お客様-ダルくん

GW前に新規のお客様が来てくれました。ダルくん、9歳のおじいちゃんです。
お家の都合でしばらくお預かりすることになりました。

 

両目とも白内障らしくあまり見えていない様子。右目はやや白っぽいくらいですが

 

左はかなり白濁して涙も出ているし、まぶたも開けづらそう。
走っていても顔の左側をあちこちにぶつけてしまいます。

 

そしてタマタマでっか。。ママさんによると以前から大きかったので異常に気づかなかったそうです。ダルくんは今まで特に体調を崩すこともなかったので病院にも行ったことがないと。。羨ましいようなそうでもないような。
タマは通常は高齢になると萎縮してシワシワになってくるものなので腫れて大きくなるようであれば病院へGOです。

 

確かに年の割に牧草モリモリ、お水ゴクゴクで内臓と歯は丈夫そうですね。
とはいっても高齢なので、ママさんと相談して一度気になるところを診察していただくことにし、本日診察に行ってきました。その話はまた後日。

 

クマちゃんとおっとり男子同士のにらめっこ。2人とも平和主義みたいで固まったまま何も始まらないんですけどね。

 

ママさんにいつも撫でられているのか甘えん坊さんです。

 

時々走りますが基本ボーっとしています。

お客様-クマジュウロウくん

今週は何度かご利用いただいているクマジュウロウくんが来てくれています。

 

同じく何度も利用してくれている花菜々ちゃんの姉弟で、来月には2人とも7歳になります。
毛色も体格もよく似ている2人ですが、少しとぼけたような表情がそっくり。

 

偶然にもクマくんも花菜々ちゃんも昨年から心臓が少し悪いことがわかり、お薬を飲んでいます。もう何年も別々に生活をしているので、原因は食事や生活習慣とかではなく親からの体質の遺伝でしょうか。他の兄弟たちは大丈夫かな?

 

自覚症状はないようで以前と変わらず元気に生活しています。投薬を始めてから2人とも数値が良くなり、クマくんは最近の検査で薬の量がかなり減ったそうなのでひと安心です。
ニンジンやリンゴのスライスにお薬を振りかけて。嫌がらずに飲んでくれて助かります。

 

クマちゃんは元々おっとりした性格でしたが、歳とって更に甘えん坊になった気がします。

 

のんびりしていてケージが開いているのに寝ていることも。

 

出てきてもゴロゴロしていることも。

 

たまに見せてくれるおちょぼ口が可愛くて下からアングルが多くなってしまいます。

 

たまにキャッキャするクマくん。

お互い気に入らないけどケンカするほどでもない。

マリオさんとドミニクさん

先日に引き続きまたOK Goネタです^皿^
こちらは2010年にリリースされた「Of the Blue Colour of the Sky」というアルバムの中の「End Love」という曲。


カリフォルニアはロサンゼルスのエコー・パークで撮影されたこのMV、丸1日かけての屋外での撮影は大変そうですが、他のMVのようにNGを出してからの撮り直し。。という心配はなさそうなので安心して観ていられます。
そして、2:30あたりから5人目のメンバーが登場します(その前からチラチラ見えますが笑)。
ティム(ピンクの人)を追いかけたりダン(青い人)をつついたり、どちらかが気に入ったのでしょう。大勢のエキストラに囲まれても全く臆する様子もなく、打ち合わせ通りといった顔で輪に溶け込んでいます。

彼の名前はマリオ(旧マリア)さん。
Wikipediafacebookアカウントも持つ有名なガチョウです。

当時はメスだと思われていたので「マリア」と呼ばれて地元の人に可愛がられていました。

そしてちょうどこのMVの頃、マリアさんに人間のパートナーができました。
定年退職してから毎朝この公園に散歩に来る、ドミニク・エルラーさん。
ドミニクさんはある時から何故かマリアさんに追いかけられるようになり、そんなマリアさんのピュアな瞳に見つめられてドミニクさんもすっかり恋に落ちてしまったとか。
おじさんも表現がロマンチックです。

それから毎朝、マリアさんは公園外の路肩に立ってドミニクさんが来るのを待ち、帰りもスクーターの横を飛んで家まで付いてこようとするようになりました。

さすがに家までは連れて帰れないので、ドミニクさんはマリアさんが追いかけてこないように一度公園に戻ってゲートに閉じ込めてもらったり、ベンチに座ってお昼寝するのを待ったりと、マリアさんが危ない目に合わないようにいろいろ気を使っています。
マリアさんはなかなか独占欲が強いようで他の誰もドミニクさんに近づくことを許しません。


