カテゴリー別アーカイブ: うさぎ

学園祭に行ってきた

ここのところお客さんが少なく(笑)せっかくなので2件ほど講演会を聴きに行ってきました。
1件目は明治大学の動物愛護サークルtoutouさんが明大祭で主催した講演会とパネルディスカッション。
講演は動物愛護団体Eva代表の杉本彩さん
パネルディスカッションは神野あきらさん(アメリカ動物福祉NPO団体SUNSHINE SMILE代表)、平林雅和さん(オールペットクリニック獣医師/院長)、和﨑聖子さん(特定非営利活動法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)事務局長)&杉本さんというメンバーで行われました。

ちなみに会場になった明治大学和泉校舎は、私が3年前に愛玩動物飼養管理士の試験を受けた時の試験会場だったりします^^


最初にお話をしてくださったのは杉本さん。

学園祭の女王と呼ばれた一時期以来、29年ぶりに学園祭に呼ばれたそうで「ボンテージで歌っていた頃とは全然違うスタイルで久々に戻ってきました。」と笑っていらっしゃいました。

ご自身も3匹の犬と8匹の猫の里親になっている杉本さん、講演では、動物愛護センターで犬の殺処分に立ち会ったときの不安そうな犬たちの様子や、センター長さんの辛そうな様子にショックを受けられたお話にはじまり、

◎年々、犬猫の殺処分数が減少している裏で、最近問題になっている引き取り屋のこと。
 (再び繁殖業者に売られたり、劣悪な飼育環境について)
◎ブリーダーからオークション・バイヤーと流通していく過程で死ぬペットが相当数いること。
 (業者の自己申告なので報告されていないことが多い)
◎多頭飼育崩壊の問題。
 (不幸なペットを減らすために不妊去勢が大事であること)
◎ふれあい動物たちのストレスに対する配慮が足りていないこと。
 (拘束の禁止・飼育スペースの基準値を設ける・温度管理・騒音への配慮・正しい扱い方の指導など)
◎56日(8週齢)まで展示販売の禁止の徹底。
◎動物虐待に対する刑罰が軽すぎること。
◎動物取扱業の飼育施設の大きさや、繁殖回数の制限などの数値基準がないこと。

など、動物福祉の点で問題になっていることをお話されていました。

最近ではテレビ番組で引き取り屋や多頭飼育崩壊などの特集が組まれることもあって、少しずつ動物業界に疎い一般の人達にも問題点が周知されてきている(といいな)のではないでしょうか。

動物福祉の考え方は下記にある「5つの自由」が広く認知されています。
1.飢えおよび渇きからの自由(給餌・給水の確保)
2.肉体的苦痛と不快からの自由(適切な飼育環境の供給)
3.苦痛、損傷、疾病からの自由(予防・診断・治療の適用)
4.正常な行動発現の自由(適切な空間、刺激、仲間の存在)
5.恐怖および抑圧からの自由(適切な取扱い)

そして杉本さんいわく、動物虐待および虐待が疑われるものを発見した時にはとにかくアクションをおこしてほしい、飼い主さんに交渉して改善されなければ警察、愛護センターや地元の保護団体などに相談してほしい、警察はなかなか動かないけど何度も掛け合ってほしいとおっしゃっていました。

そして、来年の平成30年は動物愛護法改正の年なので、是非上記のような問題を改定していきたい、動物愛護法は議員立法なので議員の方達に対する働きかけが大事だと、最後まで熱い想いを語っていらっしゃいました。

何となく杉本さんの話を聞きに来てたのは、既に動物愛護の意識の高い人が多そうな感じでした。
(ただのファンと思われるオッサンもチラホラww)
今後は、あまり動物に興味のない人にも動物福祉が当たり前の意識として広まって、動物の地位が向上していくと嬉しいです。

後半のパネルディスカッションについてはまたそのうちに、、書きたいな。


それにしても虐待の定義は難しいです。テレビで太り過ぎのペットをおもしろく紹介していることがあり、あれも酷いものは虐待という人もいますが、大体の飼い主さんはかなりの愛情を持って世話しているので、虐待とは違うかな。。私としては。

愛情があるけど無知の結果ペットに可哀想な思いをさせてしまう、というのは割とありがちです。もちろん無いのが理想ですが。
私も先代うさは不正咬合にさせてしまったし、現在やっていることもベストじゃないかもしれません。

厄介なのが、最低限のお世話がされているけど愛情が感じられない場合です。(学校の飼育小屋などでも見られるヤツ)
注意することで飼い主のプライドを傷つけてしまい、話がこじれたり、変な人と思われて警戒されてしまうかも。ペットを隠されでもしたら、もうなす術がありません。

