タグ別アーカイブ: ハッピーちゃん

うさぎの被毛遺伝子

先週泊まりに来てくれたピップくん。この写真は8月に来てくれた時一緒になったハッピーちゃんとのツーショットです。ハッピーちゃんのほうが2歳年上ですが2人は同じペットショップチェーンの出身。

私が勝手に「2人は姉弟!」と言っているだけなのですけどとてもよく似ています。

地方のブリーダーの元で違う年に生まれて、それぞれ面識のない飼い主さん達の家の子になった姉弟が、もしここでたまたま偶然出会えたのかもしれないと思うと興奮してしまうのです。

「姉弟」と仮定して。。ですが、ご両親はどんなうさぎさんたちなのかな?

うさぎの被毛の遺伝子の種類は10種類以上あり「c」アルビノ(白色・赤目)や「l」アンゴラ(長毛)、「d」ディルーション(毛色を薄くする)などが複雑に組み合わさって色を決めています。その中でパターン(模様)遺伝子(Aシリーズ)の表れやすさは アグーチ(A)> タン(at) > 単黒色(a)となっています。
「アグーチ」とは一本の毛が3色以上に色分けされている毛色(チェスナットやチンチラなど)、「タン」は背中側は濃い色で、目の周り・顎の下・腹が白くなっている毛色(マーチンやオター)を表しています。

記号 遺伝子名/遺伝子効果
A light belied agouti/灰色、腹側は白(アグーチ)
at black and tan/背は黒、腹は白(タン)
a non-agouti/単黒色
・・・以下略
町田修「新うさぎの品種大図鑑」より一部抜粋
 

私は遺伝子についての知識はないのですが、「a」は「潜性遺伝子」なので持っていても表れにくい遺伝子ってことですね。両親からそれぞれ「a」遺伝子をもらって「a-a」の組み合わせにならないと子供は黒単色になりません。
(最近、日本遺伝学会が遺伝子の表れやすさを「優性」→「顕性」、「劣性」→「潜性」と変えたようなので早速使ってみます^^)

もちろん両親ともに「a-a」遺伝子を持つ黒単色なら子供は全員黒単色なのでわかりやすいですが、ハッピーちゃん&ピップくんの場合、片親もしくは両親ともに「a」を持った違うカラーの子だった可能性もあります。この2匹からは両親の毛色の推測は難しい、というか無理ですね。
ピップくんはややシェイデッド(鼻・耳・手足・尻尾の色が濃いグラデーション)っぽいですがこれはまた別の遺伝子、恐らくE(Extention)シリーズの作用かな?と思います。


里親募集でお世話になっているイブさんの飼っている元保護うさぎクロちゃんは「ブラックシルバーマーチン」というタン系(at)のカラーなのですが、保護された後で産んだ6うさちゃんの内訳がチンチラ3匹・単黒色3匹と、全員が母親のクロちゃんとは違うカラーになっています。
単黒色を産んだのですからクロちゃんは「at-a」の組み合わせの遺伝子を持っているということになります。

ちなみにそのうちの1匹がうさの木に時々来てくれるリリーちゃん。
チンチラの被毛のアグーチ(A)はお父さん側から受け継いだのでしょうか。

リリーちゃんはお母さんのクロちゃんより体も大きいし、お父さんは体の大きいチンチラだったのかもしれません。

 

所長もアグーチのチンチラですし、野うさぎの毛色のチェスナットもアグーチ、大久野島のうさぎさんたちもアグーチが多いです。

どんな毛色で生まれるかは野生のうさぎにしてみれば命にかかわる重要なことですもんね。
こうした保護色っぽい茶系やグレー系のアグーチが顕性で現れるのは当然かもしれないです。

 

(色々書いてますが、私の調べた範囲の予想なので間違ってたらお教えくださいm(_ _)m)


それにしても被毛の遺伝だけでも複雑なのに、耳が垂れてるとかお尻が丸いとか温厚で懐っこいとか。。体格や性格や体質の遺伝子まで考慮して交配させているのだから、ブリーダーさんはきっと相当勉強していらっしゃるんでしょう。

