投稿者「bunchanthebunny」のアーカイブ

お客様-フィントちゃん

今週末のお客様はフィントちゃん。

 

2歳になって落ち着いてきました。
夜になると相変わらず一人運動会をしていますが昼間は大体のんびりモード。

 

一通り回って匂いを付け終わると

 

なでなでの催促に来てもう休憩しようとしています。

 

フ「ヒーターの前でぬくぬく毛づくろいするのも最近のお気に入りなんだ」
部屋んぽ時間が終わっちゃうぞ。

 

久々のお友達の気配にかなりピリ付いているごしろくん。フィントちゃんは陰から様子見です。

 

フ「ケージの中で激突して暴れてるんだもん。おそるおそるご挨拶だ」

 

ケージを齧ってガウガウするごしろくんにも全然ひるまないフィントちゃん。
うさの木で保護っ子たちをあしらうのもすっかりベテランです。
フ「ふふ、ここまで届くかな~」

 

もともとよく食べるフィントちゃんですが今回は更に食いしん坊が加速していて

 

牧草はフィーダーに1日8杯以上、もちろん朝晩のご飯の時には大量のお野菜もぺろり。

 

フ「更に大きくなっちゃうかもね」換毛期でもなさそうだし冬の蓄えかな。

 

部屋んぽの最中でもモグモグ。いつ見ても何か食べてるのです。

 

なにか美味しいものが落ちていないか探す腹ペコちゃん。

 

「ケールが落ちてた、やった~」
いいのが落ちててよかったね^^ここのご飯足りてるかな?

 

【里親募集】②ごしろくん、ちょっと甘えん坊になる

こちらは里親募集している1歳のごしろくん。
年明けに大阪からうさの木に移動してひと月が経ちました。

 

来た頃は人見知りも激しくて触ると飛び上がって逃げるくらい臆病だったのですが、今はここでの生活に慣れてお友達が居ない時は落ち着いて過ごしています。

 

今でもうさぎ見知りは酷いのでお友達が居ると一気に不機嫌モードに。
ご「ガウガウ、ここはオレのナワバリだぞぉ」

 

ごしろくんの縄張りはここじゃなくてそのうちできる素敵なお家なんだよ。
ご「そうなのか。。勘違いして絡んでゴメンね」
た「怖くないし平気だよ」

 

ご「そうは言っても期待しちゃっていいのかな。オレを選んでくれる人なんて居るかしら」
大丈夫だよ、早く見つかるといいね。

 

ご「最近のオレはカーテンに隠れて行ったり来たりする地味な遊びにハマってるんだ」
ごしろくんは基本的に臆病なのだと思います。

 

ご「いないいないばあなら勝負してもいいぜ」勝敗あるの?

 

ご「ではクイズ、ごしろくんはどこでしょうか? ハイ正解!」みんな正解だよ。

 

ご「でも凄いネクラなヤツだと誤解されそうだから、一応「アクティブに動くごしろくん」の写真も載せといてよね」これなんかいいんじゃない。

 

ご「触られるのも最初は怖かったけど徐々に慣れてきたんだ」

 

ご「ナデられるのもイヤじゃなくなってきたよ。むしろ気持ちよくて」

 

ご「ずっとずっとナデて欲しいなあ、って時々思ったりしてるんだ」
たくさんナデてくれる里親様を探そうね。

 

・一人っ子タイプ。多分メスとも誰とも仲良くしません。
・カーテンの裏でボーっとしていたりと基本大人しいですがたまに浮かれてピョンピョンします。
・異物はあまり食べないので部屋んぽの時も比較的安心です。
・最初は逃げてもめげずに撫でてればどんどんスキンシップ好きになると思います。
・トイレは見られていると出ない派?なのかうさの木では夜中にケージの中でしてます。

薄暗くて静かな場所を好むややネクラな男、ごしろくんはハグーペットのおうちで里親募集していますのでよろしくお願いします。

ブンちゃんのツイッター(X)でも時々発信していますのでそちらもよろしく^^


◎2/11(土) 保護うさぎさんに逢おうの会 in大田区
10時~12時予定

◎2/23(金・祝) 保護うさぎさんに逢おうの会 in杉並区
10時~13時予定

が開催されます!

ごしろくんは23日に参加予定です。
他の保護うさぎさんにも会えますよ!
お申込みのあったうさぎさんのみが参加しますので、ご興味のある方は是非こちらからお申込みをお願いします。


お客様-たわしくん

今週来てくれたのは初めてのお客様、2歳のたわしくん。

 

小柄ですがチモシー大好きな食いしん坊、来るなりフィーダーの牧草をムシャムシャ。
た「固いところは残しちゃお~」

 

た「もうすぐ部屋んぽの時間だって、楽しみだな」

 

た「いつのまにか扉が開いてるじゃないの。早く言ってよ」
開けたのに気づかないくらい夢中で食べてたのよ。

 

性格はおっとりしていて初日から緊張することもなく食べたり遊んだり。

 

一通り匂いを付け終わると可愛いブルルンジャンプも見せてくれます。

 

