お客様-ペペくん

こちらも初めてのお客様、2歳のペペくんです。

 

ペ「ブン所長にそっくりだって?」

 

ペ「この毛並みふっくらツヤツヤの美兎ペペ様にそっくりとは」

 

ペ「どれどれ、どんな所長さんかしら?」

 

ペ「うーん、オレの方がちょっとだけ可愛いかな。。」

 

シナモンくんはペペくんが嫌いじゃないのか、気づいていないのか。

 

あちこちに転々とグレーっ子祭りになってます。

 

ペ「グレーもいいけどブロークンの女の子も可愛い子ね!」

 

はじめて来た場所で初対面のうさぎさんたちにも気軽に絡む社交的なペペくん。

 

ペ「でも他の子の匂いは許さない」

 

もはや耳がなくなっちゃっても可愛いペペくんです。

 

シナモンくんは失礼してオシリでご挨拶。

お客様-めろんくりーむちゃん

こちらははじめてのお客様めろんくりーむちゃん。6月に生まれたばかりの赤ちゃんです。

 

飼い主さんは先代うさちゃんが亡くなられてから当分の間次のうさぎをお迎えする予定はなかったそうですが、ペットショップで生後1ヵ月にも満たない状態で売られていためろんくりーむちゃんを見て「これでは死んでしまう」と思い、ついお迎えしてしまったそうです。
犬猫以外にも販売の週齢規制を適用してほしいもんですね。

ただお迎えする前から既にご予定があったそうなので、今回は特別にお預かりしました。
(生後半年くらいはお家にいた方が体調的にもメンタル的にも安定しますので、基本お預かりはそれくらいからでお願いします)

 

初めての場所でも迷いなく出てきます。子ウサギは好奇心旺盛ですね。

 

小さいながらも一人前に匂いチェック。

 

ピーターの映画に出てきそうな美人さん。

 

シャッキリし過ぎなうたっちも独特です。

 

赤ちゃんがいるとみんな興味津々で集まってきます。人間と同じですね。

 

め「進撃のシナモンさんだあ!」
この顔の大きさはびっくりするよね。

 

12歳の月くんとは年の差コンビながら心を通わせてます。

 

やんちゃな孫と、それを見守る優しいおじいちゃんといった感じでしょうか。
めろんくりーむちゃんも優しい飼い主さんに救われたお陰で素敵な兎生を送れそうですね。

 

ちっちゃくてチョコチョコしてて踏みそう^^

お客様-とろろくん

次は4月にも来てくれたとろろくん。

 

くりくりチロ目の男の子です。

 

見た目に反して気が強いので

 

平気でシナモンくんにも突っかかっていきます。
シナモンくんの方はちびっ子は眼中にないみたい、というか最近ほとんど寝てますね。。

 

シナモンくんの大人の余裕に助けられてます。
と「オレさまにビビって手も足も出ないようだな」

 

手も足も一番短いとろろくんが威張っています。

 

と「クンクン、こっちにもライバル発見」

 

と「おじいちゃんか、全然恐くないもん」

 

と「ほわちゃあ! とろろパンチを受けてみろ」

 

と「よし、全員倒したかな」

 

みんなにやんわり流されていることに気づいていない幸せなとろろくんです。

 

みんな子供に優しいね。

お客様-月くん

次はおなじみ、月くん12歳も来てくれました。

 

先日、長い間一緒に暮らしていた保護っ子のミミリちゃんが里親様の元に引っ越ししてからはずいぶん老いを感じるようになったそうです。

 

月「女の子が側にいないと張り合いがないよね」

 

久々に女の子に会って嬉しいのか尻尾がエビ反っちゃってます。

 

む「おじいちゃん、何かこわい。。」
月ちゃんの濃厚すぎる絡みにむぎちゃんは引いてしまいました。

 

とろろくんにも匂い付け。
月「若いもんには負けんぞ(ちっちゃいし)」

 

月「流石にこれは負けそう。。」

 

月「バレないうちにに匂い付けておこう」

 

スピードはのろいですが、走ったり

 

ホリホリしたり

 

背筋もピンとしてまだまだ元気な月おじいちゃんです。

 

月くんは誰に対しても穏やか。

お客様-むぎちゃん

連休の最初のお客さんはむぎちゃん。

 

うさの木には慣れっこなので至って平常心。

 

部屋んぽになれば得意のモデル歩きで登場するむぎちゃん。

 

