ブン所長、ヒマに慣れる

こんにちは、お久しぶりです。

6月中はお客さんが来なかったこともあり、ブログも書かずにサボってしまいました。。

ブン所長は昨年夏からの鼻づまりは大分回復したものの完治せず、まだ時々クシャミの発作を起こしていますが元気です。

 

むしろ今の誰にも惑わされない静かな生活を満喫している様子。

梅雨の合間の晴れた日には外に出て走り回ったり、

 

怪しげな草を食べたり。

春先には食欲が落ちて痩せていたので「老化のせいかな」と思っていましたが、また盛り返してぽっちゃりしてきました。

若い時より野菜の好き嫌いがなくなって何でもよく食べます。

 

門を開けて勇気を出して冒険の旅に出たりもしています。

 

外の世界に目を輝かせる所長。

キラキラと好奇心でいっぱいなのですが半径5mくらいが限界です。

 

そして帰ったら泥のように寝ています。

コロナの事情なんて関係ない所長にはこんな刺激のない毎日もいいのかもね。

 

ところで今年に入ってから所長のお昼寝マットをリニューアルしました。以前から愛用していたアイリスオーヤマの低反発ペットマットがボロくなってしまい、新たに購入しようと思ったらもう生産していないようで見当たらず。。

ちょうど所長も段差が苦手になってくる年頃だし、もう少し厚みのあるものに変えようかなと思い、探してみました。

 

下の黒っぽいのはアイリスのフリーマットの90✕45cm、その上にsusuを重ねて、今は暑くなてきたので冷感のベッドパットを三つ折りに縫ったものをかぶせています。

ベッドパッドの1/3くらいで折って両サイドを縫えばすっぽり入ります。

冬は起毛のベッドパットに変えれば年中快適。

 

サンコーのイージーホーム(キャスターなし)でこのくらいの段差。

出入りしやすくなったし、寝心地も気に入ったのか結構ゴロゴロしてくれます。

来年は2枚重ねてもう少し高くしようかな。

 

お出かけは勧められないご時世ですが、うさの木は一応存続しておりますので、機会がありましたらぜひご利用下さいね。

ブン所長ともども楽しみにお待ちしております!

 

新しいお昼寝マットが気に入っているねえ、という動画。ご興味があれば観て下さい~。

6 thoughts on “ブン所長、ヒマに慣れる

  1. 花菜々の母

    ブン所長、こんにちは。
    門の外にも出るアクティブさ、見習いたいです。
    動画の爆睡姿もかわいいですね。
    植物柄の毛布(?)の方がより爆睡しているような・・・冬眠するタイプでしょうか。
    よく食べよく寝て、いつまでも元気でいてくださいね。

    返信
    1. bunchanthebunny 投稿作成者

      こんばんは!コメントありがとうございます。
      お尻洗いに伺ってからもう2ヵ月、花菜々ちゃんはお月さまでの生活は慣れたかしら。

      どの動物も年老いると感覚が鈍くなるのか無防備に爆睡したり動きも鈍くなってたまらなく可愛いですね。
      冬場のボア毛布はうさぎでも人間でもとろけちゃいます^^
      本当にいつまでもこの姿を見ていたいです。
      暖かいお言葉ありがとうございます。

      返信
  2. Sさん

    鼻水、大変ですね。

    鼻の中をコヨリでこちょこちょ掃除してあげると
    くしゃみと一緒に花粉やほこりが出てくるかもしれません。

    しかし、編集も加わって動画がお洒落ですね。

    返信
    1. bunchanthebunny 投稿作成者

      ご心配頂きありがとうございます。
      しかしうさの木ではアニマルウェルフェアの観点からコヨリこちょこちょは推奨しておりません。
      それよりレーズン咥えてジラシ―はいかがでしょうか。
      首の周りでもふもふさせればSさんのストレスも軽減してWIN-WINですよ。

      返信
  3. Sさん

    お返事ありがとうございます。

    ジラシー等、一部の日本語がよく理解できませんでしたがストレスが減るなら何よりですね!

    ちなみにレーズンはかなり糖質の高い食べ物で、
    野うさぎであれば本来は口にする事のない性質のモノです。

    最悪、お腹を壊してゼリーになるかもしれません。

    出来るだけ甘いものや炭水化物は控えた方が良いのではないでしょうか。
    「ジラシーして結局あげない」という心の強さが必要と思います。

    返信
    1. bunchanthebunny 投稿作成者

      理解できないと言いながら的確に使われていますがもしやSさん既にジラシーを。。?!
      お楽しみもほどほどにしないと唇を噛まれますのでお気をつけ下さいね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です