 

初めての場所でも物怖じせず、早く出たくて仕方ない紗英くん。

 

紗「ヘンな窓開けて焦らさないで早く出してよお」

 

紗「ここはお泊りする所みたいね」

 

紗「でもこのケージには誰もいないし」

 

紗「ふふ、あとからここに来るヤツを驚かしてやるか」

 

紗「今のうちにたっぷり匂いつけちゃえ!」(こらこらっ^^;)

 

まだ子うさぎの紗英くんは落ち着きなくよく走ります。

 

紗「オレってば何故か走ると鼻の穴広がっちゃうのよね」

 

たっぷり走ったあとはすっかり眠くなってトーンダウン。

 

すぐに足をピンと伸ばして寝る姿はまだ赤ちゃんみたいに無防備な紗英くんです。

 

シナモンくんとはオス同士なのでちょっとにらみ合い。

お客様-ショコラちゃん

昨日ののブログに登場したショコラちゃん。

 

今月9歳になったおばあちゃんですが見た目は若々しいです。グラマーだし。

 

シ「でもショコラ、歳のせいかすぐ眠くなっちゃうの」

 

シ「まぶたが勝手に閉じていって」

 

シ「身体に力が入らない」

 

シ「脱力して顔もおブスに」

 

シ「いや、ちょっと待って」

 

シ「パッチリ起きてればモデルみたいに可愛いのよ、ほら」

 

シ「ダイエットのおかげで凄い早く走れるし」

 

シ「ちょっと大きすぎるお兄さんには遠くからこんにちは~」

 

シ「ごきげんよう~」

 

シ「さて満足満足、寝るか」

 

9歳だけどピチピチ。

シナモンくんの面会 4

いつもほぼ転がっているだけのシナモンくん。

 

今日はママの面会日でした。今日はリフトアップしてもらっても寝ぼけ顔よ。

 

シ「ママがオレの大好きなパパイヤのオヤツ持ってきてくれたんだ。幸せ~♪」

 

シ「そう簡単にはあげられないって? 全くママったらイジワルぅ」

 

シ「でもこんなに頑張ってるんだから取らせてくれるよね?」

 

シ「ひ、ひょっとひかとれなふぁっら。。」

 

数時間前に来たショコラちゃんが羨ましそうに見ています。

 

シ「ふふ、たまにしかママに会えないんだから優越感に浸っておこうっと」

 

シナモン「匂いだけでも嗅ぐ? ハアハア~」
ショコラ「わあ、いい匂い~!」

 

ショコラ「ハッ、アタシとしたことが。。」

 

シ「その後はいつもの抱っこでママのくすぐり攻撃にあって大笑い」

 

シ「笑いすぎて気を失いかけた頃にはママの帰る時間です」

 

シ「名残惜しいけどまた来てね~」

 

寝てばかりなのに、ちょっと噛んでるのに笑。

女子出演者:マリンちゃん・ミニョンちゃん・りんちゃん・ショコラちゃん

お客様-花菜々ちゃん

そして花菜々ちゃんも来てくれました。

 

以前から心臓の持病がある上に最近はお腹の調子も良くなくて病院通いをしています。
8歳のおばあちゃんなのでご家族も心配そうです。

 

ケージの前に来た新入りさんを早速威嚇するりんちゃん。

 

花「はあ、ドキドキ。。心臓に悪いからヤメて~」

 

花「まったく、歳をとると持病が増えて嫌になっちゃう」

 

花「普段から健康には気を使って2足歩行で歩いたり」

 

花「ランニングで足腰は鍛えてるんだけどな」

 

花「歩いてるようにしか見えないって? 写真を撮ってるヤツがちょっとね」

 

花「シャドーボクシングでうさパンチの訓練もかかさないわ」

 

花「息切れしちゃったから休憩~!」

 

他の子とからむ気分じゃないのね。

お客様-むぎちゃん

こちらは先月も来てくれたむぎちゃん。

 

今回はサークルでのお預かりとなります。

 

む「いろいろ大人の事情があるみたい」

 

む「つきあうアタシも大変なのよ」

 

マリンちゃんの部屋んぽのときは危険なのでケージに入っててもらいます。
マ「ダンプ・マリンが通りま~す」

 

むぎちゃんはケンカしたそうですがマリンちゃんは遊びに夢中です。
む「遠くから睨むことしかできない残念なアタシ。。」

 

む「あちこちにうさぎがいて落ち着かないわね」

 

といいつつ来たときから案外寛いでるメンタルの強いむぎちゃんです。

 

出るか出ないか、飲むか飲まないか。。