む「モデルちゃいまんがな、ビシッ」
細かいところを拾ってつっこんでくれる優しいむぎちゃんです。

 

ノってくると走りながらカッコよく連続ジャンプを見せてくれる元気娘。

 

そして休憩中はちょっとおぶす。

 

匂い付けも丁寧に、あごフェチにはたまらない萌え萌えアングルです。

 

む「アタシとチューしたいって? お高いわよ」

 

む「何か幸せそうなのがいるわね」
シナモンくんは眠欲に負けています。

 

こちらでむぎちゃんと絡みたがっているのは月おじいちゃん。

 

月くんを嫌いな女の子はいません。
2人「こんにちは、チュッチュ」

 

む「しまった、安売りしてしまった」(いつもじゃないか?)

 

夏バテ知らず。

お客様-りんちゃん

黒太くんと同日に来てくれたのはこちらもおなじみのりんちゃん。

 

弟分のレンくんは数日前にプチうっ滞になってしまい、ほぼ回復したそうですが今回は大事をとって病院の方でお留守番です。

 

普段お家でのりんちゃんはレンくんに対してジャイ子なみに威張りんぼうらしいので、たまには離れてみるのもいいかもね。しっかり部屋の匂いをチェックしてから、

 

のびのびと一人を楽しんでいます。

 

疲れたら誰にも気兼ねなくのんびり。

 

気の強いりんちゃんはシナモンくんにも威嚇していましたが、すぐに敵わないと悟ったようです。
この体格差じゃねえ。。

 

逆にシナモンくんの甘えん坊攻撃にすっかり戦意喪失させられていました。

 

り「仕方ないなペロペロ」
りんちゃんがこんな事するのは珍しいです。

 

り「え、満足して寝ちゃったよ」

 

り「失礼な男ね!」

 

2人「まねっこしないでよ~」

お客様-黒太くん

次に来てくれたのは常連の黒太くん。

 

最初はちょっと緊張してましたが、すぐにいつもの部屋を思い出してくれたようで牧草を食べたりしてリラックス。

 

黒「慣れてるといってもやっぱり人の家は緊張するのよ」

 

黒「出ようか出るまいか考え中」

 

黒「意を決してヒョイッと」

 

黒「ここには他のうさぎもいるらしいから匂いチェックをしなければ」

 

黒「くさくない。。!」

 

黒「どれどれ、オレだけの部屋なら好きに使わせてもらおうか」

 

黒「なんてね~大人しくいい子にママを待ってるよ!」

 

サラダ菜を不審がる黒太くん。

お客様-メリー(メリ太郎)くん

久しぶりのお客様は始めてうさの木に来てくれたメリーくん。
女の子だと言われたので「メリー」と名付けて飼い始めたら男の子だったそう。。なので普段は「メリ太郎」と呼んでいるそうです。
先月来てくれた明音(あかね)くんと同じパターンですね。

 

とても神経質で臆病なメリ太郎くん。今までのお客さんのなかでも1・2位を争う怖がりさんで、来たときはガチガチに固まっていました。

 

かなり遠くから撮影してもカメラのシャッター音が気になってドキドキ。
ご飯も私が見ていると食べません。

 

少し外が気にはなるようですが。。

 

写真の撮れ高のためにちょっと抱っこして出てもらいました。

 

メ「帰る~!帰る~!」

 

飼い主さんがとても心配していましたが確かにメリ太郎くんにはお泊りはかなりストレスかもしれません。今度来たときはもう少し慣れてくれるといいな。

 

この後はケージにINしてました。

ブン所長、抜け毛に悩む

早々と梅雨明けしたせいで本格的に夏っぽくなりました。このまま3ヵ月近く暑いのかと思うとうさぎも人間もうんざりです。
ブン所長は今年は6月に入ってから少し遅めの換毛が始まりました。
その後、換毛している途中に更に次の換毛が始まってしまったので、今回は今までで一番抜け毛の量が凄かったです。
所長は普段はあまりブラッシングなどしないのですが6月中はほぼ毎日。
今はお尻に少し毛が残っているくらいで大分落ち着きました。

 
 

1回目の換毛が腰まで進んだ状態①で、脇腹から2回目の換毛が始まっています②。
色の濃い部分は新しく生えた毛、毛先が薄いのが古い毛です。アグーチ系のうさぎの毛はなぜか生えたばかりの時は濃い色をしていて、伸びてくるとだんだん薄くなっていくので換毛のプロセスが解りやすくなっています。

