高齢うさぎ」タグアーカイブ

お客様-折返しだよシャイニーちゃん

昨年8月から1年の予定でお預かりしているシャイニーちゃん。
今日でちょうど滞在半年を迎えました。

 

来たばかりの頃は10年暮らした家族と離れ離れになったショックで軽く人間不信になったのか、どこを触ってもキレるし爪切りでも大暴れ。
今ではナデナデされに来たりこんなお茶目な顔でオヤツの催促をするようになりました。

 

シ「食いしん坊なのでオヤツの気配には敏感なのです」

 

たまにブログにも登場しますが昼寝のときは柵に頭を食い込ませて寝ています。
頭痛にならないのかしら?笑

 

シ「適度な刺激で目覚めスッキリ」

 

そんなシャイニーちゃん、最近歯が悪くなってきたようで口の周りが食渣(しょくさ)で汚れるようになってきました。

 

うさの木に来る前から歯の調子が悪く、たまにペレットをふやかしたりしていたそうです。
ペレットはまだ食べるし状態は保っているのかもしれませんがそろそろ心配だね。

 

口角の毛はカピカピになってしまうのでたまに短くカットしています。

 

野菜は切らなくても食べられますが切った方が食べやすいし口の周りが汚れないよね。

 

シ「そうでもなくね。。?」

 

牧草は固いものはうまく食べられないのでケージの中では3番刈りチモシーをあげているのですがシャイニーちゃんは固い牧草が好きなのです。部屋んぽのときには落ちている1番刈りにチャレンジ、噛み切れなくて不満ながらも諦めずにいつまでもモグモグしています。
いざとなったらイタリアンライグラス頼みだけど繊維質が少ないんですよね。

 

治療に関しての通院や細かい判断は飼い主さんにお任せしたい。。あと半年温存してくれるかな。
野菜と柔らか牧草をたくさん食べて頑張って、シャイニーちゃん。

 

お客様-ちょも太くんお家に帰る

大分前のことになってしまいますがちょも太くんがようやくお家に帰れることになりました。

 

迎えに来たママさんに抱き上げられるちょも太くん。久々の感動の対面です。

 

お家に帰るといってもご家族の住む東京の自宅ではなく、ママさんのご実家の方に2人で移動し、体調の優れないおじいちゃんおばあちゃんのお世話をします。
ちょも太くんはママのお手伝いができるかな。

 

最近では前足も立たなくなってきたちょも太くんのためにストレッチポールのようなものを脇に入れて支えたり、100均の鍋ぶた収納ケースに入れて立たせたりとママさんは工夫してくれています。鍋ぶたのはサイズがピッタリでよく見つけましたね!

 

背後の名画っぽいふすまとシャレた畳が格式高くて名将ちょも太さまみたいになってます。
相変わらず食欲は旺盛でママさんがびっくりするほど野菜を食べるそうです。
いつまでも元気でママを支えてあげてね。

 

こちらは若い頃のちょも太くん。目の白いちょも太くんしか知らない私には新鮮です。
やはり10年間の思い出のあるご家族のもとで余生を過ごすのが一番よね。若干「ちょも太ロス」にはなりましたが無事にお返しできてホッとしてます^^

 

娘の友人がちょも太くんの「圧迫排尿」の動画を撮って素晴らしい編集をしてくれました。
それぞれのやり方があると思いますがひとつのご参考になれば。
是非見て下さいね~!