そんな変わった朝デートが有名になったカップルでしたが、2011年から2年間、エコー・パークの池は大規模な改修工事をすることになり、マリアさんは近くのロサンゼルス動物園に引っ越します。そこでの検査でオスだということがわかり「マリア」から「マリオ」に改名したのです。

その後もドミニクさんはマリオさんに会いに毎朝動物園に通っています。特別に飼育舎に入れるドミニクさんといつも嬉しそうに迎えるマリオさん、異種間でも心を通わせる2人はとても幸せそうで、今でも動物園を訪れるお客さんたちを楽しませています。


何故ドミニクさんが選ばれたのかはハッキリしていませんが、恐らくマリオさんが幼い頃に会って記憶に刻まれた人物とドミニクさんが似ているため親しみを感じている「インプリンティング(刷り込み)」のためではないかと言われています。
確かにOk GoのMVでもわかるようにマリオさんは薄毛のおっさんが好き特定の好みのタイプがあるようです。

エコー・パークの工事はもう終わっていますが、マリオさんは快適な園生活にすっかり慣れて楽しんでいますしドミニクさんも危険な公園に戻ると思うと心配で眠れないとのことで、マリオさんはこのまま動物園で生涯を過ごしそうです。
機会があればロサンゼルス動物園に行ってみてはいかがでしょうか。
朝行けば2人に会えるかも。

参考資料(HP)
Why Maria the Goose won’t return to Echo Park Lake

お客様-リリーちゃん

2015年の年末に来てくれたリリーちゃんが先週末からまた遊びに来てくれています。

 

この体格を見ればわかりますが、食べ物の好き嫌いはありません。
特にお野菜は何でも大好き、イタリアンパセリを豪快に食べています。

 

リリーちゃんはイブさんのところのクロちゃんの娘で、灰ちゃんグレーちゃんの姉妹。
うさの木によく来てくれるタロウくんとも親戚なのです。
クロちゃんやタロウくんとは全く似ていないので血がつながっているのが不思議な気がします。

 

むしろこっちのコンビが親戚みたい。睨む所長と気にしないリリーちゃん。

 

怖がりではないけど慎重派なのであまり部屋んぽには積極的じゃないのですが、オヤツがあるとウキウキで出てきますよ。。

 

最近は胸の換毛が激しいそうなので引っこ抜いてたらメチャメチャ怒られました。
表情豊かでわかりやすいね。

 

一昨年はケージからほとんど出なかったのでこんな風にケージ外で寛いでくれるだけ進歩はあったかな。それにしてもこの重量感!

 

部屋んぽでは歩き回るけど、やっぱりケージ前が安心するみたい。

OK Goと保護ワンコ

OK Goというバンドをご存知でしょうか? 知ってますね。
私もそうですが、おそらく「Here It Goes Again」という曲のMVがリリースされた時に彼らを知った人が多いのではないでしょうか。
チープながらアイディアとメンバーの頑張りが伝わってくるMVは曲自体も良くて何度観ても飽きません。彼らはこのビデオクリップで2007年のグラミー賞での最優秀短編ミュージック・ビデオ賞をはじめMTVやYoutubeでも賞を取り、一躍有名になりました。


彼らの「ワンカット撮影ビデオクリップ」はこの曲の前の「A Million Ways」あたりから続いており(多分)、毎回楽しみにしている方も多いと思います。中にはNGを出したら背筋が凍りそうなものも多く、実際に何度も撮り直すうちに現場が微妙な空気になることも多いのではと心配になりますが、今だにワンカット撮影のスタンスを続けているのできっとメンバー・スタッフともに仲がよく、皆さんいい人たちなのでしょう。

観ている方もそんな気合の入ったMVに集中しすぎてしまい、失礼ながら曲が全然耳に入ってこないことも。。笑
そのせいか、2014年10月に「I Won’t Let You Down」がチャートインするまで「Here It Goes Again」はBillboard Hot 100のチャートに入った彼らの唯一のシングル曲でした。
「I Won’t Let You Down」も千葉で撮影されたり、Perfumeがカメオ出演していたりと話題になりました。(その後Perfumeの「Pick Me Up」にはOK Goが出演しています)

