うさぎの食事のこと-野菜

先月から作りたかった野菜の成分表を作ってみました。
「うちの子は牧草大好き、水もたくさん飲んで健康です!」という方はわざわざ野菜をあげなくてもいいと思います^^
でも大半の方は補助食として、あるいは牧草の副食として野菜をあげているのではないでしょうか。
食事内容は年齢と共に変わるのが自然だと思いますし、それぞれの体質や体調、好みもバラバラなので正解はありません。
今は良いとされる飼育法も日々新しい情報が出て変わってくるのでしょうが、何か一つでも「ふ~ん」と思って頂けると幸いです。

水を一切飲まなかったウチの先代うさは春先だけ味わえる生グリンピースが大好きでした。
豆類はカロリーが高くて全然お勧めしませんけどね^^;変な食生活だったなぁ。。。

成分表だけ作るつもりで調べているうちに書きたいことが増えてきてしまったのですがとても全部は書ききれませんのでさらっと。
一番下に出典がありますので詳しく知りたい方はとても為になりますのでご覧下さい。

◎不溶性食物繊維と食物繊維総量
成分表の数値の参考にさせて頂いた「日本食品標準成分表」では、食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に分けて記載されています。偉そうに難しいこと書いていますが私も理解しているのかアヤシイ。。

水溶性食物繊維 水溶性ペクチン(野菜・果物等)、グルコマンナン(こんにゃく)、アルギン酸・フコイダン(昆布・ワカメ等)、カラーギナン(紅藻類)、など
不溶性食物繊維 不溶性ペクチン(野菜・果物等)、セルロース・ヘミセルロース(豆類・穀類・植物性食品全般)、リグニン(豆類・ココア等)、キチン(エビ・カニ等の殻、キノコ類)、など

「水溶性食物繊維」は水に溶けやすく水分を含むとゲル状になるのが特徴。腸の内容物を円滑に動かしてくれる作用があります。
「不溶性食物繊維」は水に溶けにくく水分を含むと膨張し便のかさを増やします。人間の場合、摂りすぎは禁物ですが草食動物にとっては腸の微生物を増やしたり動きをを活性化させてくれる貴重な栄養源です。
「食物繊維総量」は上記の2つを足したものになります。

牧草やペレットの袋に書いてある「粗繊維」は、ほぼセルロース(+リグニンの一部)を指しています。
「不溶性食物繊維」は「中性デタージェント繊維(NDF)」と言われる物に近いかもしれません。
先日ご紹介した「Chinchilla Vie」様の牧草のページにも食物繊維の解りやすい図と説明が載っています。

◎シュウ酸とカルシウム
食物から摂取したシュウ酸が消化管を通り、小腸でカルシウムと結合してシュウ酸カルシウムとなった場合は便として排泄され問題ないのですが、それぞれが腸から体内に吸収されて腎臓に送られてからシュウ酸カルシウムになった場合は結石の原因になってしまいます。

うさぎのカルシウム尿中排泄率は他の多くの哺乳類では2%以下であるのに対し45%~60%といわれており、体内にカルシウムを蓄えておくことができません。
時々白い濁った尿が出てぎょっとした方もいるのではないでしょうか。摂ったカルシウムが体に吸収されにくく、尿にたくさん排出されてしまう動物なのです。
yasai04

以前はカルシウムの過剰摂取が結石の原因になると考えられていて、長い間うさぎにはカルシウムを制限した食事が推奨されてきましたが、最近はむしろカルシウム不足による弊害を問題視する研究結果もあるようです。
基本的な骨代謝もあり、歯が一生伸び続けるうえに蓄えることができない体質なのだからある程度は摂取させないと健康を損なう、というわけです。

カルシウムよりも注意したいのはシュウ酸で、シュウ酸の摂取を避けることで結石の発生を予防すれば日常的に摂取するカルシウムについてはそこまで神経質に制限する必要はないというのが最近の専門家の意見のようです。

ただ体内に蓄えられなかったカルシウムなどのミネラルが腎臓などで停滞するとよくありません。
そのためには水分を充分に摂ってどんどんオシッコして。。なのですが、そんな話をうさぎにしても頑張って水は飲んではくれません。飲水量を人間が調節するのはとても難しいです。

うさぎは全般に飲水量が少めな気がします。
「うさぎは水飲まないんでしょう?」なんていう人がいまだにいます(私の叔父)。
昨年から預かりをしていた「だるまうさぎレスキュー」の3匹はたまたまかもしれませんが結構よく水を飲むタイプだったので遺伝的な体質が関係しているのかな?