 

あまりの激しい換毛のせいでウエストにくびれができたセクシー所長。
うさぎさんは高齢になるにつれ換毛が激しくなる気がします。人間のように加齢で抜け毛の方が多くなってくるというのもあるでしょうし、だんだん毛づくろいが雑になって抜け毛の手入れが間に合わなくなるのかもしれません。

実際歳をとると被毛が減って薄毛になるので若いときよりは暑さに強い反面、寒がりになってきます。
10歳くらいになったらTシャツ+トレーナーくらいの体感じゃないかな。(主観的ですが^^)

 

それにしても今回はやけに激しいので病気じゃないかと心配になってしまいました。

うさぎが脱毛する病気としては
◎寄生虫(ダニ)
◎ビタミン欠乏症
◎皮膚糸状菌症
◎皮脂腺炎
◎皮膚リンパ腫
◎ホルモン疾患
(未避妊のメスの巣作り目的の毛むしりだけでなく、未去勢のオスも強皮症様症状がでて脱毛することがあり去勢手術で治るらしい)
こちらストレスで脱毛していた頃の所長。

所長は痒がっている様子はないしフケもなし、皮膚が炎症している様子もなし、腫瘍らしきものも見当たりません。
ホルモン疾患は未去勢・未避妊の子の話なので避妊済みのブン所長はクリア。
ビタミン欠乏症に関しては見た目では解りませんが。。
換毛中は普段よりタンパク質を多めにとったほうがいいと言われていますが、所長は換毛し始めてから食欲が旺盛で、ここ数年はオーツヘイばかり食べてあまり手を付けなかったチモシー1番刈りもよく食べるようになりました。
ビタミン欠乏はしてないんじゃないかな?

牧草はお腹の中の微生物により発酵して、うさぎさんはそこで増えた微生物やその生産物からタンパク質やビタミンを摂取していますから牧草をたくさん食べればタンパク質・ビタミン補給になるのです。
野菜だとアシタバ・しそ・パセリ・ブロッコリーなどがタンパク質多めですよ。

 

生野菜を食べると酵素の働きでタンパク質の吸収率が良くなり野菜から摂れる水分は毛球症の予防にもなります。
パパイヤ・パイナップル・マンゴーなどの南国系フルーツもタンパク質分解酵素が多いことで知られています。

干したフルーツもいいですが、お腹の中で水分を持っていかれますので消化酵素や毛球症予防の効果を期待するなら生のフルーツをおすすめします。どうしても必要なものではないし糖分が多いのでうさぎさんの体調と相談して少量をあげるようにして下さい。
所長は「キウイはオヤツじゃなくて毛球症予防のために食べているのだ」と言い張っています。

参考資料(HP)
Medirabbit:Case report: Bilateral symmetrical alopecia in an unaltered rabbit
Medirabbit:Hair loss (alopecia) in rabbits


お菓子のビニール袋を追いかけて荒ぶるブン所長。

シナモンくんの面会 2

みんなが帰ってお客さんはシナモンくん1人になりました。
男の子が多くてザワついていたのでちょっとホッとしているようです。

 

シ「お客さんが多いと部屋んぽでも遊びに集中できないのだ。トンネルも汚れちゃうし」

 

シ「それでもまだ残り香が気になってチェックしちゃうよ」

 

シ「うわっ男くさ~」

 

シ「クンクン。おや、この匂いは。。」

 

シ「ママだ~!」 今日はママさんが面会に来てくれたのです。

 

早速あっさりとお姫様抱っこ^^されるがままのシナモンくんです。

 

シ「オレがいつまでもお姫様だと思うなよ」

 

大好きなママさんに会えてはしゃぐシナモンくん。嬉しそうな顔で飛びついています。

 

でもあまりのしつこさにママさんもちょっと引き気味。

 

シ「おやつのバナナがきたからちょっと待ってて。。」 あっさりバナナに浮気する男です。

 

今日はママさんがアルミプレートを差し入れてくれました。最初は慣れないのでお手手だけ。

 

小型犬用だそうです。シナモンくんにはちょうどいいサイズですね。

 

夏毛なのにモフモフの暑がりシナモンくんはすぐに上手に使いこなすようになっていました。
今週は暑くなるみたいなので、ママのおかげでひんやり気持ちよく過ごせるね。