月別アーカイブ: 2023年6月

お客様-ぱいんくん

こちらも常連さん、12歳のぱいんくんです。
歩き方はヨボヨボだけど気持ちは元気、いつも張り切って出てきます。

 

腰がすっかり曲がって、ツヤツヤだった毛もポサポサになりました。白内障も進んだね。

 

あまり見えていないので、どこかにぶつかったら方向転換しながら歩き回っています。

 

お友達の気配も感じてはいるものの「はて、どこに居るんじゃろ?」状態。

 

そして手にぶつかったらそのまま何となく撫でてもらうのです。

 

ぱ「細かいことは気にせず流れに任せるのがオレのポリシーなのさ」

 

スタミナはないので部屋んぽはさっさと切り上げます。
ソアホックもなくお尻もきれいで上手にお世話されているのがわかりますね。

 

たまにひっくり返っちゃうけど、毛づくろいもマメにしています。

 

もう疲れたのですぐ爆睡。
ぱいんくんに限らず柵にめり込んで寝る老うさぎさんは多いです。頭痛くないのかな^^;

 

1日のほとんどの時間は寝て過ごしているので時々心配になるよ。
ぱ「安心して下さい、生きてますよ」

 

お客様-ラムちゃん

そして妹分のラムちゃん。

 

こちらも食いしん坊、いつもお姉ちゃんと張り合うように牧草を食べています。

 

最近ソアホックになってしまったそうなので今回は休足マットを敷いています。

 

ラ「このビッグサイズだもん、しょうがないよね」

 

ラ「時々連続で足ダンしちゃうからかな。気をつけよう」

 

ラ「でももう傷は塞がってるから痛くないよ」
ママがお家の敷物を更にふかふかにしてくれるらしいから安心だね。

 

おてんば娘だったラムちゃんも落ち着いて遊ぶようになってきました。

 

どっちかって言うと寝てる時間の方が多いくらい。どんな体勢でも寛げるタイプだね。

 

ラ「もう3歳だもん、ムダにはしゃいだりしないのよ」

 

ラ「大人の貫禄を見せちゃおうかしら」ラムちゃんの貫禄には前から誰も勝てないよ。

 

お客様-マルちゃん

今週末はおなじみのマル・ラムコンビがお泊りに来ています。
こちらは半年前に耳根膿瘍の手術を受けてから絶好調なマルちゃん。

 

もう7歳くらいですが食欲も以前より旺盛でふっくらツヤツヤしています。
部屋んぽでケージを開けてものんびり草を食べてます。

 

マ「お腹が一杯になったら出ますよ」

 

そして出てきてからもラムちゃんの牧草を拾い食い。

 

「ラムの牧草を拾い食いするのはアタシの部屋んぽルーティンなのさ」
確かに毎回やってるね。

 

手足が短くて走る姿はお芋みたい。速さはそれなりです。。

 

唯一のお友達のぱいんくんは爆睡中で挨拶しても気づいてくれないね。

 

マ「最近ぱいんくんが起きてるところ見たことないわ」同感です。

 

今回はうさの木に慣れたのんびりした子ばかりで静かな癒やし空間になっております。

 

お客様-まくらちゃん

昨日から初めてのお客様、2歳のまくらちゃんが泊まりに来てくれました。

 

個性的なお名前です。「真っ暗ちゃん」だからかな?
外出先でお家の鍵を紛失したために急遽お預かりすることになりました。

 

ま「まったくママってばドジっ子なんだから」

 

来るなりケージで寝そべってリラックス、まくらちゃんは肝が座っていますね。
ま「長時間外出してお疲れなのよ」

 

少し回復したら飛び出して来ました。

 

ま「初めて来たのところだから偵察しとかないとね」

 

基本は大人しいですが時々ダッシュと連続ジャンプを見せてくれます。

 

だいぶ下半身に重力を感じるジャンプですね。
ま「それはお尻が重いって意味かしら?」

 

ま「確かに後ろ足が全然上がってないわね」

 

ま「すぐ休憩しちゃうし。。痩せよっかな」
部屋でゴロゴロしてるのが好きなインドア派のまくらちゃんです。早くお家に帰れるといいね。

 

お客様-りんちゃん

今週末のお客さんは5月にも来てくれたりんちゃん。

 

先月6歳になりましたが顔が童顔なのもあって若々しい。

 

り「ほっぺがモチャっとしてるのは加齢によるたるみじゃありませんよ」

 

り「この方が可愛いからじゃないかなあ~?」ちょっとあざといキュルルン女子です。

 

り「でも今日はお疲れ気味なの。おばあちゃんだもん」

 