水をあまり飲まないうさぎは野菜を多くしたり、給水ボトルをやめて皿であげるとよく飲んでくれるかもしれません。ただ野菜を食べ過ぎるとお腹が緩くなる子も多いので理屈通りにはいかないですが^^;
「野菜もあまり好きじゃない」といううさぎは普段の牧草に食べやすい(柔らかい・嗜好性の高い)牧草を混ぜるとたくさん食べるようになって水を飲む量も増えたりします。

野菜を増やす場合は牧草はそのままで、ペレットを減らすようにして下さい。
低カルシウムのペレットでも0.5%~と、そこそこカルシウムは入ってます。例えば2kgのうさぎに規定量(80g)をあげるとカルシウムを400mg以上摂取することになり、葉野菜の中でもややカルシウム多めな小松菜1袋(約250g)を食べるのと同じくらい、少なめなサラダ菜だと7袋(約700g)とかなりの量になります。

ペレットを減らして、その分いろんな野菜を選んであげればカルシウム量も栄養バランスもその子に合ったものに調節できます。
野菜の90%前後は水分なので、水分10%程度のペレットより水分がかんたんにたくさん摂れて腎臓にも優しいですよ。
牧草や野菜を食べてくれるならペレットは1日1回のオヤツかサプリ程度の量まで減らしてしまってもいいと思います。健康な大人は袋に書いてある量の半分以下で充分。

ペレットは日常の補助食品としては優れていますし体調の悪い時には体に負担をかけずに必要な栄養素が摂れるところは便利だと思います。
そのうち各社ペレットの比較もしてみたいと思います。

長くなってしまいましたが結石予防には
・シュウ酸の摂取量に気をつける
・水分を多く摂る
・適度な運動
人間と同じですね。

それにしてもパセリってカルシウムもシュウ酸も何でこんなに多いんでしょうか?ビタミンが豊富で好きな子も多いのに。パセリはかさばっているので見た目ほど量はないですが気をつけよう。。

◎リン
リンも体内でカルシウムと結合してリン酸カルシウムとなり結石の原因になるようですがうさぎの結石の原因はほとんどがシュウ酸カルシウムによるものです。リンは植物の構成要素なのでうさぎ的には避けることが難しく、また生きていく上で必要な栄養素でもあり不足すると成長不良や骨形成不全をおこしますのであまり神経質にならない方がいいでしょう。

シュウ酸値に関してはあちこちから拾い集めた数値のため、数値に幅があるものに関しては信用性がない上にソートもできなくなってしまいました。
見づらいので申し訳ないですが(ほんの)少しの参考になればと思い載せています。
USDAと松山東雲短期大学の宮田富弘氏のデータはあちこちで引用されておりまとまったシュウ酸値のサンプルは少ないようです。どなたかいい資料があったら教えて下さい(´-ω-`)

野菜
(100g中)
エネル
ギー
(kcal)


(g)


(g)
不溶性食物
繊維
(g)
食物繊維
総量
(g)


