お客様-タロウくん2 と 豆太くんの正式譲渡

土曜日にまたタロウくんが1泊のトライアルにいらっしゃいました。愛息子のタロウくんを初めて長期に預けるということで少しずつ慣れさせようとI様はとても慎重になっているのです。斜頸もあるし。。確かに心配ですよね^^;
愛用のトイレや隠れ場所にしている踏み台やペレット用のお茶碗なども持参して至れり尽くせり。なるべくタロウくんが環境が変わったストレスを感じないように配慮して下さいました。
タロウくんは王子様だね~。
151003_1

 

先日のトライアルの後イブさんから連絡を頂いたのですがタロウくんはイブさんの所のクロちゃんと親戚だそうです。クロちゃんも一度斜頸になっているそうですが今は元気で最近では『生きものの持ち方』という本でモデル業もやっています。

保護うさぎの世界は狭いですね。もっともイブさんは関東在住の保護うさぎにはかなり顔が広そうなので会えば「何かこのヒト見たことある~」と言ううさぎさんも多いのではないでしょうか。

タロウくんは前回よりずっと早く慣れてくれました。来た時は少しワタワタしましたが少し撫でてあげればこの通りの平常心ε-(´∇`;)ありがたいです。
151003_3

 

ご飯も牧草もよく食べてくれました。
151003_2

 

やはり愛用の踏み台の下が落ち着くようで出たり入ったり。斜頸になってからはトイレもあちこちでしてしまうそうなのですがここでの滞在中は持参したマイトイレか、踏み台の下か、といった感じ。シッコしたところで寛がないように。。ペットシーツとタオルを敷いて交換しています。
151003_4

 

踏み台から顔だけ出したこのポーズが好きみたいで夜もこの格好で寝ていました。人間だったらコタツ好きかもね。
来週末からはしばらくお預かりになりますがどうにか大丈夫かな??
151003_6

 

そしてトライアル中の豆太くんの正式譲渡が決まりました。パチパチ(゚∇゚ノノ”☆オメデト!
里親のT様宅で撫でられて安心しきってる豆太くん。もう寺でのカオスな生活は忘れたかしら。
151003_8

 

膿瘍の方は穿刺痕の穴から少しずつ排膿されていて、このまま腫れてこないようであれば2~3週間空けて通院でもいいそうです。完治したわけではないのでもちろん手放しでは喜べませんが豆太くんもかなり楽になったでしょう。
T様はお忙しい中本当によく通院とお世話をして下さっています。
ようやく保護されて里親探しの半ばで亡くなってしまったボスくんの分も元気に長生きして欲しいですね。

それにしても持病があってもよくケアされて幸せそうにしているうさぎさんを見ると嬉しくなりますしそれぞれの飼い主さん達の努力に頭が下がります。
捨てたりした元の飼い主も最初は張り切って買ったんでしょうけどねぇ。。(-ε-´;)


牧草をつまんだり踏み台で遊ぶタロウくん。私が動画撮っているのが気になるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です