り「もう帰ろっかな~」

 

りんちゃんはいつも一人遊び派でマイペース、無駄な体力は使わないのです。

 

走り方もゆったりして大人の落ち着きを感じます。

 

り「お部屋に到着で~す」

 

早速ケージで牧草をムシャムシャ。それだけ食べられていれば元気でしょ。

 

ペレットより牧草を好んでよく食べるヘルシーなりんちゃん。
長生きしそうなタイプなのでこれからも健康なシニアライフを楽しんでね。

 

お客様-グテくん

そしてもう1名の新人さん、1歳のグテくんも来ています。

 

丸っこいフォルムとふわふわの毛がまだ子うさぎみたい。
初めてのお泊りでもすぐに慣れてくれました。

 

たくましい大きな足で部屋んぽ中はずっと走り回っているグテくんですが

 

一定時間走りまわると自主的に休憩に入ります。

 

グ「ぶえっくしっ!オレってば息が上がると謎の発作が出ちゃうんだ」
もっと犬がキュンキュン言うような音です。下の動画で見てね。

 

しばらく休めばまた元気になるのですが発作の間は苦しそう。
先月来たぽん太くんもですが鼻が潰れているからかしら。

 

グ「丸っこいフォルムは可愛いけど弊害もあるってことよ。。」

 

若い男子同士だけどタイプは全く違う2人。
ちょっと気に入らないももくんと何とも思っていないグテくん。

 

グ「オレが居る方に付いてきちゃって、きっとオレのことが好きなのね」
も「べ、別に好きじゃないし」

 

グ「悪いけどまた後でねっ」

 

グ「嫌な予感がするからそろそろ休憩しないと」

 

グテくんは自分で体調管理ができるなんて偉いですね、見習わなくっちゃ。
グ「持病と上手に付き合ってるでしょ」

 

も「休憩終わるのまだ? まだなの~?」
グ「気持ちは嬉しいけどもうちょっと待っててね~」

 

お客様-ももくん

今週末は初めてのお客様、3歳のももくんが来てくれました。

 

飼い主さんは実験施設から救出されて里親募集されていたももくんを引き取ったのだそうです。
ラッキーボーイだね、施設に残ってたら今頃。。((( ;゚Д゚))

 

も「初めて来たところだけど全然緊張してないよ~スタスタ」
自分が実験台にされそうだったことなど知らずに幸せなももくんです。

 

いきなり連続のひねりジャンプも見せてくれるひょうきんな男です。

 

3歳だけどまだ体力には自信があるようで、度々ハイジャンプで脱走を試みます。

 

も「見て、オレの垂直跳び凄くない?」

 

も「あ~れ~足が滑ったあ」

 

も「布を使ってのふんわりナイス着地」

 

も「くそ~いつか脱走してやるからな」誰に言ってるの。

 

も「悔しいからトンネルに絡んじゃおっと」

 

も「オレの匂いもつけちゃうぞ」

 

も「おりゃ参ったか、ツンツン」
一人遊びでも結構楽しく過ごせるももくんです。

 

お客様-フィントちゃん

そしてフィントちゃんも金曜日からお泊りに来てくれてます。

 

フ「お見合い集団は帰っちゃったのね」

 

フ「うさぎも人間も多くて接客が大変だったなあ」
気を遣わせちゃって。。ありがとうございました。

 

フ「じゃ肩でも揉んでもらおうかしら」喜んで~^^;

 

らんまるくんともお互いをねぎらっているのかな。2人のお陰でうまく話が進むといいね。

 

2人だけの時は、マイペースなフィントちゃんが一人で暴れているのをらんまるくんが見守るほんわか空間に。

 

フィントちゃんもまだ1歳なので走るの大好き、スイッチが入ると大ジャンプもします。

 

子猫の散歩みたいに尻尾がピン、うさぎもバランスを取るのでしょうか。

 

ここに来ると必ずやるお気に入りのトンネルダイビング。

 

フ「バフバフするのが楽しいんだ」

 

フ「もちろんくぐるのも大好き。アタシはトンネルマスターよ」

 

「はいスライディングズザー!」
いつも楽しそうに過ごしてくれてて嬉しい限りです。

 

お客様-らんまるくん

日付が前後しますが、先週の金曜日かららんまるくんが来てくれています。

 

台風で土砂降りだったけどママがキャリーを抱えて濡れないようにしてくれたからセーフでした。
ママはずぶ濡れだったよ。。愛だね。

 

昨年はエンセで足が踏ん張れなくなり体調も安定しない日々が続きましたが、今は少し右足をかばいながらですが普通に歩行できるようになり体調も落ち着いています。

 

