ダルくん、眼振が始まる


寝たきりのダルくん、あと数日でママさんがお迎えに来るので頑張って待ってます。
何とか現状維持して。。と言いたいところですが実際は緩やかにいろんな症状が進行しています。
先週の金曜日からは、眼振と頭振りの症状が始まりました。

以前から無意識に左に傾いていく頭を自分で右に戻す、という動作をしていたので「少し斜頸なのだな」と思っていましたが、ここにきてその動作が早くなった感じです。
その頃から少しずつ眼振は悪化していたのだろうし、立てなくなったのも平衡感覚が保てなくなったせいかもしれません。

眼振の症状は一般的に興奮したりストレスがかかると酷くなり、撫でて落ち着かせたり、寝ている時などは治まります。
ダルくんの場合お腹が空いてソワソワしているご飯前が一番ひどく、食べているうちに治まってきます。さすがは食いしん坊。
そして食欲は相変わらずなので、おそらくめまいや気持ち悪さはないのでは。

進行の遅さから炎症や感染症ではなさそうな感じですが、急に発作やローリングが起こらないとも限らないのでハラハラ、それに何かしらの対策はしてあげたいです。
ダルくんママさんも私も通院は最低限にしたいと思っているので、症状が出ている時に動画を撮って私だけ病院に行き、先生にそれを観て頂きご相談する、という形をとりました。
病院の方にも電話してOKをもらいました。

動画をご覧になった先生は「今のダルくんの状態を考えると、これが神経症状なのか特定できない。耳根膿瘍が原因かもしれないし高齢者特有の眼振やめまいの症状なのかも。」と、一応症状がひどいときだけ服用させるようにとステロイドの薬を出して頂きました。
今のところまだ穏やかに進行中、といった状態なので1包しか飲ませてません。

この歳で知らない家に来て知らない人に世話されるのだから相当ストレスだよね。
慣れない通院もして食事も変えて投薬して。。その辺も原因なのではと思うと小さい身体に負担かけて申し訳ない気持ちです。
うちに来て良くなったことと言えば、古傷のソアホックとタマタマのかさぶたが取れたことくらいだよ。。
足マッサージするから許して。

 

ついでに先生に食事中の動画をみせたところ「床に置いてあるものを食べるためにいちいちかがむのは大変。皿の位置を高くした方が楽に食べられる。」と指摘されました。

確かに食べる動作が腕立て伏せ状態になってて前足もしんどいかもしれません。気が利かなくてゴメンよ。という訳で食事用のテーブルを作ってみました。

 

テーブルと言ってもダンボールを重ねてガムテープで貼っただけの台です。
またホームレス仕様だって? まあね。
でもダンボールなら身体の大きさに合わせて高さが調節しやすいし、周りにビニールの包装紙などを張れば拭くだけできれいになるのでいいんじゃないでしょうか。
試してみると丁度目の前にご飯が来て、顔を動かすだけで食べられていい感じです。
ペレット皿も低いものに変えました。野菜皿も低いのにしたいけど、ダルくんは1日4回、これに山盛り食べるのよね。
野菜は途中でダルくんの方に寄せながらあげないと届きません。

 

最近のダルくんの左アングルは小栗旬に似ている。。異論は認める。

 

「まーきのっ!」

 

眼振に合わせて首が振れます。
※ちょっと痛々しいので苦手な方はパスで。楽しい動画ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です