ちょっと右にかしいだ首が何か考え深そう。

 

走って遊ぶのも好きですが甘えん坊なのかすぐなでられに来ます。

 

た「あ~そこそこ、オレのツボわかってるね」

 

普段お家でたくさん撫でてもらっているのでしょう。

 

た「でもやっぱりよその人はイマイチだな。ちょっと痒くなっちゃったぜ」
散々なでさせてやり直す、うさぎのあるあるです。

 

た「そろそろお腹が空いてきちゃったからこの辺で適当に小腹を満たすか」
シートは食べないでえ。でもモグモグするだけで食べたりはしてないです。

 

部屋んぽの途中でも何度も牧草を補給しに戻って来るたわしくん。
ウンチも立派だし素晴らしい健康優良児だね。

 

お客様-シータちゃん

今週末のお客様はおなじみのシータちゃん。

 

お泊りには慣れているので初日からリラックスした表情。

 

カメラを向けるとひょうきんなファイティングポーズもキメてくれます。

 

シ「ここでの過ごし方なら心得ているわ。トンネルはぽっちゃりでも意外と通れるぞ、とか」

 

シ「初対面のお友達とはそこそこ距離を取るべし、とか」

 

シ「アタシにメッチャロックオンしてるじゃん。怖いから目を合わさずに去ろう」
シータちゃんはあまり他の子に絡まないのでモメ事もなくて助かります。

 

シ「いつもなら男の子には引っ張りだこなんだけどな、ごしろくんたら」

 

シータちゃんは実はムチムチなわけではなくムキムキなはず。。だよね?

 

シ「この脇の下のヤツはぜい肉じゃないからねっ、見てよこの引き締まった腹筋」失礼しました。

 

シ「相変わらず日々のトレーニングは欠かさないんだから」

 

シ「得意技はジャックナイフだよ」

 

シータちゃんの身体能力は5歳とは思えません。1歳のごしろくんも圧倒されちゃうね。

 

トレーニングの後のストレッチも柔軟にこなします。シニアになっても若々しいシータちゃんです。

 

お客様-うたくん

もう一名のお客様は昨年末にも来てくれた3歳のうたくん。

 

丸っこくてぬいぐるみみたいな体型とプロペラ耳がキュートです。

 

部屋んぽの時は弾丸みたいに勢いよく飛び出してきてコロコロとよく走り回ります。

 

う「丸いとかコロコロとかどういう意味よ」褒め言葉よ。

 

顔が平べったいからごしろくんに噛まれる心配もないしね。
う「まあ確かに。。」

 

ほぼノンストップで走り回りながらも匂い付けに忙しそう。

 

う「なんだかここはいい匂い~」

 

う「シナモンちゃんのお部屋なのか、オレの匂いも付けちゃお」
シ「念入りに混ぜないでえ」

 

う「前回は怪しんでたトンネルも今回はへっちゃらだよ」

 

う「シナモンちゃんにも負けないくらい使いこなすぜ」

 

う「というわけでこれもオレの物でいいかしら」次に来たときまで匂いが残ってるといいね。

 

お客様-シナモンちゃん

そしてこちらはよく来てくれる9歳のシナモンちゃん。

 

落ち着いた性格なのもあって部屋んぽもガツガツ出てきません。
シ「またここか。。」

 

シ「アタシに出てきてほしいのお?」ちょっと雰囲気のあるお姉さんです。

 

シ「出てはみたけどナデられながら静かに過ごしてお茶を濁そうかしら」

 

シ「と思ったら運動するように促されちゃったわ。仕方ない」

 

シ「おばあちゃんだけど本気になればこれくらいのハイジャンプも楽勝さ」

 

シ「えへ、シナモンやればできる子だもん」

 

お友達とのコミュニケーションもすっかり慣れています。

 

うたくんは優しいお姉さんに構ってもらって嬉しそう。
う「匂いの付け合いっこしようね」

 

う「ええ、もう終わりなの」
シ「アタシは色気より食い気派なのだ」

 

シ「年をとっても食欲は止まらなくて、ついおこぼれの牧草食べちゃう」

 

シ「ごしろくんが大量に散らかしてるけどメンチ切ってくるからなあ」

 

ご「ジィーッ、目力が凄いでしょ」
シ「視線が痛くて落ち着いて食べられないよ~」
胃腸も身体もまだまだ元気で過ごしてね。

 

お客様-豆大福くん

今週末は昨年11月に続き2回目の豆大福くんが来てくれました。

 

豆大福くんは警戒心が強いのか前回同様に初日はほぼケージから出てきません。

 

帰る頃には結構慣れてくれたのにね、忘れちゃったかな。

 

豆「なんとなく遊んだ記憶もあるけどオレはそこまで部屋んぽ欲がないのさ」

 

豆「外を眺めるだけでも気分転換になるし」

 

豆「それにちょっと出ると隣のごしろくんが睨んでくるのが気になって。。」

 

豆「ほら~怒って飛びかかってきた。やっぱり戻ろうっと」ごしろくんはお友達が嫌いなのね。

 

