ごえもんくん」タグアーカイブ

お客様-ごえもんくん

GW最初のお客様は3月にも来てくれたごえもんくん。

 

前回の部屋んぽでは慎重派でしたが今回は覚えているのか余裕があります。

 

ご「この間は初めての場所で構えすぎちゃってたな」

 

ご「やあオニオンくん、久しぶりィ~」
オ「どうしたの、ごえもんくんたら急にフレンドリー」
顔なじみに会ってホッとしたかな。

 

オニオンくんも久々にお友達が来たので張り切っています。

 

ご「前にホリホリ攻撃されたからお返しするゾ」
オ「オレはこっちだけど?」

 

ご「もう怖くないんだからっ。じゃあねっ」
オ「やり逃げか~い」

 

ご「今日は女の子も居ないし、一人で気楽に遊ぶかな」

 

ご「でもあちこちでオニオンくんの匂いがプンプンするぜ」

 

ご「これじゃ気になって遊べないじゃないの」

 

ご「オレの匂いを上書きして、と」

 

ご「ヒモもちょっと気になるな」
意外と細かい男のようです。

 

ご「仕事が丁寧と言ってちょうだい」

 

ご「あ~ん、これだけで部屋んぽ時間が終わっちゃうよお」

 

お客様-ごえもんくん

今週末に来てくれたのは3歳のごえもんくん。

 

ご「変なところに連れてこられちゃったな」
不安そうに入り口からじーっと様子を伺います。

 

へっぴり腰ながら好奇心には勝てずに出てきました。

 

ご「知らない匂いが付いてるな。オレのいい匂いを付けちゃおっと」

 

ご「これでも縄張り意識は強いんだ」

 

ご「一応男の子だもん。少しちっちゃいけど」

 

ご「毎日背伸びしてれば大きくなれるかしら」

 

ご「ここは知らない子も多くて緊張しちゃうな」
恐る恐るシャイニーちゃんにご挨拶。

 

ご「ホッ、静かなおばあちゃんだった。余裕じゃないか」

 

ご「オレに似てるオニオンパイセンもこんにちは」

 

オ「来たなおちびちゃん、オレはホリホリでいつでも戦闘態勢だよ~」
ご「スパーリングの相手はゴメンだよ~逃げろっ」

 

ご「せっかちゃんは仲良くしてくれるよね」

 

せ「もちろんよ。小ぶりで噛みごたえがよさそうね」
ご「おっと、これは目を合わせちゃいけないヤツ」

 

ご「こっちは危険区域だから行っちゃダメだった~」
これに懲りずにまた来てね、ごえもんくん。