お客様-おはぎちゃん

こちらは2回目のお泊りで来てくれたおはぎちゃん。

 

昨年10月に来たときは太っていて体がモコモコしていましたが、今回はダイエットの成果が出てシュッとしたレッキスらしくなりました。

 

おはぎちゃんはビビリではないのですが慣れるまでに時間がかかるタイプ。
不審そうな顔をして積極的には出てきません。

 

お「女の子は慎重すぎるくらいでいいのよ」
まずは安全なトンネルに入って辺りの様子をうかがって

 

お「キョロキョロ」

 

耳のアンテナもしっかり立てて緊張しています。

 

そしてそっと抜き足差し足で出てきます。

 

お「そんなアタシを待っていたのは穏やかシャイニーちゃんだけだったわ」

 

お「お互いマイペースでいきましょう」

 

お「そんなに警戒しなくても良かったな」

 

ダイエットのお陰か以前より活発に走ったりジャンプもするようになりました。
お腹のアーチがステキ。

 

お「仰天チェンジしちまったな」

 

お客様-どんどんくん

今週末は3回目のお泊りのどんどんくんが来てくれました。

 

1歳になったばかりですが毛もツヤツヤでガタイもよく貫禄たっぷり。

 

若い男子なので特に他のみんなの匂いが気になるところです。

 

ど「もれなくオレの匂いを上書きしなくちゃ」

 

ど「もう床一面にスリスリしちゃう」
モップでお掃除?ご苦労さまです。

 

ど「今回はお客さんが少ないのね」

 

ど「まあ誰とも張り合わなくていいから気楽だな」

 

ど「シャイニーちゃんからは空気扱いなんだよな。。」

 

ど「しょうがないから一人遊びでもしよう」

 

どんどんくんは体は大きいですがやることはまだ子供っぽいのです。

 

タオルに絡んでくぐったり引っ張ったりしているだけでも楽しそう。

 

上手に頭に被せてなでてもらってる気分かな。

 

ちょも太くん、お月様へ

1ヵ月ほど前ですが1月18日にちょも太くんのママさんからご連絡があり、朝方にちょも太くんが旅立ったことを知らされました。
前日までよく食べて、最期はご家族の見守る中息を引き取ったそうです。

目も見えずほとんど動けない状態になってから半年、環境の変化にも負けず、気力を失わず一生懸命生きようとしたちょも太くんのファンは多いのではないでしょうか。人間だったら何年ものあいだ暗闇で寝たきり。。ですもんね。よく心が折れなかったなと尊敬してしまいます。

 

今は久々に目も見えて走れるようにもなって自由に動ける生活を満喫しているかな。

昨年7月、うさの木に来たばかりの頃のちょも太くん。まだ自力でしっかり立って食べてますね。

好き嫌いなくいつでもモリモリ食べてくれてありがたかったよ。

 

表情が豊かでお茶目なちょも太くん。
ペレットが気に入らないと鼻で押しのけたり、お腹が一杯になるとorzのポーズでうなだれてたりと自己主張もハッキリしていてわかりやすい子でした。

何故か他のお客さんたちもちょも太くんには温厚に対応してくれて、警戒心を起こさせない不思議な力があったのかもね。

 

それから10日ほど経ってちょも太くんから使いきれなかったうさぎグッズのプレゼントが届きました。
あまり普通は推奨しないような高カロリーおやつやアルファルファのペレットも高齢で痩せているちょも太くんには丁度よかったね。いつも真っ先にドライフルーツにがっついてたな。

ちょも太くんを思い出しながら大切に使わせていただきますね。ちょも太くんに会えてよかったよ。ありがとう。

 

お客様-紗英くん

そして年末年始も来てくれた紗英くん。

 

いつも水を浴びたようにビチャビチャ。他の子が部屋んぽをしている間ケージにへばりついているのでボトルの水が頭に垂れてしまうのです。

 

待ちに待った部屋んぽ、早速匂いチェックにいそしんでます。

 

紗「クサいトンネルが大好き~」

 

次はメンバーのチェック。紗英くんは他の子との交流もマメなのです。

 

紗「でもシャイニーちゃんとのコミュニケーションは諦めて、と」

 

きなこくんとは温厚な男子同士の見つめ合いが続いています。

 

紗「チュッ」
き「ひゃあっ、何すんの」

 

き「何だか。。不思議な気持ち。。」

 

クッキーくんとも念入りな匂いの付け合い。紗英くんはパーソナルスペースが近めなのです。
き「君たち、近い近い」

 

紗「できれば女の子とがよかったなあ」

 

紗「でも2人には黙っててね」

 

お客様-きなこくん

こちらも常連さん、お目々パッチリのきなこくん。

 

昨年睾丸に発疹ができたので去勢手術したそうです。大変だったけどこれで安心ですね。
いつも一緒だったバーチャル彼女(ボールのおもちゃ)も役目を終えたかな。

 

きなこくんはもう何度も来ているのですがいつも初日はケージから出るのに時間がかかり、部屋んぽのノリもイマイチです。

 

トンネルの中でモジモジしながら様子を伺っています。

 

き「知らない人に囲まれると萎縮しちゃうタイプなのよ」

 

やっとエンジンがかかってきたかな。

 

クッキーくんとのはじめましてのご挨拶もギクシャク。

 

き「男同士だし一応匂いは付けて、と」

 

き「強そうなヤツとはそそくさとサヨウナラ」

 

シャイニーちゃんとも初対面。

 

き「君は何だか僕に似ているね」
並んでいると親子のようです。

 

き「どう?シャイニーちゃんに寄せてみました」
うまいうまい。

 