(mg)
カルシウム
(mg)
シュウ酸
(mg)
アシタバ3388.60.14.15.66565
インゲン豆2392.20.12.12.44148360
えだまめ13571.76.24.6517058
エンダイブ1594.60.21.62.23051110
おおさかしろ菜1394.90.21.61.852150
オオバ(シソ)3786.70.16.57.370230120*
カイワレ大根2193.40.51.61.96154
カブ(葉)2092.30.12.62.94225050
67*
カブ(根・皮付)2093.90.11.21.52824210
0**
カボチャ(日本)4986.70.12.12.842200~22**
カラシ菜2690.30.12.83.772140
カリフラワー(花序)2790.80.12.52.96824150
279(葉)*
4(葉)**
キク2791.502.63.42822
キャベツ2392.70.21.41.82743100
470*
0**
キュウリ1495.40.10.91.1362620
0**
グリンピース(むき)9376.50.47.17.71202350
クレソン1594.10.12.32.557110310
ケール2890.20.43.23.74522020
少**
こまつ菜1494.10.21.51.94517051*
サニーレタス1694.10.21.423166
サラダ菜1494.90.21.61.84956少**
サンチュ1594.50.41.523962
しゅんぎく2291.80.32.43.244120
ズッキーニ1494.90.11.11.33724
スナップえんどう4386.60.12.22.56232
セリ1793.40.12.12.55134
セロリ1594.70.11.21.53939190
そら豆10872.30.22.42.622022
タアサイ1394.30.21.71.946120
ダイコン(葉)2590.60.13.245226045*
ダイコン(根・皮付)1894.60.10.91.418240**
たか菜2192.70.21.72.53587
チコリ1694.7tr0.91.12524210
チンゲン菜9960.111.22710095*
つまみ菜2092.30.322.355210
つるむらさき1395.10.21.62.228150
トウミョウ(芽生え)2492.20.422.2477220*
トウモロコシ9277.11.72.73100310
トマト19940.10.7126750
ナズナ3686.80.14.95.492290
なばな3388.40.23.54.286160
ニンジン(葉)1893.50.22.22.75292
ニンジン(根・皮付)3989.10.22.12.82628500
2**
ニンジン
(きんとき・根・皮付)
4487.30.22.43.96437
はくさい1495.20.111.33343
バジル2491.50.63.1441240
パセリ4384.70.76.26.8612901700
ふき1195.801.21.31840
ふきのとう4385.50.15.46.48961
ブロッコリー(花序)33890.53.74.48938190
310*
へちま1694.90.10.512512
ほうれん草2092.40.42.12.84749970
773*
みず菜2391.40.12.43642108**
みつば(糸みつば)1394.60.122.34747
みつば(根みつば)2092.70.12.42.96452
みぶ菜1593.90.31.51.834110
めキャベツ5083.20.14.15.57337360
もやし
(アルファルファ)
12960.11.31.43714
もやし(大豆)37921.52.12.35123
モロヘイヤ3886.10.54.65.9110260163*
ヨモギ4683.60.36.97.8100180
ラディッシュ
(はつか大根・根)
1595.30.111.24621480
ルッコラ1992.70.42.32.640170
レタス1295.90.111.12219330
5~20**
ロメイン(コス)レタス1794.50.21.51.93929
イタリアンパセリ35880.874120
パクチー29900.645100
ベビーリーフ1693.70.41.64212010

※チコリの脂質「Tr」は成分の最小記載量の1/10以上5/10未満。

参考文献(HP)
【野菜成分】
シュウ酸以外の数値:文科省 日本食品標準成分表2015年版
イタリアンパセリ・パクチー・ベビーリーフ:S&B食品株式会社
【シュウ酸値】
無印:USDAアメリカ合衆国農務省
*:わがままモルモッ子様の「松山東雲短期大学 カメゼミ調べ 1999」より。(引用元が消えていて残念。。)
**:ぱんさのカニのいる生活様の集計したデータより。
【その他】
うさぎといっしょ「尿結石の予防方法・原因について」
うさぎの健康手帳

うさぎの食事のこと-野菜」への12件のフィードバック

  1. イブラヒモミッチ

    うちで2年前に推定5歳で保護したライオンうさぎ兄弟は、モルモットと一緒に八百屋の残りレタスだけずっと貰っていて、
    1匹は膀胱結石でした。普通のレタスが良くなかったと思います。

    返信
    1. bunchanthebunny 投稿作成者

      情報ありがとうございます!
      では数値が高めのデータの方が信用性がありそうですね。
      その割にカルシウムが少ないから余計にシュウ酸が腎臓に流れちゃって悪いんでしょうね(´~`;)
      しかも同じものばかり食べてたら体壊して当然です。。5歳までよく頑張ってましたね。

