タグ別アーカイブ: リリーちゃん

うさぎの被毛遺伝子

先週泊まりに来てくれたピップくん。この写真は8月に来てくれた時一緒になったハッピーちゃんとのツーショットです。ハッピーちゃんのほうが2歳年上ですが2人は同じペットショップチェーンの出身。

私が勝手に「2人は姉弟!」と言っているだけなのですけどとてもよく似ています。

地方のブリーダーの元で違う年に生まれて、それぞれ面識のない飼い主さん達の家の子になった姉弟が、もしここでたまたま偶然出会えたのかもしれないと思うと興奮してしまうのです。

「姉弟」と仮定して。。ですが、ご両親はどんなうさぎさんたちなのかな?

うさぎの被毛の遺伝子の種類は10種類以上あり「c」アルビノ(白色・赤目)や「l」アンゴラ(長毛)、「d」ディルーション(毛色を薄くする)などが複雑に組み合わさって色を決めています。その中でパターン(模様)遺伝子(Aシリーズ)の表れやすさは アグーチ(A)> タン(at) > 単黒色(a)となっています。
「アグーチ」とは一本の毛が3色以上に色分けされている毛色(チェスナットやチンチラなど)、「タン」は背中側は濃い色で、目の周り・顎の下・腹が白くなっている毛色(マーチンやオター)を表しています。

記号 遺伝子名/遺伝子効果
A light belied agouti/灰色、腹側は白(アグーチ)
at black and tan/背は黒、腹は白(タン)
a non-agouti/単黒色
・・・以下略
町田修「新うさぎの品種大図鑑」より一部抜粋
 

私は遺伝子についての知識はないのですが、「a」は「潜性遺伝子」なので持っていても表れにくい遺伝子ってことですね。両親からそれぞれ「a」遺伝子をもらって「a-a」の組み合わせにならないと子供は黒単色になりません。
(最近、日本遺伝学会が遺伝子の表れやすさを「優性」→「顕性」、「劣性」→「潜性」と変えたようなので早速使ってみます^^)

もちろん両親ともに「a-a」遺伝子を持つ黒単色なら子供は全員黒単色なのでわかりやすいですが、ハッピーちゃん&ピップくんの場合、片親もしくは両親ともに「a」を持った違うカラーの子だった可能性もあります。この2匹からは両親の毛色の推測は難しい、というか無理ですね。
ピップくんはややシェイデッド(鼻・耳・手足・尻尾の色が濃いグラデーション)っぽいですがこれはまた別の遺伝子、恐らくE(Extention)シリーズの作用かな?と思います。


里親募集でお世話になっているイブさんの飼っている元保護うさぎクロちゃんは「ブラックシルバーマーチン」というタン系(at)のカラーなのですが、保護された後で産んだ6うさちゃんの内訳がチンチラ3匹・単黒色3匹と、全員が母親のクロちゃんとは違うカラーになっています。
単黒色を産んだのですからクロちゃんは「at-a」の組み合わせの遺伝子を持っているということになります。

ちなみにそのうちの1匹がうさの木に時々来てくれるリリーちゃん。
チンチラの被毛のアグーチ(A)はお父さん側から受け継いだのでしょうか。

リリーちゃんはお母さんのクロちゃんより体も大きいし、お父さんは体の大きいチンチラだったのかもしれません。

 

所長もアグーチのチンチラですし、野うさぎの毛色のチェスナットもアグーチ、大久野島のうさぎさんたちもアグーチが多いです。

どんな毛色で生まれるかは野生のうさぎにしてみれば命にかかわる重要なことですもんね。
こうした保護色っぽい茶系やグレー系のアグーチが顕性で現れるのは当然かもしれないです。

 

(色々書いてますが、私の調べた範囲の予想なので間違ってたらお教えくださいm(_ _)m)


それにしても被毛の遺伝だけでも複雑なのに、耳が垂れてるとかお尻が丸いとか温厚で懐っこいとか。。体格や性格や体質の遺伝子まで考慮して交配させているのだから、ブリーダーさんはきっと相当勉強していらっしゃるんでしょう。

最近では帝王切開でしか出産できないブルドッグや、骨軟骨形成不全症のスコティッシュフォールドなど、「人間から見て望ましい」身体的な特徴を重んじた交配の結果、遺伝子疾患に苦しむペットが増えていることが問題になっています。要は奇形や病気なのだから治療したり心配するところであって、可愛い~なんて言って増やしちゃマズいのですね。

今回、うさぎの遺伝子について調べている中でも、純血のネザーランドドワーフ同士をかけ合わせると1/4の確率で「ピーナッツ」と呼ばれるたいへん小さな子が生まれて、数日で亡くなってしまうのだと知り、悲しくなりました。

人間でも昔はハプスブルグ家のように近親結婚を繰り返し、不正咬合や虚弱体質、知的障害を持った子供が続出した歴史があるようです。
今では人間の近親者同士の結婚は当然のように避けるのに、これが動物になると急に「血統の保持」とやらで近親交配が素晴らしいことのように扱われるのは謎です。