最近では帝王切開でしか出産できないブルドッグや、骨軟骨形成不全症のスコティッシュフォールドなど、「人間から見て望ましい」身体的な特徴を重んじた交配の結果、遺伝子疾患に苦しむペットが増えていることが問題になっています。要は奇形や病気なのだから治療したり心配するところであって、可愛い~なんて言って増やしちゃマズいのですね。

今回、うさぎの遺伝子について調べている中でも、純血のネザーランドドワーフ同士をかけ合わせると1/4の確率で「ピーナッツ」と呼ばれるたいへん小さな子が生まれて、数日で亡くなってしまうのだと知り、悲しくなりました。

人間でも昔はハプスブルグ家のように近親結婚を繰り返し、不正咬合や虚弱体質、知的障害を持った子供が続出した歴史があるようです。
今では人間の近親者同士の結婚は当然のように避けるのに、これが動物になると急に「血統の保持」とやらで近親交配が素晴らしいことのように扱われるのは謎です。

遺伝的な特徴を増幅させればプラス面もマイナス面も顕著になり、いつかその生物の「自然な状態」から離れて元に戻せなくなってしまうのでしょう。
みてくれ重視で作為的に産まれる不幸な動物達が今後増えませんように。

参考資料(HP)
町田修「新うさぎの品種大図鑑」
Nature Trail/Rabbit Genetics
ブルドッグwiki
スコティッシュフォールドwiki

お客様-ピップくん

そして体つきも良く、すっかり大人っぽくなったピップくん。

 

去勢手術をしてからトイレが上手に使えるようになったそうです。頑張ったね。

 

ピップくんとハッピーちゃんは同じショップの出身です。顔もソックリだし、もしかして姉弟?
同じ匂いを感じるのか、お互いにまじまじと観察しています。

 

ピップくんは人にもうさぎにも友好的な性格ですが、ハッピーちゃんはあまり他の子と仲良くなることがないのでこんなに好意的に接するのは珍しいです。

 

黒うさぎ達はカッコイイけど表情がわかりづらい。笑

 

先月1歳になりましたが、まだ子うさぎらしくはしゃいでいます。

 

カメラを向けてても豪快にゴロンチョ。

 

黒い顔にチロ目が可愛らしい。

 

すぐにリラックスしてくれてありがたいです。

 

ハッピー姉さんと仲良し。

お客様-ハッピーちゃん

そしてこちらも何度も来てくれているハッピーちゃん。

 

いつもツヤツヤなハッピーちゃんですが今回は被毛の様子がおかしいです。
今の時期は皆さん換毛祭りなんですね。

 

尻から出ているチョロ毛を見るとたまりません。きっとブラッシングして欲しいんですね。

 

こちらもプンプンにお怒りですが大収穫。ハッピーちゃんはアンダーコートが真っ白なので抜けた毛はグレーなのです。

 

脇腹だけスッキリしたのでオムツはいてるみたいなマヌケな姿になってしまいました。

 

「セレブっぽいビジュアルが自慢なのにショック。。」

 

「そこの一般庶民、あ、遊んであげようか。」

 

「フフ、結構楽しいじゃん。」
機嫌が直ったようでよかったです。

 

後から来たピップくんとは仲良くご挨拶。
何だか自分と似た子が来たので気になっているハッピーちゃんです。

 

ハッピーちゃんとピップくんと所長。

お客様-ハッピーちゃん・なみだちゃん

あけましておめでとうございます。
昨年は大勢のお客様にご利用いただきありがとうございました。
私自身、勉強になることも多々ありました。
そんな経験を活かして、これからもうさぎさんにより快適に過ごせる空間を作っていきたいと思っています。
今年もよろしくお願いします(^o^)/

続いてまだ年末のお客様紹介します!常連さんのハッピーちゃん。

 

日向にいるとツヤッツヤ。

 

何となくいつもモデル立ちなのです。

 

日向と日陰で大分印象が違います。新種の生物みたい^^

 

そして6月に来てくれた元寺うさぎのなみだちゃん。

 

