月別アーカイブ: 2019年6月

お客様-れんくん

続いて4月にも来てくれたれんくんが来ています。

 

不正咬合で強制給餌と投薬が必要ですがその他は元気な7歳のおじいちゃん。

 

れ「サークルから出たくてしょうがないの」

 

れ「ねえ出してっ。 キラッキラッ」
おめめパッチリ、おねだり上手なんですね。

 

れ「何かすっごい強そうなヤツがいるんですけど」

 

れ「はじめまして、ぽぽくんよろしくね。 キラッキラッ」

 

ぽ「ギラギラならオレも負けないぜ! ヨロシクな」

 

れ「ちょっと違う気がするけどまあいいよ」

 

れ「小菊ちゃんとも絡みたいけどなかなかガードが固い女の子なのだ」

 

小菊ちゃんに見つからないようにケージの周りを探検するのが楽しそう。

 

歯が悪いせいかいつも涙目なれんくん。

 

れ「ちゃんと自分でふきふきできるんだ」

 

れ「でもまた来週病院に行かなきゃなの、憂鬱だな。。」
高齢になってくるとうさぎさんも大変よね。頑張ってね。

 

お騒がせなれんくん。

お客様-ぽぽくん

久しぶりに元大阪の保護っ子だったぽぽくんが来てくれました。

 

部屋に出るなり神妙な顔でトイレを済ますぽぽくん。マナー男子ですね。

 

相変わらず食いしん坊&暴れん坊のぽぽくんですが、今回は女子しか居ないせいか少し穏やか。

 

むしろ勢いのある若い小菊ちゃんにおじさんはビビり気味かも。

 

ぽ「オレは牧草食べに来ただけよ。。」
かたや戦闘態勢の小菊ちゃん、

 

隙間からぽぽくんのお尻の毛を引っぱります。

 

ぽ「イテテッ。何すんの、このゴリラ女」

 

慣れてきて徐々に暴れ始めるぽぽくん。6歳とは思えない機敏な動きを見せてくれます。

 

こうして日々インナーマッスルを鍛えているお陰でしょうか。

 

何だかとっても楽しそう。

 

顔からは今いち伝わらないけど。。ルンルンしてるのよね?

 

ぽぽくんも満足すると自らケージにイン。みんな順番が守れるおりこうさんです。

 

無邪気なおじさん。

お客様-小菊ちゃん

日曜日から修禅寺保護うさぎさん、小菊ちゃん(仮名)が来ています。

 

小菊ちゃんは大阪の預かり様宅にいましたが、はるばる秋田の里親様のところにトライアルに行くことが決まり、今回は中継地点としてうさの木で一時ステイすることになりました。

 

小「つまりアタシはもう幸せが確定しているってことよ」

 

ぷっくりした鼻先が可愛らしい小菊ちゃん。

 

10ヵ月くらいだそうですがまだ幼なさが残っています。
他のうさぎさんを興味津々で眺めたり、

 

かまって欲しそうにかじり木をガリガリ。

 

長旅の疲れも見せず、来た日から元気にはしゃいでくれてホッとしました。

 

里親様と会えるのが待ちきれないのかな。

 

ナイスプリケツ。サービス精神旺盛ですね。

 

ひと暴れしたらシートをかき分けて堂々と鎮座。里親様のお家でもすぐに本領発揮しそうで頼もしいです。

 

4月に短期預かりしていたくるみちゃんはまだ里親様募集しています!
おしゃべり上手なひょうきんで可愛らしい女の子です。
預かり宅のくーおんさんのインスタでも日々のくるみちゃんが見れますので是非気になる方はご応募下さい。

 

お客様-暖くん

りんちゃんの次はもちろん暖(だん)くん。

 

好奇心旺盛な暖くん、頑張ってプッチくんと睨み合っています。

 

どうやら暖くんが押し負けている様子。
暖「付いてこないでよお」

 

こっそりとプッチくんの視界からフェードアウトしています。
暖「そろ~り、そろ~り」

 

隣は昼寝で地蔵状態のココちゃん。

 

ロン毛を珍しそうにスンスンする暖くん。
暖「いいな、オレなんか一生短髪よ?」

 

穏やかなココちゃんの側で暖くんもリラックスしているようです。
暖「うちのりんちゃんも少しは。。ゴニョゴニョ」

 

暖「調子に乗って牧草盗み食いしても怒られないの」

 

見つめ合う暖くんとらんまるくん、穏やか男子2人です。

 

チュ。

 

暖「そ、そんなまだ早いわよっ」

 

暖「なんてね。オレは仲が良ければオッケーだよっ」

 

足早に通りすぎる暖くん。

お客様-りんちゃん

そして先月も来てくれたりんちゃん。

 

りんちゃんは自分のペースで部屋んぽするのが好きで気が向くと出てきます。
今回は少しソアホック気味とのことでわらマットを持参しています。

 

り「背後にめちゃくちゃ強いヤツがいる予感」

 

り「こういうときは逃げるに限る」

 

り「はあ、ドキドキ。アタシは勝てる相手としか目を合わさないタイプさ」

 

り「大して強そうじゃないらんまるくん、遊びましょ」

 