遺伝的な特徴を増幅させればプラス面もマイナス面も顕著になり、いつかその生物の「自然な状態」から離れて元に戻せなくなってしまうのでしょう。
みてくれ重視で作為的に産まれる不幸な動物達が今後増えませんように。

参考資料(HP)
町田修「新うさぎの品種大図鑑」
Nature Trail/Rabbit Genetics
ブルドッグwiki
スコティッシュフォールドwiki

お客様-リリーちゃん

2015年の年末に来てくれたリリーちゃんが先週末からまた遊びに来てくれています。

 

この体格を見ればわかりますが、食べ物の好き嫌いはありません。
特にお野菜は何でも大好き、イタリアンパセリを豪快に食べています。

 

リリーちゃんはイブさんのところのクロちゃんの娘で、灰ちゃんグレーちゃんの姉妹。
うさの木によく来てくれるタロウくんとも親戚なのです。
クロちゃんやタロウくんとは全く似ていないので血がつながっているのが不思議な気がします。

 

むしろこっちのコンビが親戚みたい。睨む所長と気にしないリリーちゃん。

 

怖がりではないけど慎重派なのであまり部屋んぽには積極的じゃないのですが、オヤツがあるとウキウキで出てきますよ。。

 

最近は胸の換毛が激しいそうなので引っこ抜いてたらメチャメチャ怒られました。
表情豊かでわかりやすいね。

 

一昨年はケージからほとんど出なかったのでこんな風にケージ外で寛いでくれるだけ進歩はあったかな。それにしてもこの重量感!

 

部屋んぽでは歩き回るけど、やっぱりケージ前が安心するみたい。

お客様-リリーちゃん・まりんちゃん

普段は閑散としている?うさの木も年末は出入りが激しくて忙しくなっています。
昨日もお電話をいただいて迷ったのですが無責任に預かれないので断ってしまってごめんなさい。

昨日、リリーちゃんが無事にお帰りになりました。
結局最後まであまり積極的に部屋んぽしてくれませんでした(´Д`)
ケージの扉を2時間開けっ放しにしても出ません。。
151225_4

 

おやつで誘うと出ては来ますが腰が引けてるので体が伸び伸びに。
151225_3

 

穏和で物静かなリリーちゃんですが他のうさぎさんがケージの前に来るとメンチを切りながら手前を右往左往。臆病で萎縮しているわけではないみたい。
151226_8

 

ケージ内が好きなら無理に出なくてもいいけどね。
おっとりした性格の割にブレない態度のリリーちゃん、今度来る機会があればもっとリラックスできるように考えるので懲りずに来てね~。
151225_2

 

ちょっと笑ったような口元でお茶目。今頃お家に帰ってホッとしてはしゃいでいるでしょう。
151225_1

 

そして体格が同じくらいのせいかリリーちゃんとバチバチやりあっているのは26日から来てくれたまりんちゃん。1歳のホーランドロップの女の子です。
151226_2

 

照明のせいでオレンジ色に見えますが「リンクス」という毛色でしょうか?とても美しい色ですね。
若くてピチピチ、なつっこいギャル子のまりんちゃん。
151226_1

 

リリーちゃんとは対照的に扉をちょっとでも開けると押し開けて飛び出してきます。メイちゃんと一緒で若くて未避妊なのであちこちに匂い付けに忙しそう。
そばにいくとブーブー言いながら寄ってきて私の周りを回ったりナデナデを催促したりととてもフレンドリー。でもオシッコをかけるのはやめて~^^;
151226_3

 

初日からケロッとした様子で部屋んぽのときはずっと走り回っています。緊張でシッポが上がりっぱなし。
落ち込んだり不安な様子がないので私としてはとても助かってます。
151226_4

お客様-リリーちゃん

そして先週末から新しいお客様が来ています。リリーちゃん、4歳の女の子です。
左手だけが白いので愛護団体にいた頃は「左前足白手袋ちゃん」という長い名前(説明?)だったリリーちゃん。イブさんのところのクロちゃん子供だそうなので10月に来ていたタロウくんとも親戚ということになるのでしょうか?全く似ていませんね。
数日前から換毛が始まったそうでとぼけた眉毛がくっきり^^
151221_2

 

来てしばらくは怖がってハウスに籠っていました。サイズぎりぎりです。
151221_3

 

お尻の大きな女の子~。隣のサプタちゃんがちょっと気になりだして覗いています。
151221_7

 

君はそこから出るのは無理かな。
151221_5

 

夜になってやっと1歩だけケージから踏み出してくれました。デ、デカい。。そしてとってもグラマラス~。
貧乳系(?)サプタちゃんとは対照的。
151221_8

 

ご飯も牧草も好き嫌いなくよく食べます。
151221_11

 

部屋には出てこない慎重派ですが知らない人にも警戒心はなく撫でられるのは好きみたい。
ふかふかで大きいので撫でごたえがあります。
先日の来所時にはキャリーを段ボールで囲って更に隙間に湯たんぽやブランケットを詰めて。。と里親Y様に万全の防寒対策をしてもらって来たリリーちゃん。
きっとお家では箱入りお嬢様なんですね。
151221_6