レフトくん通院中3


その後のレフトくんの歯根膿瘍ですが水曜日から急に大きく膨らんできてしまい、パンパンのミミズ腫れのようになってしまいました。
柔らかくなってはいるので顎から垂れ下がってしまい、こぶとりじいさんのよう。。

金曜日に最後の注射に行ったので主治医の先生と院長先生と相談した結果、急に膨らんできたのと大分液化しているのでその場で穿刺して膿をとることにしました。
150822_6

 

局所麻酔→穿刺→洗浄で30分くらいで終わり、クリーム色の白濁した水っぽい膿が10mlほど取れました。写真は帰った直後のもので写真中央あたりが穿刺の跡です。次の日にはもう目立たなくなりました。
レフトくんは帰ってすぐ朝ご飯の残りを食べていたのでそれほど痛くはなかったようです。
150822_5

 

切開の方が膿は取れるのでしょうが、レフトくんの負担を考えると穿刺という形で治療して頂いてよかったと思っています。その後もご飯も良く食べ、普通に過ごしています。
穿刺の後、抗生剤の注射も打って頂き、とりあえず今回の集中治療は一段落です。後は自宅で内服を続けながらしばらく様子を見ることにしました。
150822_4

 

最近ではこんなリラックスした姿を見せてくれるレフトくんです。(コロンした後です。瞬間は撮れず残念。。)

カチカチではありませんがまだ膿瘍自体はありますし、液化は順調ですがあまり吸収はされていないみたいなので今後も穿刺の必要があると思います。
また日を置いて定期的な通院は続けて行きます。
目が離せないレフトくん、小さな体で一生懸命膿瘍と闘っています。レフトくんをサポートしながら一緒に過ごして下さる方がもしいらっしゃいましたら是非ご連絡ください。

里親様募集中ですので気になる方は「ペットのおうち(募集番号:78959)」までお問い合わせください。
過去情報はうっとこのこ様のブログでもご覧になれます。
面会をご希望の方はうさの木に問い合わせまたはメールお願いします。


穿刺した日の夕食。ペレットも牧草もレフトくんにしては軽快に食べています。
もう少し吸収してくれるといいんだけどなあ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です