誰の遺伝子か、寺っ子らしくない体格の良さです。

 

でもとても怖がりさん。他の子の足ダンやホリホリの音は苦手なようです。

 

みんな威圧的な態度はやめて!ビビリなんだから。笑
体は大きいけどハートは小さめのなみだちゃんです。

 

ふたりとも来たばかりでまだ恐る恐るです^^

桃太郎くんママと再会

先日お家に帰ったハッピーちゃん。
160823_02

 

パパさんがこれから少しずつチモシーのペレットに切り替えてくださるそうなのでこれで赤色チッコが改善してくれるといいですね。
160826_03

 

そしてしばらくの間いろんなお客さんたちに翻弄されていた桃太郎くん。
160823_01

 

なんと昨日ママが面会に来てくださいました!ワクワク
1608019_04

 

3ヶ月以上ぶりの再開に感動してヒシッと抱き合うママのO様と桃太郎くん。
160831_01

 

思う存分スキンシップを楽しむ2人。さすがにママさんは扱いが上手です。不安定に見えますが桃太郎くんは慣れていて非常にリラックスして抱っこされています。
16083102

 

O様はとてもお元気そうでしたがまだ本調子ではないことと、桃太郎くんの通院もあるのでもう少しお預かりしてからお家に帰ることになりました。
9月中にはきっと帰れるね。
160831_02

 

ママが早く回復しますように。
1608019_05

 

それまでいい子で待っていよう。
1608025_03

 

ママが帰った後はちょっとブルーな桃太郎くんです。
160822_04

 

あくびの後はヌルヌル出てくる桃太郎くん。

既成のトンネルに飽きた?ハッピーちゃん。楽しそうだけど絵面は地味だね!

ハッピーちゃん、シッコが赤い?

先日からお泊りしてくれてるハッピーちゃん。
160821_02

 

とっても元気なのですがちょっと気になることがあります。
160820_05

おしっこが結構赤いのです(クリックすると元画像が出ます)
160823_09-1

そもそもうさぎさんの尿は出てから時間が経つと褐色オレンジっぽくなることが多く、ハッピーちゃんのも出た瞬間から赤いわけではないのですがそれにしてもちょっと赤みが強い気がします。
排尿を痛がっている様子はないし、お水も150cc/日くらいは飲んでいて(体重は1kgくらい)上の画像は約半日分の量、濁りはありません。
パパのN様も気になっているようです。
160823_08

うさぎの尿が赤くなる主な原因としては
・食べ物の色素成分(アルファルファなどのマメ科に含まれるポルフィリン、ニンジンなどカロテン)
・腎臓・膀胱など泌尿器系の異常
・子宮疾患

があげられます。

ハッピーちゃんは今のところアルファルファが主原料のペレットを食べていて、そして未避妊です。
もしかしたらどちらかに原因があるのか、ないのか。。
とりあえずもう2歳だしチモシーの牧草もよく食べているので今後はペレットを少しずつチモシー原料のペレットに切り替えていくと改善するかもしれません。
ペレットを変えてもまだ赤い尿が出るようだったら尿を容器などに採取して1度病院で検査してもらったほうが安心ですね。
3歳くらいまでに避妊手術を受けるのもおすすめです。

最近ではメスのうさぎさんの避妊手術をする方は多くなってきました。
一年中妊娠可能なうさぎはエストロゲンの影響で子宮疾患になる確率がとても高く、高齢になると半数以上が子宮疾患にかかるとも言われています。
元気な子に全身麻酔をして開腹手術をするのはもちろん抵抗を感じるのですが、「健康に長生きさせるためにリスクの高い臓器を取ってあげる」と考えると少し気が楽かもしれません??
女の子は大変ですね(´Д`)
160821_01


もちろん異常があるときは病院に行くのが一番ですが、普段お家でもチェックしたい方はテルモの「ウリエースkc」で血尿検査ができます。
GIGAZINE「尿糖・尿たん白・潜血がたった30秒で即座に判定できる尿検査紙「ウリエースKc」を試してみた」
kc_ph001
人間用の試験紙ですが10回分が1000円くらいで買えますので日頃のチェックに使うのにはいいかもしれません。


登場の仕方にハッピーちゃんの美学があるようです。4年後が楽しみなジャンプ!