ところで、先日3月5日放送の「世界の果てまでイッテQ」ではOK Goの「White Knuckles」のMVをイッテQメンバーで完全再現するという企画をやっていました。
人間4人だけでも合わせるのが大変なのに、さらに犬12匹+ヤギ1匹が加わって、完ぺきに演じきるのは至難の業です。何度もNGを出しつつも4日目の138テイクでまさかの成功!
よかったですね~観ている方も感動しました。
ちなみに本家の方では124テイク撮って30回成功しているそうなので素晴らしい成功率。
なんて集中力があって頭のいいワンちゃん達なんでしょうか。

MVに出演している犬は全員シェルター出身の保護犬達で、そのうち約半数の子たちは今回のイッテQバージョンにも出演しています。
そして今はもうやっていませんが、OK GoはこのMVを公式HPから有料ダウンロードすると売上がASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)に寄付されるというキャンペーンを行っていました。
Vo.のダミアンも犬好きで、自身が飼っている2匹の犬も元保護犬だそう。
動物に優しいOK Goの好感度、さらに高まりますね^o^


メイキングも面白い!

日本でも愛護団体などに寄付しているタレントやアーティストは多く、参加するファンの方もいるかと思いますが、大事なお金を託すのですから活動内容をよく調べて納得できるところに寄付して下さいね~。

参考資料(HP)
◎Wikipedia
OK Go
「Here It Goes Again」
「White Knuckles」

「White Knuckles」記事&インタビュー
世界の果てまでイッテQ「Qtubeスペシャル in アメリカ」

お客様-空ノ介くん

そして新規のお客様も来てくれました。空ノ介くん、5歳の男の子です。
独特のフォルムと毛玉感で何とも言えない珍獣っぽさがあります。ほっぺがしゅごい。。

 

よく見るとキリッとした顔立ちのイケメンなのですが

 

イケメン具合はあまり伝わってきません。

 

初日の夜は初めての場所に緊張して、カチカチに固まった引きこもりくんでした。
ツンツンしても反応なし。

 

2日めになるとそろそろと出てきて黒太くんのにおいを嗅いだり

 

所長にアプローチしたり。

 

子羊のような寝姿も見せてくれました。すぐ慣れるのね。。

 

お家では放し飼いで運動量が多く、かなりの破壊魔みたいなのでまだ本領発揮とまではいかなかったかな?

 

空ノ介くんは牧草もペレットもほとんど食べず、ほぼ野菜中心の食生活をしています。
そのためかウンチは小さいのですがオシッコは無色に近くサラサラで、とてもクリアです。
肥満でもなく、歯も悪くないようなのでこの食生活が合っているのでしょうね。

 

お客様-黒太くん

先月に続き黒太くんがまた遊びに来ています。

 

いつも通り元気いっぱい。

 

黒太くんはお家がリフォーム中だったため移動が続いて大変でしたが、ようやく完成したのでこれからは落ち着けそうです。きれいなお家が楽しみだね。

 

日向ぼっこでちょっとウトウト。

 

所長のペレット選び 4


さて、肝心の所長の好みはどうでしょうか。
栄養面ももちろん大事ですが毎日食べるものはおいしい方がいいに決まってます。

所長に参加してもらって実験してみます。
世の中の動物実験がこんなのばっかりだったら楽しそう。

 


2種類のペレットを同じ皿に数粒ずつ置き、所長の前に出して好きな方を選ばせます。

そして食べた方を補充して、皿の左右をひっくり返してまた選ばせる。。ということを4回繰り返します。引き分けはアリで構わないので4回にしました。

 


写真はオリミツときわみの対決。
2枚めの写真では向かって左側のオリミツを選んだので次は180°回して左側をきわみに、右側にオリミツを補充。

こんな感じの実験をそれぞれの銘柄で行ったところ、結果は以下の表のようになりました。

 

ブン所長のペレット嗜好性テスト

 

表を見る限り、所長は出せば一応何でも食べてくれそうです。
うさぎさんによっては同じペレットでも買った時期などで食べてくれなくなったりするグルメラビットもいるようですが、その点所長はペレット切り替えに気を使わなくてよさそうで助かります。

ただ「イースター」「OXBOW」「サンコー」は余りふるわない結果で、サンコーに至っては全敗(サンコーさんすみません。。)でも他の2銘柄は食べ慣れていてアドバンテージがあることと、サンコーはカロリーがとても低く抑えられていることを考えると充分健闘していると思います。