豆「ごしろくんの前に目隠ししてもらったから仕切り直しだ」

 

豆「目が合わなければそんなに怖くないぞ」

 

豆「バレないところで地味に仕返ししよ。。さっきはよくも脅かしてくれたなあホリホリ」
脅かされっぱなしじゃ悔しいもんね。

 

豆「よく見るとのっぺりした面白い顔だね」
ご「のっぺりとは何よ」

 

豆「ごしろくんは平気になったけどまだ知らないお家で緊張するから」

 

豆「気分が乗るまではトンネルに隠れていようかな」

 

ちょっとビビりの豆大福くん、早く慣れて安心して遊んでね。

 

お客様-ヘンリーくん

今週は初めてのお客様、ヘンリーくんが来てくれました。
おじいちゃん風味で貫禄がありますが来月で3歳のイケメンボーイです。

 

ウエーブしたたてがみがシャレたお名前に似合ってますね。

 

まだ緊張しているようでそ~っとおしとやかに降りてきました。

 

どうしたの? いきなり腰が抜けちゃったのかい。

 

這いつくばって匂いを嗅いで危険がないか確かめているようです。

 

へ「マズい、変なところに迷い込んでしまった」

 

へ「ヘンリー調査員、出口発見しました~」楽しくなってきちゃったね。

 

へ「どうやら大丈夫みたいよ」仕事はザックリ終わらせるタイプです。

 

へ「やあ、他のお友達も居るみたいだな」
腰が引けながらもようやく立ち上がりました。

 

へ「めちゃくちゃオレに噛みつこうとしてくるぞ」
鼻を突っ込んでいるからごしろくんが怖がってるじゃない。

 

ヘンリーくんはうたっちが特技のようで、3歩あるいてはヒョイヒョイ立ち上がって上を見上げています。

 

バランス感覚がいいのね、それとも高い所が好きなのかな。

 

へ「今回は短いお泊りだったから慣れるだけで終わっちゃったけど今度はケージに飛び乗っちゃおっかな」楽しみにしてるね。

 

【里親募集】①師走っ子2世のごしろくん

先日になりますが、1月7日(日)にうたしろさんが大阪からごしろくんを移送して下さいました。

 

ごしろくんは昨年末に品川区で保護されたななちゃんが保護後に出産した子で今月1歳になります。

 

ご「5兄弟の末っ子なんだ~って名前でわかるか」

 

体はもちもち、平たい顔ののっぺりさん。

 

時々勢いよく走りますがそれ以外は大人しめ、もっさりウロウロしていることが多いです。

 

ご「まだ移動したばっかりだから緊張しているのもあるけどね」

 

ご「未来の里親さんに少しずつオレの可愛さが伝わるといいな」

 

ご「得意なのは助走なしの垂直ジャンプ。突然スイッチが入るからよく見ててね」

 

フローリングも平気だよ。でも滑るからガニマタで踏ん張ってるの」

 

ご「苦手なのはお友達付き合いかな」男の子なのに女の子が好きじゃないようです。

 

ご「挑発されるとついパンチが出ちゃう」
りんちゃんは誰にでもケンカ腰だから。。ちょっとイザコザしちゃいました。

 

ご「男の子の方がまだ仲良くできそうだ」
りんちゃんの相方の暖くんとは平和なご挨拶ができたみたい。

 

ご「女の子の方が凶暴で怖いんだもん」
暖「それな」
うさぎはメスの方が気が強めだからね。

 

一人で遊ぶのが好きなマイペース、ごしろくんはハグーペットのおうちで里親募集していますのでよろしくお願いします。

ブンちゃんのツイッター(X)でも時々発信していますのでそちらもよろしく^^


お客様-りんちゃん

こちらはもう一人のりんちゃん、どちらもおなじみのお客さんです。

 

りんちゃんは最近出血してしまい、病院でもらったお薬を飲んでいます。子宮も大きくなっているので近々手術を予定しているそうです。
見た目は幼いですが6歳半くらいなので年齢的にも急ぎたいですね。

 

り「あ~手術すんの憂鬱だなぁ」女の子の手術は大変だもんね。

 

り「でも出血してるのも怖いから頑張ろう。。」安心だし長生きできるよ。

 

牧草が好きなヘルシー志向のりんちゃんですが最近は野菜にもチャレンジしているそうです。

 

り「病院でお野菜も食べたほうがいいって言われたので」

 

野菜を食べなくても健康で長生きはできますが、野菜は体調が悪いときなどに水分もカロリーも手軽に摂れて助かります。好きなお野菜が見つかるといいね。
り「でも今のところは食べ慣れてる牧草がいいなあ」

 

痛みはないので本人は元気いっぱいです。

 

何故か今回ケージを出るときだけは別人みたいにノリノリなのです。

 

り「基本はひっそり一人で遊んでいるおしとやか女子よ」

 

お友達にも興味無いですがたくさん居るときはなかなか無視するわけにもいかないね。

 

り「最低限の挨拶くらいはしておこう。本年もよろしくね~」

 

り「はて、誰だったっけか」
ご「適当ねえ、初対面じゃない」