お客様-ヒナちゃん

8月最初のお客様は常連のヒナちゃん。

 

ヒナちゃんは引きこもりなのか面倒くさがりなのか、あまり部屋んぽに出てきません。

 

ヒ「アタシは牧草があればここで充分なのでお構いなく」

 

そんなヒナちゃんをケージからおびき出す方法があるのです。

 

ヒ「何かしら。。体が勝手に引き寄せられる。。」

 

ヒ「クンクン、これは3番刈りチモシー!」

 

柔らかい3番刈りはヒナちゃんの大好物なのです。
以前はちょも太くんやシャイニーちゃんのケージからつまみ食いしていたけどみんな帰っちゃったもんね。

 

仁王立ちのヒナちゃん、チビなのに謎の貫禄があります。

 

ヒ「しまった、いつの間にか出てしまった。アタシったら食欲に勝てないんだから」

 

ヒ「でも美味しすぎて止まらないっ」

 

あっという間に平らげたヒナちゃん、まだ物足りなさそうです。

 

ヒ「まだあるんじゃない? 出したらどうなの~」

 

でもこれじゃ部屋んぽを楽しんでる感じじゃないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です