お客様-みみのこんくん

次は初めてのお客様、4歳のみみのこんくん。時々個性的な名前きますね。

 

みみくんはお家では大きいケージ(サークル?)で過ごしているので普段は部屋んぽはしないのだとか。そこそこの広さのサークルで放し飼いにするもいいですよね。

 

改めての部屋んぽとなると緊張して最初の一歩が踏み出せずにいます。

 

やっと出れたけどへっぴり腰。

 

いろんなお友達の匂いがして気になるね。

 

ミ「全然へっちゃらだよぉ」強がりタイプかな。

 

ミ「でも何をすればいいのやら。。他のみんなはこんな感じでホリホリ破いてたな」
それはお手本にしなくていいヤツです。

 

そうそう、その調子で走り回ってね。サークルとは違う楽しさがあるんじゃない。

 

み「やあ、オレにそっくりな女の子がいるぞ」
ミニョンちゃんも興味津々、お互い鏡を見ている気分かな。

 

み「このちっちゃい子もうっすらオレに似ているね」
茶色ネザー系が揃っているのです。

 

キ「ちっちゃいったって同い年なんだからっ」
み「おっと、失礼。渋い大人でしたよね」

 

み「わお、ビッグで無口なお兄さん。耳も垂れてるのね」

 

み「違うタイプの子とも上手にお友達になれるかなあ」
今は温厚な男子が多いからたくさん交流して輪を広げていってね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。