お客様-ハッピーちゃん

そして年末年始にも来てくれたハッピーちゃん。

 

いつも暑そうに見える2重のマフラーがここ数日の寒さでは丁度いいかもしれません。

 

そしていつ来ても抜け毛が飛び出してるね^^黒毛だと目立つもんね。

 

見つめ合う白黒オセロコンビ。どちらも神秘的でステキ。

 

ハッピーちゃんはマイペースな性格でお泊りにも慣れているので安心です。
昔はよくひねりジャンプをしていましたが遊び方も落ち着いてきました。

 

他の子とはケンカもしないけど馴れ合わないハッピーちゃんは挨拶も形式的。

 

ク「きゃ、相手にしてくれた~」
クッキーくんはハッピーちゃんに構われてはしゃいでいます。

 

ハ「何がそんなに楽しいのさ。。?」

 

ク「わーいわーい」
ハ「体力が余ってるわねえ」

 

ハ「でもおばちゃんはそろそろ疲れたから切り上げて」

 

ハ「お部屋で静かに過ごそうっと」
基本は単独行動が好きなハッピーちゃんです。

 

お客様-みょんちゃん

次は初めてのお客様、4歳のみょんちゃんです。
元は寺っ子でヨンちゃんというお名前でした。

 

先日ここで亡くなってしまったルーキャスくんとも親戚ですよね。
みょんちゃんは寒がりだそうなので気をつけないと。

 

ビビリの子も多い寺っ子ですがみょんちゃんは割と肝が座ったタイプ。
大きな体で初日からノシノシと練り歩いています。

 

他のウサギさんにも挑発的。

 

み「こんなときに備えて普段から鍛えているのよ」
確かに盛り上がったたくましい広背筋。。

 

外泊先でもトレーニングは怠らないようです。

 

み「左の頬をぶってからの~」

 

み「右のチェストもアチョー」

 

み「最初の対戦相手はアナタかしら」

 

み「あら、全然無防備なうえにアタシが大好きみたい」

 

み「筋トレの成果をお見せするチャンスが無いわね」

 

お客様-クッキーくん

今週末にかけてはお客さんが多くて賑やかです。
まずは10月に続き2回目のお泊りのクッキーくん。

 

こぼれ落ちそうな大きなお目々なのでいつでもびっくり顔です。

 

前回と同様に匂い付けに忙しそう。

 

ク「シャイニーちゃん久しぶり」

 

ク「相変わらずツレないのね」

 

ク「構ってくれないと暴れちゃうぞ」

 

クッキーくんはホリホリ大好き。ケージに居るときもトイレをひたすら掘ってます。

 

ク「おや、向こうにも可愛い女の子がいるみたい」

 

ク「ジイッ。。」

 

ク「しまった、ちょっと目を離したすきにシャイニーちゃんがふて寝してしまった」

 

ク「よそ見しちゃってすみませんでしたあ~」

 

お客様-折返しだよシャイニーちゃん

昨年8月から1年の予定でお預かりしているシャイニーちゃん。
今日でちょうど滞在半年を迎えました。

 

来たばかりの頃は10年暮らした家族と離れ離れになったショックで軽く人間不信になったのか、どこを触ってもキレるし爪切りでも大暴れ。
今ではナデナデされに来たりこんなお茶目な顔でオヤツの催促をするようになりました。

 

シ「食いしん坊なのでオヤツの気配には敏感なのです」

 

たまにブログにも登場しますが昼寝のときは柵に頭を食い込ませて寝ています。
頭痛にならないのかしら?笑

 

シ「適度な刺激で目覚めスッキリ」

 

そんなシャイニーちゃん、最近歯が悪くなってきたようで口の周りが食渣(しょくさ)で汚れるようになってきました。

 

うさの木に来る前から歯の調子が悪く、たまにペレットをふやかしたりしていたそうです。
ペレットはまだ食べるし状態は保っているのかもしれませんがそろそろ心配だね。

 

口角の毛はカピカピになってしまうのでたまに短くカットしています。

 

野菜は切らなくても食べられますが切った方が食べやすいし口の周りが汚れないよね。

 

シ「そうでもなくね。。?」

 

牧草は固いものはうまく食べられないのでケージの中では3番刈りチモシーをあげているのですがシャイニーちゃんは固い牧草が好きなのです。部屋んぽのときには落ちている1番刈りにチャレンジ、噛み切れなくて不満ながらも諦めずにいつまでもモグモグしています。
いざとなったらイタリアンライグラス頼みだけど繊維質が少ないんですよね。

 

治療に関しての通院や細かい判断は飼い主さんにお任せしたい。。あと半年温存してくれるかな。
野菜と柔らか牧草をたくさん食べて頑張って、シャイニーちゃん。

 

お客様-うさくん

半年ぶりくらいにうさくんが来てくれました。

 

久しぶりとはいえ何度も来ているので、慣れっこです。すぐにタオルと戯れて遊んでいます。

 

トンネルにもさっさと匂い付け。

 

顔が丸っこいうさくんはトビネズミみたい。

 

う「はじめましてシャイニーちゃん」

 

リス顔のコンビです。眠いのかダルそうに対応するシャイニーちゃん。

 

それを優しくカリカリしてあげる愛想のいいうさくん。

 

う「シャイニーちゃんたら反応うす~い」

 

う「まったく、オレの顔が童顔だからって子供扱いして」

 

う「オレが本気出したら大人の魅力にまいっちゃうぜ」

 

う「シュッシュッ、シャイニーちゃんオレと勝負だ」

 

う「え、そういう意味じゃないって?」

 

う「オレも違う気がする」