そしてこの3銘柄に共通することといえば主原料が「チモシー」ではなく「チモシーミール」であることです。前回書いた茶色系のペレット、ですね。

どうやら所長は「チモシーミール」が原料のものはあまり好みではないようです。そんなこととは知らず、引き取ってからの4年間イースターとOXBOWをあげていたので、大して好みじゃないペレットをずっと食べ続けていたのかと思うと切なくて泣けてきます ( ;∀;)
早く言ってくれれば。。

1位はハイペットの「ナチュラルレシピ りんごはちみつ」となりました。同じハイペット社の「うさぎのきわみ」に4敗していますが「うさぎのきわみ」が引き分けている他の数銘柄に勝っているので、1位と3位ではありますが所長の好み的には拮抗している気がします。

それに対して、あまり味気なさそう(失礼)で食べるのも時間がかかってパッサパサな「オリミツ ナチュラルファイバー」が2位に入っているのが意外でした。所長は純粋な牧草も割と好きなのでしょうか。この健康志向な好みは続けてほしいです。

「りんごはちみつ」は一袋が500gと少なく、チモシー主体、給餌にも対応できそうで私の探していた条件を満たしたペレットだと思いますのでしばらくはこちらをあげてみたいと思います。「うさぎのきわみ」もいいですね。
オリミツは晩酌のおつまみにでもあげようと思います。

ただ、今まで1度もうっ滞を起こさず、快食快便で健康に過ごしてきたので、イースターとOXBOWは好みではないけど所長の体質に合っている良いペレットだったのかもしれません。
今後も体調を見ながら、時々はペレットや食生活の見直しをしていきたいと思います。


最後に、気になる混ぜもの一覧をリストアップしてみました。混ぜものの比率は解らないので、種類が多いからといって大量に入っているということではないです。
小麦粉についで大豆製品が多いです。豆類はたんぱく質は豊富ですがお腹が張りやすい子は気をつけましょう。

「りんごはちみつ」は豆類は入っていないものの、マメ科のアルファルファ・小麦粉・コーン粉・はちみつ・リンゴ粉などが入っていておいしいのも納得です。繊維質は21%以下なので、混ぜものの量もそんなに少なくはないかな。

  アルファルファ穀類豆類糖類油脂
イースター
プレミアム
シニア
えん麦
米糠
脱脂米糠
脱脂大豆
乾燥おから
ブドウ糖
Wooly
シニア
ブルーム
小麦ブラン
コーンフラワー
大麦・オーツ麦
小麦粉・米糠
脱脂大豆
エンドウたんぱく
カボチャ種子
ヒマワリ種子
アマニ・ゴマ
パーム油
OXBOW
アダルト
ラビット
粗挽き小麦粉大豆殻
大豆ミール
甘しゃ糖蜜大豆油
オリミツ
ナチュラル
ファイバー
サンコー
ダイエット
ライト
小麦粉
ホミニーフィード
ふすま
ハイペット
きわみ
糟糠類きなこ
おから
脱脂大豆
オリゴ糖
ハイペット
りんご
はちみつ
小麦粉
糟糠類
(ふすま・米糠)
コーンミール
グルコース
はちみつ

ペレットの原料はいろんな表記がされていますね。
トウモロコシ粉などは細かさによって呼び方が変わるようです。

糟糠類=ぬか(米ぬか、麦ぬか、ふすま)
大豆ミール=脱脂大豆の粉末
ふすま・ブラン・ホイートミドリングス=小麦の皮
ホミニーフィード・コーンミール・コーンフラワー・コーングリッツ=トウモロコシ粉

所長のペレット選び 3

先日、と言っても先月ですね。。購入した5銘柄を比較しようと思いますが、既にこちらにあるものの中で条件に合いそうな2銘柄にも参加してもらおうと思います。
◆サンコー ラビットプラス ダイエットライト
>>原材料
チモシーミール/小麦粉/アルファルファミール/ホミニーフィード/ふすま/セルロース/ポリフェノール/オオバコ/タンポポ/ミネラル類/ビタミン類/酵母等
800g
今回調べたオリミツの牧草ペレット以外の国産銘柄の中では一番カロリーが低く、繊維質が高いダイエットライト。繊維質は「ハイペット チモシーの恵」と並んでのツートップでした。
低カロリーな割によく食べる子が多く、ネットのレビューでも高評価。トウモロコシや野草などの風味のある原料が効いていて美味しいのかもしれません。灰分値が高いので添加ミネラル分が多そうです。
ぽっちゃり系所長にはありがたいですし、以前の投稿の「絞り条件」にもピッタリ当てはまります。

