きなこくん」タグアーカイブ

お客様-きなこくん

続いて来てくれたのは常連さんのきなこくん。

 

いつも一緒のバーチャル彼女と朝から大人の時間を楽しんでます。

 

一旦クールダウンして可愛いツーショットを見せてくれるものの

 

すぐに次のラウンドへ。ありえない猫背のうさぎ。

 

き「今回は他の女の子たちのいいにおいがするぞ」
用事が済んだ途端に浮気するとんでもない男です。

 

きなこくんは女の子大好きなのでトトちゃんも優しく対応します。

 

き「かわい子ちゃんがよりどりみどりだな」昭和のオヤジですか。

 

右にはさっきから伸び切っている美白のもくちゃん、左はロッキーちゃんの温泉うさぎコンビ。

 

虫の居所が悪いのかうさパンチで攻撃するロッキーちゃん。
きなこくんが嫌いな訳ではなくてロッキーちゃんも発情してイライラしているのです。

 

き「ホルモンバランスが悪くて大変ね」ロッキーちゃんは近々手術予定よ。

 

ウキウキが止まらないきなこくん、いつにも増して落ち着きなく走り回ります。

 

ついに燃料切れて行き倒れ。暴れ疲れたロッキーちゃんと仲良くクールダウンしてね。

 

ひとりに決められないよ。

お客様-きなこくん

久々に来てくれたのはパッチリおめめのきなこくん。

 

今までは初日は緊張気味だったのですが今回はすぐに出てきて慣れた様子。

 

き「さすがに覚えてますから!」

 

いつも私の足を追いかけ回してへばりついてきたきなこくん、今回はマイ彼女持参です。笑

 

き「どう?オレのカノジョ」

 

き「ふわふわで大きさも丁度いい(?)のよ。 ちょっと無愛想だけど」

 

き「可愛いからすぐ抱きしめちゃう」

 

き「オレは優しいからちゃんとグルーミングもしてあげるの」

 

き「じゃあもう1ラウンドね。。」(まだ朝です)

 

き「スッキリした顔でトンネルで遊ぶぜ」

 

き「ボール彼女ちゃん、オレを見ててね~」
種族?を超えてとても仲のいい2人です。

 

き「本当は蹴って遊ぶものだって? そんなのかわいそうじゃん?」

 

シナモンくんよりやっぱり彼女。

お客様-きなこくん

週末にはきなこくんが来てくれました。

 

男の子真っ盛りのきなこくん、側に行くとすぐに足の匂いをかぎ始め

 

ズンズン迫ってきます。

 

この先18禁の写真ばっかりになっちゃうよ、アナタ。

 

なので私はちょっと避難。
き「あれ、どうして柵の向こうに行っちゃうの?」

 

何だか腑に落ちない顔をしています。

 

き「せっかく張り切ってストレッチしてきたのに」

 

き「右手伸ばして~左手伸ばして~」

 

き「体幹トレーニングも完ぺきだ」

 

き「バッチリ準備運動してきたからどうよ?」
(コラコラ。。)

 

変則トンネル遊びにハマっているようです。

お客様-きなこくん

今週末はお泊り3回めのきなこくんが来てくれました。

 

少女漫画みたいなパッチリおめめ。

 

いつも部屋んぽではムダに走り続けるきなこくんです。

 

匂い付けとホリホリに忙しいのだ。

 

ちょっと出っ歯なのが可愛いのです。

 

き「忙しいんだから止めないでよ」

 

ダルくんにも張り切ってちょっかい出しますが耳が遠いので相手にしてもらえません。

 

「こんなに騒いでるのに何なんだ??」と腑に落ちないきなこくんです。

 

ハイテンションのきなこくんと穏やかダルくん。

お客様-きなこくん

昨年12月にもご利用頂いたきなこくんが来てくれました。

 

前回もそうでしたが最初は緊張して出てくるのに時間がかかります。

 

トンネルもそろりそろり。初日の夜には大分慣れてきました。

 

白目が出るくらい目がパッチリしてて、女の子みたいなきなこくん。

 

でも相変わらず足が大好きでしっかり男の子してました。

 

なだめられて納得の行かない顔。

 

もうおばちゃんだけど一応女子な所長にも興味を持ってくれました。

 

普段お家ではゴロゴロしているそうですが、そんな事が信じられないくらいにせわしなく走り回るきなこくん。
お家に帰ったらゆっくり休んでね~。

 

お客様-きなこくん

先週からまた新しいお客様が来てくれています。きなこくん、4歳の男の子です。

 

ケージを開けても緊張しているのか扉にへばりついてなかなか出てきてくれません。
何となく出たい気持ちはありそうですけどね。

 

恐る恐る出てきて所長とご挨拶。

 

トンネルは中を念入りに調査しながら。。最初はくぐるのに1分くらいかかってました。

 

吸い込まれそうな大きな目をしています。

 

調子に乗ってきたよ。

 

男の子はすぐノリノリになっちゃうのである。

 

こらっピュアな顔してもダメよ~。

 

左足がお気に入りのようです。