相変わらずお友達とラビットランなどで遊んでいるようです。
きっと楽しくリハビリできているのが良いのでしょう。

 

ら「足が上がらないから耳が痒い時だけはイライラしちゃうよね」

 

ら「でも一時期はほふく前進みたいだったのにこんな風に走れるようになって嬉しすぎ」

 

ら「走り出しだけは足がなかなか付いてこないの。笑」
正座で足が痺れちゃったみたいで可愛い^^

 

同日に来たフィントちゃんとは穏やか甘えん坊同士ですぐに仲良しです。

 

昨日の里親会ではコミュ力の高い2人がホストとして頑張ってくれて助かりました。

 

ら「オレたちのおかげで上手くいったって?今日はチモシー増量だな」

 

7歳になってもチモシーはよく食べて腸活は万全、元気なシニアです。

 

部屋んぽも好きだけどケージのマットの上が居心地がいいようでしばらくすると戻ってます。
らんまるくんは無理しない冷静な大人だね。

 

保護うさぎさんに逢おうの会in東京(6月3日)

昨日はうさの木で「保護うさぎさんに逢おうの会in東京」が開催されました。
台風の影響で予定を変更して午後から開始となりました。参加者は里親希望の方はO様とK様母娘の2組。ボラはうたしろさんこけまろさんうさぎのルン太さんらぱんあじるさんとしおんちゃんとツグくん北村さんとしるしちゃん

まずはツグくんが出てきてみんなに自己紹介。
後ろで見守るしおんちゃんとはらぱんあじるさんの所で里親さんを待つ同志です。
しおん「今日はうまくやるのよ」
ツ「愛想の良さなら自信あるよ!」

 

ツグくんは昨年末の都内の多頭崩壊現場から保護されたテレサちゃんの子供です。
まだ5ヵ月で元気いっぱい、初めての場所でも物怖じせずにどんどん行動範囲を広げる探検家です。

 

人と絡むよりは一人遊びが楽しいみたいでみんなの合間を縫ってスルスルと走り回ります。

 

ツ「可愛い女の子だな、愛想よくアピールしちゃおう」
そっちじゃないよ~ツグくん、今日の趣旨を間違えてるかも。

 

仕方ないのでらぱんあじるさんが一旦抱っこで捕獲。

 

らぱんあじる家に行くと何故かみんな抱っこOKになります。何の魔法でしょうか。

 

O様に渡されてさっまでとは別うさぎのような大人しい抱っこうさぎさんになりました。

 

K様の娘ちゃんにも抱っこされて親子と交流。O様もK様もうさぎ経験のあるベテランです。
娘ちゃんはツグくんにすっかり夢中でケージに戻ってからもずっとなでなでして仲良くなっていました。

 

次はしおんちゃん
しおん「あらヤダ、アタシったら注目されすぎィ」

 

しおんちゃんは2021年3月に佐渡ヶ島で保護されてから7匹の赤ちゃんを産んで育てたパワフルなお母さんです。

 

リストバンドみたいな謎の模様とポテポテの体型が可愛らしい。

 

昨年までうさの木に居たせっかちゃんに似ていますが性格はしおんちゃんが断然穏やかで、初対面のらんまるくんともお行儀の良いご挨拶ができました。

 

もちろん抱っこもOK。O様は実はしおんちゃん推しなので抱っこして思わずスリスリ。

 

しおん「あっいきなり顔が近いですよ、もっとお互いよく知り合ってから。。」

 

しおん「危ない危ない、唇を奪われるところだったわ」
白目剥いてるけどトライアルでは覚悟しなくちゃ^^

 

そして最後は緊張してケージの奥で固まるしるしちゃん
しるしちゃんもツグくんと同じ現場から保護されたむぎちゃんの子供で5ヵ月です。

 

しるし「ここで交流するだけじゃダメかしら」
普段はケージに飛び乗ったりする元気娘と聞いているけど、内弁慶?笑

 

でもみんなが諦めて気にしなくなった頃にモソモソ出てきました。

 

しるし「皆さん、しるしちゃんが登場しましたよ~」

 

しるし「みんな雑談しちゃってアタシへの興味を失っとるやん」

 

しるしちゃんもおっとり穏やか。
北村さんのお家の先輩うさちゃんともだんだん仲良くなっているようです。

 

しるし「放っておかれた方が気楽だけど、アタシの希望者は居ないのかい?」

 

でもその後でK様のお耳マッサージ攻撃を受けてバッチリ仲良くなってました。

 

しる「ふう、とりあえず役目は果たしたかしらね」

 

みんなに良いご縁が繋がりますように!