せっかく救おうとしたのに更にその子をを不幸にしてしまう可能性も出てくると思うと、なかなか踏み出す勇気が出ません。しかもネグレクトなどの「やっていないこと」は証明が難しい。。

人間の虐待やDVの場合でもうまく解決しないのに、自由もなく言葉も話せない動物では更に厳しそうです。疑わしきはとりあえず一時的に強制保護できるような仕組みになるといいなあ。


ところで、パネルディスカッションでJAVA事務局長の和﨑聖子さんが紹介していましたが、JAVAをはじめとした3団体で来年の法改正に向けて署名を募集しています。
「あまり愛護法には詳しくないし、議員さんに直接意見書なんてハードルが高い、でも動物のために何かしたいな。。」という方(私も)はこちらの署名用紙を利用してみてはいかがでしょうか。

動物愛護法2018年改正へ向けて署名にご協力ください<国会請願署名>

DLして内容を読み、賛同できる方は署名をして郵送するだけです。FAXはダメみたいですよ。
2018年1月15日着まで受け付けているみたいなので是非利用してみて下さい。

お客様-黒太くん

久々に黒太くんが来てくれました。

 

寺っ子豆太くんの後輩です。春に眼振と斜頸を発症しましたが、その後は再発することなく落ち着いているそうで安心しました。

 

もう少し落ち着いたら黒太くんも手術だって。頑張ってね。

 

ご飯も牧草もよく食べますがまだ遊びたい年頃。

 

ケージとサークルでは物足りなさそうです。

 

お行儀よくしてたら出れるかしら。。

 

黒「ね~開けて~」

 

黒「いい子にするから!」

 

黒「お願いしま~す☆テへッ」
愛嬌たっぷりな表情をする黒太くんです。

 

正面顔がおちゃめ^o^

お客様-マリーちゃん

ただ今マリーちゃんがひとりだけでお泊まりに来ています。
うさの木には慣れているので、来るなり牧草をむさぼり中。

 

実は義姉のルフナちゃんは避妊手術を受けているのです。無事成功しますように。。

 

そんな事情は知らないマリーちゃん、いつもは部屋んぽの順番が後なので、今回は待ち時間がなくなってご機嫌です。

 

マ「しかもお姉ちゃんの匂いがしない!」

 

匂いには敏感だもんね。あちこちの匂いをかいで不思議そうにしています。

 

マ「アタシの匂いつけちゃおっと。」

 

マ「んっ変な匂い! 臭くて目が飛び出ちゃう。」

 

夜にはママさんからルフナちゃんの手術が無事に終わったとご報告をいただきました。
お家に帰ったら頑張ったお姉ちゃんに優しくしてあげてね。

 

いつもよりノビノビしているかも?

お客様-きんちゃん

そしてすっかり馴染んでいるきんちゃんも来てくれました。
7ヵ月の女の子だけど来る度にマッチョになっている気が。笑

 

今回は底なしの胃袋?というくらいよく食べてウンチも立派!今後も成長が楽しみです。

 

それでも先日は夜にプチうっ滞になってしまったそうです。急いで救急病院に駆け込んだのですぐに回復しましたが、それからはペレットを減らしているそうです。
ペレットが多いとお腹が張りますから。。体調が良さそうなのはそのお陰かもしれませんね。

 

暴れん坊きんちゃんはトンネルにくぐったり乗ったりとダイナミック。

 

トンネルが小さく見えます。

 

身体は大きくても好奇心旺盛な顔は赤ちゃんみたい。

 

きんちゃんが遊んでいる時はとても騒がしいのだ。

 

部屋んぽスペースでは物足りずフローリングに進出。「お外にも出たいな~」

 

キラキラした目でケージの上を狙っています。コラコラ。

 

65cmのケージにも軽々。のりちゃんを思い出すなあ。

お客様-タロウくん

今週末は約半年ぶりにタロウくんが来てくれました。

 

もうすぐ7歳。少しスリムになったけど元気なおじいちゃんです。

 

斜頸の発作はその後ありませんが、今年は夏から鼻づまりが続いているのでアレルギーのお薬を飲んでいるそうです。お薬サンドのニンジンをお利口さんに食べてます。
シニアだから細かい不調はあるよね。

 

とにかくよく食べるタロウくん。元気の秘訣は胃腸の丈夫さにあるのでしょう。

 

斜頸だからだんだん傾いちゃうけど気にしない。

 

牧草は3番狩りが大好き。一日100gは食べちゃいます。

 

牧草100gって相当な量よ。

 