      返信
      1. イブラヒモミッチ

        『よくわかるウサギの食事と栄養』大野瑞絵:著、誠文堂新光社、2011年の
        p.152によると、シュウ酸の多い野菜ランキングでレタス5位です(1位パセリ、2ホウレンソウ、3ニンジン、4ラディッシュ)。数値は0.33g/100gなので、おそらく、こちらの表の330mgと同じデータを参照したんでしょうね、、

        返信
        1. bunchanthebunny 投稿作成者

          情報ありがとうございます!すごいところで使われてるんですね。
          USDAのは1984年と古いですが信用性がありそうですもんね。
          人間の結石の原因にもなるんだからもっと種類増やして新しいデータ更新しないかな~。

          返信
  2. レン

    おお、データ、ありがとうございます
    お野菜も一種類だけでなく、人間と一緒でバランスが大事
    それぞれの特性を知ることも大事ですよね

    返信
  3. レン

    いつもお世話様です
    ブログで転載させてください、表がどうしてもコピペできないので、お手数ですが私のパソコンアドレス宛まで添付で送ってもらうことは可能でしょうか?

    返信
    1. bunchanthebunny 投稿作成者

      いつもありがとうございます。
      ソートさせたいためにテーブル機能ではなくwordpressのプラグインで作ったデータなのでお送りすることができないのです(´・ω・`)
      申し訳ありません。
      CSV形式に書き出して送ることならできそうですが送りましょうか。

      返信
      1. レン

        お返事ありがとうございます
        ブログ記事に表題と文章をあげて、表はうさの木さんのブログに見にいってくださーいとします
        すみません、ややこしいことを聞いてしまって

        返信
        1. bunchanthebunny 投稿作成者

          す。。すみません。今すぐは無理ですがhtmlでも作ってみます。
          できたら送りますね!

          返信
  4. ゴマッチ

    データありがとうございます。
    ニンジンは一般に市販されている種類を購入しています。シュウ酸が高いことを知ってビックリしました。それからはピーラーで薄くして10分ほど水に浸した後よく拭いたものを3片くらい与えています。
    サニーレタスのようにシュウ酸が記入されていないものは少ないかと思いウサギに与えているのですが、茎の切り口が赤茶になるのでかなりシュウ酸でしょうか。。
    記入されていないものは不明ということでしょうか

    返信
    1. bunchanthebunny 投稿作成者

      コメントありがとうございます。何かお役に立てていただけたならとても嬉しいです。
      ニンジンがお好きなんですね。
      ニンジンはカロリーも高いのであげないという方も多いですが、ゴマッチ様のように少量で、薄切りにして水に晒すのでしたら問題にならないと思います。
      この記事を書いておきながらうちの所長のブンちゃんにはニンジンもパセリも少量ですがあげています^^;

      サニーレタスの切り口の変色はポリフェノールが酸化しているのだと思います。
      レタス系は切り口が赤くなりますがサニーレタスはアントシアニンが多いのでより色が濃くなるのではないでしょうか。

      記入されていないものは申し訳ありませんが不明です。
      記事を書く時にかなり調べたのですが、なかなかシュウ酸値についてまとまった資料がなく、歯抜け状態ですみません。
      記入されているものでも資料によって数値がバラついているものもあるので、そちらは参考程度にして下さい。
      シュウ酸は茹でたりするとかなり流れてしまうので人間の食事ではあまり問題視されないのでしょうか。

      もしまた何か資料があったら追記したいと思ってます。もしいいものがありましたら是非お教え下さい。
      ゴマッチ様のうさちゃんの健康をお祈りします!
      これからもよろしくお願いします。

      返信
      1. ゴマッチ

        ご丁寧な説明をしていただき感謝いたします。

        我が家が道路に近く騒音でウサギには適した環境でないことを申し訳なく思いつつ、昨年
        縁あって引き取った現在7歳の女のこです。
        昨年の夏にクズの葉を乾燥させて保存しておいたのを毎日少しずつ与えています。食欲が落ちる年齢なのでしょうか最近はクズの葉と野菜ならもりもり食べてくれます。ポリフェノールとは目から鱗です。たくさん教えていただき本当にありがとうございました。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です