お客様-レンくん

そしてりんちゃんとコンビのレンくん。

 

レンくんも他の子達の気配を感じて少し不安そう。

 

レ「何だか周りからの熱い視線が落ち着かないぜ」

 

レ「今回は可愛い女の子が居なくて萎え~」

 

レ「りんちゃんだけがオレの癒やしだけど」

 

レ「オレが部屋んぽしているときは大体疲れて眠そうなのだ」

 

むさ苦しい男ばっかりで残念そうなレンくん。

 

レ「オレはいつも通りトンネルで楽しく遊ぶから大丈夫!」

 

レ「お邪魔しま~す」

 

レ「行ってきま~す」
レンくんは本当にトンネルの使いこなし方が上手です。

 

レ「身軽なオレは走り高跳びの特訓中」

 

レ「何といってもベリーロールが大得意なのよ」

 

レ「他の飛び方できないだろうって? それかなり失礼よ、見てらっしゃい」

 

レ「次回をお楽しみに。。」

 

周囲に睨みを効かせながらの部屋んぽ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です