お客様ーハッピーちゃん

花菜々ちゃんはママとお姉ちゃんがお迎えに来て無事に帰りました。
もうお泊りは慣れたのか終始落ち着いて過ごしてくれてありがたいです。
160813_09

 

私の右側に誰かいるんでしょうか? 怖いですね。。
160813_14

 

そしてちょうど花菜々ちゃんと入れ替わりに、4月にも泊まりにきてくれたハッピーちゃんが来てくれました。
先月で2歳になりましたよ。
160816_06

 

相変わらずおめめパッチリ美人の女の子です。
160818_01

 

マリンちゃんとは大きさも佇まいも別の生き物のよう。
160817_04

 

こんな体格差があるのにマリンちゃんを挑発します。怖いもの知らずですねえ、勝ち目ないよ?
160818_03

 

桃太郎くんともバチバチ。可愛い顔から想像できない高速パンチを出してくる勝ち気な女の子です。
160815_01

 

誰とでもやり合うわりにすぐどうでもよくなるのが桃太郎くんのいいところ。
にしてもハッピーちゃんの毛のツヤツヤっぷりは凄いですね!
160816_03

 

怖いもの知らずなおチビちゃん。

お客様-ハッピーちゃん2

昨日お帰りになったハッピーちゃん。
もう1歳半過ぎていますが部屋んぽでは子うさぎっぽさ全開ではしゃいでいます。
160409_04

 

外の様子にも興味津々。
160409_02

 

君はモデルになれそうだね。
160409_08

 

カバ顔の所長とは別の生き物のよう。
オバちゃん所長の挑発にも結構ノリノリで合わせてくれます。
160409_11

 

すばしっこくてなかなか撫でさせてくれません。たまに付き合ってくれますがまだ若いし遊びの方が優先なんですね。
160409_09

 

N様はペレットの量を調整して体重管理をしているそうで、ハッピーちゃんの健康と快適な生活のために飼育環境にもとても気を遣っています。
最初からオヤツや野菜をあげない方針はお腹のためにはいいと思われますし、味を知らなければうさちゃんもストレスになりません。私もお話を伺ってとても参考になりました。
箱入り娘のハッピーちゃんまた遊びに来てね。
160409_18

 

黒いので全く表情が見えませんが楽しそうでしょ。

タロウくんご帰宅/お客様-ハッピーちゃん

傾いた首の下側の目がずっと涙目なタロウくん。
160402_1

 

こっちをよく見たい時はわざわざ左目で見ます。グルッとね。
160402_3

 

何か文句でも?イヤイヤ。タロウくんは表情や仕草が何ともおちゃめで可愛いのですよ。
160402_5

 

目頭の毛がカピカピになってしまうので水拭き(たまに目薬)しています。
慣れているのかとても大人しくいい子にしてくれます。
160405_01

 

5歳を過ぎてそろそろシニアのタロウくんですが牧草もよく食べて元気です。
無事にママのところに戻りました。また来て下さいね!
160331_7

 

タロウくんと入れ替わりに来てくれたのは新規のお客様、ハッピーちゃん。
1歳の女の子です。こちらもネザーミックスかな。
160406_1

 

野菜はあげずに牧草と1日1回のペレットで育てているというパパのN様。何というヘルシー食生活。
(所長も野菜減らすかなぁ。。キレるかなぁ。)
160406_3

 

マフマフじゃなくてプリッとした首元の肉垂が特徴的。
160407_1

 

黒うさぎも真っ黒な子はまた雰囲気が違いますね。
まだちょっと緊張気味なのですが部屋んぽはそこそこ楽しいようでケージに戻そうとすると軽やかなひねりジャンプやうさパンチでかわされます。
なかなか強気な女子のハッピーちゃん。このツンツンがデレたらきっと可愛いんだろうな~^^
160407_2