お客様-ピップくん

次はおなじみのピップくん。

 

もう慣れっこのうさの木、来るなり全開で遊び始めます。

 

弾けすぎてイケメンが崩れていますよ。

 

ピ「左のお兄さんも」

 

ピ「右のお姉さんもよろしくね」調子のいい男です。

 

ピ「今回はメンバーの割に女の子が少ないな」ピップくんも残念そう。

 

ピ「紅一点のりんちゃん、久しぶり」

 

ピ「でも今回のりんちゃんは不機嫌そうだな」

 

前は仲良くしていたピップくんにパンチを繰り出すりんちゃん。
ピップくんは目が死んじゃってます。

 

ピ「レンくんのほうがまだ温和だわ」
レ「女の子って面倒くさいよね。。ヒソヒソ」

 

り「アタシの話かしら?」
ピ「ヤバイ、バレた」

 

ピ「すいませんでした~」
り「こら、待ちなさい」

 

ピ「ここまで逃げれば安心だ」
り「ム~無念!」

 

ピップくんはごきげん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です