ケージにいるときは塩キャラなりんちゃんは何故か自分が部屋んぽのときは他の子に優しいのです。気持ちに余裕があるんでしょうね。

 

り「アタシが挨拶に来てるのに昼寝してるとは何ごと」
ら「ハイハイ」

 

り「自分だけ広いところで自由にしてるのは気分がいいのよ」

 

り「でもいつも気づいたらここにいるの、うさぎの性かしらね」

 

り「ではそろそろ。。」

 

り「ごきげんよう」

 

もうちょっとママのソアホック対策に協力してあげようか。

 

マイペースりんちゃん。

お客様-らんまるくん

そして常連のらんまるくんも来ています。

 

怪しいステップを踏んでもったいつけるらんまるくん。早く出なさい。

 

ら「仕方ない、出るか」

 

出た途端、背後から熱い視線を感じます。

 

こちらはファイティングポーズのプッチくん。柵が二重なので安全ですよ。

 

ら「今回はお客さんが多いな」
暖「どこ見てんのさ」

 

保護うさぎの暖くんとは平和にご挨拶。
2人ともうさぎ同士のコミュニケーションに慣れているからかな。

 

らんまるくんよりフッサフサなココちゃんは部屋んぽが終わったら昼寝に徹するタイプ。

 

ら「ここはどなたかいらしゃいますか~」

 

ら「何だ、りんちゃんか」
仲良かったり、たまにケンカしたり、顔なじみの2人です。

 

普段からうさ友達が多いらんまるくんは集団生活でもマイペースに過ごすのが上手です。

 

ケージに戻ってホッと一息、得意のスフィンクスのモノマネで締めてくれました。

 

挑発に動じない大人ならんまるくん。

お客様-プッチくん

そして常連のプッチくんも来てくれました。

 

今回は久々に女子に囲まれて嬉しそう。

 

プ「どうも男の子にはピリピリしちゃうんだ」

 

プ「やっぱり女の子はいい匂い」

 

プ「ココ姉さん遊びましょ」

 

プ「全然相手にしてくれないな」

 

プ「ふうちゃんも反応が鈍いよお」

 

すっかり拍子抜けしてしまったプッチくんです。
プ「どっちもだいぶお姉さんだし。。」

 

でも心穏やかなプッチくん、大好きなトンネル遊びでも表情に余裕があるような。

 

珍しく中でごろんちょ。

 

癒し空間を満喫しています。

 

プ「今度から男の子はオレだけにしてよ」
それは難しいのだ。

 

ココちゃんが起きて構ってくれたよ。

お客様-ココちゃん

そしてもう一人の女の子のお客様は昨年来てくれた6歳のココちゃん。

 

ケージを開けても、もっさりと佇むモップちゃん。
相変わらず表情の読めないミステリアスガールです。

 

でも前回はケージから出るまでずいぶん時間がかかったけど今回は割とすんなり。

 

ふさふさの下には可愛いおめめがチラ見えしているのです。

 

立ち上がるとまるで犬のぬいぐるみ。

 

コ「こっちの方がうさぎっぽいかしら」
どうやってもうさぎっぽくはないけど、とりあえず可愛い生き物です。

 

走るとようやくつぶらな目が現れます。今回は初日からよく走ってくれて嬉しい。

 

ふうちゃんにゆるく絡むココちゃんと部屋んぽが終わって休憩中のふうちゃん。
シニア女子同士の交流は穏やかです。

 

ふうちゃんの牧草を失敬してポリポリ。

 

ココちゃんは運動するよりナデナデが大好きな甘えん坊。
手をかざすとすぐに目をつぶってぺったんこの撫でられ上手の体勢です。

 

目やにがちょっと目立ってきたけどココちゃんも元気なシニアライフを過ごしてね。

 

ふうちゃんがどうも気になる。

お客様-ふうちゃん

今週末は新しいお客様が来てくれました。ふうちゃん、7歳の女の子です。

 

ふうちゃんは昨年から胸腺腫や心肥大を発症し、その影響で高血圧もあり投薬中です。
お家でも最近は安静にしているそうでなかなかケージから出てきません。

 

高血圧のせいか下を向いたりすると眼球がかなり飛び出してしまうようです。
見た目はひょうきんで可愛いですが本人は苦しいのでしょう。

 

ふ「誰がムツゴロウっぽいって? 失礼ね」

 

部屋んぽする気がなさそうなので、大好きな干しニンジンで誘い出してみました。

 

ふ「他のうさぎの気配もちょっと気になるわ」
おばあちゃん、へっぴり腰で頑張っています。

 

思い切って隣のココちゃんにも近づいてご挨拶。

 

ふ「何だか緊張でドキドキしてきちゃった。。」

 

ふ「そんなときはお部屋に帰って」

 

ふ「しばらく心を落ち着かせたら、眼球も元通り」

 

慣れてくるとスムーズに出て来られるようになってきました。

 

ふ「ぎこちないけどちょっと小走りもしちゃうよ」

 

持病が多くて大変だけど無理しないように穏やかに過ごしてね。

 

オヤツで誘ってもなかなか出てくれない。