 

◆OXBOWアダルトラビットフード

>>原材料
チモシーミール/大豆殻/大豆ミール/甘しゃ糖蜜/粗びき小麦粉/ナトリウムベントナイト/大豆油/塩/リグニンスルホン酸塩/加水分解された酵母/塩化コリン/酵母培養物(乾燥)/ミネラル類/ビタミン類/アミノ酸類
2.25kg
2年近く食べているOXBOW。繊維質が多くてあまり嗜好性が高くなく(失礼)ペレット偏重な食餌にならないところが気に入っている銘柄なのですが容量が多すぎて使い切れないのが難です。
ラビットプラスもOXBOWもかなり繊維質が高いので、つなぎに使われている小麦粉や穀類の比率は少なそうです。

改めて7銘柄をまとめてみます。
せっかくパッケージに変動幅で表示して下さっている銘柄には申し訳ないのですが、他と比較しやすくするために「以上」「以下」の表記に統一してしまいました。オリミツだけは「平均値」を表示しているので比較ができません、なので一番下に。
そもそもオリミツは数値が他から逸脱していますね。。

  エネルギー
(kcal/
100g)
たん白質
(%以上)
粗繊維
(%以下)
脂質
(%以上)
カルシウム
(%以上)
リン
(%以上)
灰分
(%以下)
イースター
プレミアム
シニア
260以上13.521.02.50.60.39.0
Wooly
シニア
ブルーム
13.521.03.00.57.5
OXBOW
アダルト
ラビット
14.029.02.00.350.25
サンコー
ダイエット
ライト
220以上12.027.02.00.511.0
ハイペット
きわみ
24014.024.02.00.58.0
ハイペット
りんご
はちみつ
26013.021.02.00.40.46.0
オリミツ
ナチュラル
ファイバー
(平均値)
8.231.42.10.40.2

そもそもあげている量が少ないのでカルシウム分に関してはあまり神経質にならないことにします。カルシウムはあまり少なすぎても骨が脆くなってしまいます。
ただ、この先高齢になってくると腎臓機能が落ちてカルシウム尿が出やすくなることも考えられますので、この先も毎日のオシッコの状態をみたり検診を受けたりしながら調節していこうと思います。
カルシウムとリンは1:1~2:1くらいの比率が骨形成にいいそうで、こちらはどの銘柄も問題なさそうです。

ではそれぞれ見てみます。まずは大きさ比較のために大体の大きさ順に並べてみました。

それぞれの近影・くずしたもの・水でふやかしたもの・30mlのシリンジに入れて押し出したもの、を載せています。
何故シリンジが出てきたかというと突然不調になった時の強制給餌に使えるか、が知りたかったので。30mlシリンジは口が大きめなのでここから出ないものは給餌するのは難しいかと思います。

こちらは大きい順に紹介します。

◆ハイペット うさぎのきわみ

長さは2.5cm前後と長いので子うさぎや小柄な子だと少し食べにくいかもしれません。ただ半分にするくらいなら手でも折れます。
噛むとかっぱえびせんくらいのサクサク感と柔らかさで緑茶のようないい香りがします。崩すと原料の牧草は細かく、やや粉っぽい感じでニンジンの粒が入っているのがよくわかります。水でふやかしてシリンジで出すととても滑らかで食べやすそうです。
ペレットには熱を加えて発泡させたものと圧縮して固めたものがあるそうですが、これはいかにも発泡系といった軽い食感です。

◆オリミツ ナチュラルファイバー

1.5cm~2cmで鮮やかな緑色。固く圧着されていますが牧草が大きめにカットされているためか、指で簡単に小さく割ることができます。
噛むとカリカリ系ではなくフランスパンのような弾力と芯のある固さで口の中の水分が持っていかれる感じです。食べたことないけど芝生の味はこんな感じかなと思いました。
ざっくりした牧草に混ざる茶色いものはパパイヤ?かもしれませんが甘くなかったのでチモシーの殻か茎の茶色い部分かと思います。
所長に食べさせると咀嚼時間が圧倒的に長く、いつまでたってもモグモグしているおつまみ向きなペレットです。
ふやかすのに他の1.5倍くらい水を使いましたがそれでもまだ粗いです。刻んだ生牧草に水を足した感じでさすがにシリンジからは全く出ず、給餌には使えません。