お腹がいっぱいになったらお気に入りのスノコの下でウトウト。
相変わらず目やにも多いけど、ママさんがちゃんと病院に連れて行ってケアしてくれるのでタロウくんは安心なのです、

 

3番牧草でもたくさん食べてるのでOK。

お客様-らんまるくん

女の子2人と入れ替わりで来てくれたのは、こちらも常連のらんまるくん。

 

私が近くでガタガタとケージを片付けてても全然怖がらないらんまるくん、一緒に掃除を手伝ってくれました。

 

若い女の子達のいい匂いが残っているせいか、むしろルンルンです。

 

残念ながらいい匂いの主たちは帰ってしまったのでやや匂いの薄れてきたブン所長と遊んでね。

 

でもオバちゃん所長はらんまるくんの好き好きアピールに押され気味。

 

ら「何で行っちゃうの? オレは仲良くしたいのに~」と腑に落ちない顔。

 

女の子の扱いには並外れたセンスを感じますが、こちらも近々手術を考えられているそうです。

 

ら「な、何だって!?」

 

普段のらんまるくんの様子>>>すずらんDAYS


ここ数年でうさぎさんの避妊・去勢手術もずいぶん浸透して、する方が多くなってきました。うさぎの手術ができる獣医さんも増えていますし、SNSなどで手術の必要性を啓発して下さる方達の努力も実っているのだと思います。
オスはそれほど大変な手術ではありません。メスは開腹手術なので大変ですが避妊しないとまず長生きができません。
していない方は若くて体力のあるうちに是非ご検討下さい^^


置いて行かれた時のキョトンとした顔が可愛い。

お客様-マリーちゃん

そして妹分のマリーちゃん。お待ちかねの部屋んぽは、匂いつけから始めるのがお約束。

 

ルフナちゃんはフローリングが苦手ですがマリーちゃんは平気でスタスタ。
うさぎさんによって何故か歩ける子と歩けない子が分かれます。
マ「お姉ちゃんたらね~ププ。」

 

マリーちゃんは足腰が丈夫なのかアクロバティックな遊びが得意です。
トンネルに登ってバランスをとったり。

 

おっと失敗^o^

 

ドリフト走法もとても上手。

 

ハイジャンプに

 

超ハイジャンプ。

 

マ「ねえ、今の見た?」
目つきのせいか、ちょいちょいドヤ顔に見えるマリーちゃんです。

 

乗りたいのになぜか中に入ってしまう^^

お客様-ルフナちゃん

またまたルフナちゃんとマリーちゃんが来てくれました。通ってくれてますね。

 

いつもスリムでスタイル抜群なルフナちゃん、お胸のマフだけがずいぶん立派で目立ちます。

 

しかも脱毛してボコボコ。
自分で抜いてるのかな??1歳過ぎてお年頃になったきたんですかね。

 

初めて会った2ヵ月前よりずいぶん身体も大きくなった気がします。
ママさんもそろそろルフナちゃんの避妊手術を考えていらっしゃるそうです。頑張ってね。

 

そんなことは知らず、本兎はいつも通りに来て早々楽しく遠慮なく弾けております。

 

ズンズ~ン♪♪

 

はわわ~。

 

仲は悪いんだろうけどよく遊ぶ2人。

うさぎの被毛遺伝子

先週泊まりに来てくれたピップくん。この写真は8月に来てくれた時一緒になったハッピーちゃんとのツーショットです。ハッピーちゃんのほうが2歳年上ですが2人は同じペットショップチェーンの出身。

私が勝手に「2人は姉弟!」と言っているだけなのですけどとてもよく似ています。

地方のブリーダーの元で違う年に生まれて、それぞれ面識のない飼い主さん達の家の子になった姉弟が、もしここでたまたま偶然出会えたのかもしれないと思うと興奮してしまうのです。

「姉弟」と仮定して。。ですが、ご両親はどんなうさぎさんたちなのかな?

うさぎの被毛の遺伝子の種類は10種類以上あり「c」アルビノ(白色・赤目)や「l」アンゴラ(長毛)、「d」ディルーション(毛色を薄くする)などが複雑に組み合わさって色を決めています。その中でパターン(模様)遺伝子(Aシリーズ)の表れやすさは アグーチ(A)> タン(at) > 単黒色(a)となっています。
「アグーチ」とは一本の毛が3色以上に色分けされている毛色(チェスナットやチンチラなど)、「タン」は背中側は濃い色で、目の周り・顎の下・腹が白くなっている毛色(マーチンやオター)を表しています。

記号 遺伝子名/遺伝子効果
A light belied agouti/灰色、腹側は白(アグーチ)
at black and tan/背は黒、腹は白(タン)
a non-agouti/単黒色
・・・以下略
町田修「新うさぎの品種大図鑑」より一部抜粋
 

