お客様-うさくん

そしてお馴染みのうさくんも来てくれました。

 

うさの木に慣れているうさくんは部屋んぽ時間でも慌てず騒がず。
う「まずは腹ごしらえから」

 

う「おっと部屋んぽする前に休憩してしまった」

 

う「最近お友達が居ないことが多かったから寂しかったのよね」

 

う「さっそく好戦的なお姉さんのところに行こうっと」

 

う「オレはお友達に絡むのが大好きなのさ」

 

う「せっかちゃん遊びに来たよ~」
すでに手が出ているやる気なせっかちゃんです。

 

せ「アタシのことは放っといて頂戴。飛びついちゃうぞ~」
う「オレは平気だもん。クンクンし合って仲良くしよう」

 

せっかちゃんに威嚇されてもうさくんはめげずに後を追いかけます。

 

せ「全くうさくんはしつこいわね」
う「そんな褒められると照れるなあ」
せ「いやあ、褒めてない」

 

せ「じゃあアタシの前足でも嗅いで我慢してなさい」
う「はーいクンカクンカ」

 

う「何かオレ言いなりじゃない?」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です