◆Wooly シニアブルーム

1cm前後でこちらもきれいな緑色。大きさを測る時に少し指で移動させただけでも崩れて粉がでます。パッケージの中もかなり粉だらけなので粉が嫌いな子だと結構な無駄が出そうです。
見た目はオリミツに似ていますがこちらはかなり柔らかい食感で高齢うさぎさんでも食べやすそう。青臭さはなく、苦めのお茶っぱみたいな味がします。
ふやかすとハーブや穀類のせいかとてもいい香りがして、細かい植物の茎?や穀類の殻のようなものがたくさん入っているのがわかります。
シリンジからは多少は出るものの、大きい組織が詰まってしまうのか途中からは絞った水が先に出てしまいます。

◆OXBOW アダルトラビットフード

長さは1.5cm前後で細長く表面にツヤがあります。しっかり固まっていますが長いものは指で折ることができます。
歯ごたえはプレッツェルに似ていて、子うさぎや歯の悪い子には勧めませんが元気なうさぎさんであれば難なく食べられる固さです。原料の塩の粒が大きいのか、程よい塩味が効いているのでますますプレッツェル感があります。(塩分はOXBOWに限らず大体のペレットに入っています)
水ですぐふやけてドロドロ感もあるのですがシリンジからの出はいまいち。

給餌するときは体調の悪い時だと思いますのであまり咀嚼せずに食べても内蔵に負担がかからないようなものがいいですね。
理想はライフケアやハービーケアなどですが、普段食べていないものに突然変えるのもお腹によくないのであらかじめ給餌しやすいペレットを探しておくと安心です。

◆ハイペット ナチュラルレシピ りんごはちみつ入り

粒は均一で1cm弱、このくらいの大きさだと子うさぎでも食べやすくなってきます。牧草以外の固形の原料は見当たりません。色も味も食感も同じハイペット社の「うさぎのきわみ」に近く、サクサク柔らかでふやかしてからのシリンジからの出方もきわみと同様に滑らかです。
つなぎは小麦粉やトウモロコシ粉なので、きなこやおからを使ったきわみとは原料が大分違うのですがこの辺りの食感・質感は会社の製造方法で決まってくるのかもしれません。

◆サンコー ラビットプラス ダイエットライト

長さは上記はちみつと同じ1cm弱ですがさらに細くて小粒で食べやすくなっています。OXBOWに似た茶色い色と苦いお茶風味。
ペレット比較をしていると緑色のものと茶色いものがあるのに気づきました。最初は加熱処理されているものと圧縮製法の違いかと思ったのですがハイペット社のペレットは緑色なのに柔らかい(加熱発泡っぽい)のでそうでもないらしい。
どうも「チモシー」とあるものは緑色、「チモシーミール」と表記されているものは茶色いようです。今回の7種の中だとOXBOW・サンコー・イースターの3つが主原料が「チモシーミール」です。(手持ちのペレットの範囲なので間違ってたらゴメンなさい)
ふやかすと見た目はザラついていますが牧草がほぼ粒状になっているためかシリンジからはそこそこ滑らかに出ます。

◆イースター プレミアムレシピ ヘアボールケア シニア

サンコーラビットプラスと見分けがつかないくらい見た目も食感もふやかし感も似ています。
しいて言えばサンコーの方がちょっと色が濃いですが買った時期やロットで変わりそうな程度。味もお茶味ですがサンコーより苦味は少なく、香ばしい風味があります。
サンコーもイースターもハイペット商品よりはやや固いもののサクサク感があり、小粒で食べやすく、子うさぎから高齢うさぎまでのオールステージに対応できそうなバランスのいいペレットだと思います。

お客様-タロウくん

約半年ぶりにタロウくんが泊まりに来ています。

 

斜頸の具合は以前と変わりませんが最近はローリングの発作などもなく、シニアになっても元気に過ごしているようです。

 

目薬は続けていますが右目の目やにも小康状態。

 

タロウくんは来てから数日は警戒してスノコの下からあまり出てきてくれません。
初日の夜は部屋の照明を暗めにしていましたが、それでも10時過ぎにやっと出てきてご飯を食べる慎重派。

 

1週間ほど経つとやっと慣れて私が見ている前で牧草をたべてくれます。

 

お家では暴れん坊でママさんを振り回しているそう。内弁慶さんなんですね。

 

手をついてバランスを取るのが上手です。