私は遺伝子についての知識はないのですが、「a」は「潜性遺伝子」なので持っていても表れにくい遺伝子ってことですね。両親からそれぞれ「a」遺伝子をもらって「a-a」の組み合わせにならないと子供は黒単色になりません。
(最近、日本遺伝学会が遺伝子の表れやすさを「優性」→「顕性」、「劣性」→「潜性」と変えたようなので早速使ってみます^^)

もちろん両親ともに「a-a」遺伝子を持つ黒単色なら子供は全員黒単色なのでわかりやすいですが、ハッピーちゃん&ピップくんの場合、片親もしくは両親ともに「a」を持った違うカラーの子だった可能性もあります。この2匹からは両親の毛色の推測は難しい、というか無理ですね。
ピップくんはややシェイデッド(鼻・耳・手足・尻尾の色が濃いグラデーション)っぽいですがこれはまた別の遺伝子、恐らくE(Extention)シリーズの作用かな?と思います。


里親募集でお世話になっているイブさんの飼っている元保護うさぎクロちゃんは「ブラックシルバーマーチン」というタン系(at)のカラーなのですが、保護された後で産んだ6うさちゃんの内訳がチンチラ3匹・単黒色3匹と、全員が母親のクロちゃんとは違うカラーになっています。
単黒色を産んだのですからクロちゃんは「at-a」の組み合わせの遺伝子を持っているということになります。

ちなみにそのうちの1匹がうさの木に時々来てくれるリリーちゃん。
チンチラの被毛のアグーチ(A)はお父さん側から受け継いだのでしょうか。

リリーちゃんはお母さんのクロちゃんより体も大きいし、お父さんは体の大きいチンチラだったのかもしれません。

 

所長もアグーチのチンチラですし、野うさぎの毛色のチェスナットもアグーチ、大久野島のうさぎさんたちもアグーチが多いです。

どんな毛色で生まれるかは野生のうさぎにしてみれば命にかかわる重要なことですもんね。
こうした保護色っぽい茶系やグレー系のアグーチが顕性で現れるのは当然かもしれないです。

 

(色々書いてますが、私の調べた範囲の予想なので間違ってたらお教えくださいm(_ _)m)


それにしても被毛の遺伝だけでも複雑なのに、耳が垂れてるとかお尻が丸いとか温厚で懐っこいとか。。体格や性格や体質の遺伝子まで考慮して交配させているのだから、ブリーダーさんはきっと相当勉強していらっしゃるんでしょう。

最近では帝王切開でしか出産できないブルドッグや、骨軟骨形成不全症のスコティッシュフォールドなど、「人間から見て望ましい」身体的な特徴を重んじた交配の結果、遺伝子疾患に苦しむペットが増えていることが問題になっています。要は奇形なのだから心配するところであって、可愛がって増やしちゃマズいのですね。

今回、うさぎの遺伝子について調べている中でも、純血のネザーランドドワーフ同士をかけ合わせると1/4の確率で「ピーナッツ」と呼ばれるたいへん小さな子が生まれて、数日で亡くなってしまうのだと知り、悲しくなりました。

人間でも昔はハプスブルグ家のように近親結婚を繰り返し、不正咬合や虚弱体質、知的障害を持った子供が続出した歴史があるようです。
今では人間の近親者同士の結婚は当然のように避けるのに、これが動物になると急に「血統の保持」とやらで近親交配が素晴らしいことのように扱われるのは謎です。

遺伝的な特徴を増幅させればプラス面もマイナス面も顕著になり、いつかその生物の「自然な状態」から離れて元に戻せなくなってしまうのでしょう。
みてくれ重視で作為的に産まれる不幸な動物達が今後増えませんように。

参考資料(HP)
町田修「新うさぎの品種大図鑑」
Nature Trail/Rabbit Genetics
ブルドッグwiki
スコティッシュフォールドwiki

お客様-ピップくん

今週末はこちらも常連さんのピップくんが来てくれました。

 

急に寒くなりましたが若者は元気そうです。肩から背中にかけてはしっかり換毛してます。

 

大好きな窓際から外を眺めます「今日も雨か~」

 

今回は他にお客さんがいないので、一人遊びは得意じゃないピップくんは

 

写真を撮っているとやたらと邪魔してきます。

 

ピ「どうせ最近ヒマなんだろう?」ツンツン。

 

足の間に入ってきたり。

 

ピ「一緒に遊んでほしいな~!」

 

ピ「お願いしま~す。」

 

こんな顔で見つめられると立ち去りづらいですね。狙ってるな?笑

 

ピップくんは甘えん坊なのだ。