お客様-むぎちゃん

こちらもいつも来てくれてるむぎちゃん。

 

うさの木には慣れっこなので来るなり早速腹ごしらえ。もう6歳ですが食いしん坊むぎちゃんの食欲は衰えません。牧草を抱え込んでムシャムシャ。

 

む「ありゃ~ぶちまけちゃった」

 

む「後で食べるから片付けないでね」

 

今回はむぎちゃんはサークルでお預かりしています。

 

む「走り回れないしつまんないな。お、ターゲット発見」

 

むぎちゃんもマルちゃんもタイプは違えどブロークンのグラマー美人です。
む・マ「むむ、これはいいライバル。。」

 

顔なじみの暖くんも来てくれました。
む「あら暖くんじゃない、久しぶり」

 

む「ヒマなお姉さんの相手をしなさいよ」

 

暖「オレだって貴重な部屋んぽ時間だから忙しいのよ、サイナラ~」

 

む「ちぇ、いつも遊んであげてるのに冷たいんだから」

 

狭いけどみんなと仲良くしながらしばらく待っててね。

 

お客様-紗英くん

こちらもおなじみの紗英くん。

 

会うたびに大きくたくましくなってます。

 

さっきはたかれた暖くんにまずご挨拶。
仲は悪いのですがお互い気になってしまうようで部屋んぽのときは絡み合いしてます。

 

紗「おりゃおりゃ、さっきはよくもうさパンチしてくれたな~」

 

紗「オレのメンズ臭を付けちゃうぜ」

 

シャイニーちゃんとは倍くらいの体格差があります。
紗「オレはお年寄りには優しいんだ。ペロペロ」

 

紗「。。カリカリ」

 

シ「イテッ、痛いし~」
紗「おっと、ついお腹が空いてて。ゴメンよ」

 

紗英くんはいつもノンストップで走っているのでなかなか顔写真が取れません。

 

写真撮るからジッとしてなさい。
紗「はーい」

 

紗「もうダメ。。オレに止まってるとか無理」

 

紗英くんが落ち着く日は来るのでしょうか。

 

お客様-りんちゃん・暖くん

こちらは常連さんのりんちゃん。

 

落ち着いているりんちゃんは扉が開いても慌てず騒がず、

 

ようやく重いお尻をあげてよっこらしょ。

 

り「失礼ね、太ってないから!」

 

顔見知りの紗英くんとは前から仲良しです。

 

り「アナタ隣でちょっと騒がしいわよ」
紗英くんはケージ内でも運動会をするタイプなのでりんちゃんはゆっくり寝れないかもね。

 

紗「お姉さん、かわいいな~」
り「全然人の話聞いてなさそう」

 

り「暖くん、ちょっといらっしゃい」

 

り「こら、姉に尻を向けるんじゃないわよ」

 

暖「すいませんっ!」
仕切り屋のお姉さんです。

 

そして弟分の暖くん。

 

こちらはルンルンで部屋んぽに出てきます。

 

紗英くんとのご挨拶は緊張で腰が引けて、尻尾も上むいてピョコン。

 

暖「わ~ん、怖いよ怖いよ」
紗「きゃ、ビックリしたあ」
緊張に耐えきれずうさパンチを繰り出す暖くん。

 

ひとまずりんちゃんのところにいって気持ちを落ち着かせます。

 

暖「いつもクールだけど何だかんだ頼りしちゃう姉なのだ」

 

柵が二重になったので一安心。
暖・紗「最初からこうしといてよ」

 

シャイニーちゃんにも恐る恐るご挨拶。
暖「こっちは静かなお地蔵さんね」

 

暖「やっぱりここではオレはトンネル遊びよ」

 

暖「オレを待ってたのか、よしよし可愛いやつ」

 

トンネル遊びしているときの暖くんはとても穏やかで楽しそう。たくさんダッシュを見せてね。

 


お客様-マルちゃん

先月に続きまた箱うさぎ出身のマルちゃんが来てくれました。

 

里親様の家にもすっかり馴染んで、お兄ちゃんもマルちゃんの可愛さにメロメロのようです。

 

ケージを開けてもすぐには出ない余裕のマルちゃん。
マ「気が向いたら出るからお構いなく~」

 

そっちの出口はサイズが合わないんじゃないか?

 

今回はすぐに慣れて遊んでくれてます。相変わらず横顔はスズメっぽいね。

 

シャイニーちゃんとはもう顔なじみなのでお互い適当にこんにちは。

 

初対面のお友達はまず匂いをチェックしてから

 

本人とご対面。すぐに仲良くなってゴニョゴニョ話をする2人。

 

おもちくんはマルちゃんに構ってもらってすっかり鼻の下が伸び切っています。

 

マ「これは牧草をつまみぐいしても怒られないわね」

 

マルちゃん、男心をつかむ才能アリかもね。

 

お客様-おもちくん

こちらも初めてのお客様、1歳のおもちくん。

 

おもちくんは今回、引越しのためはるばる北海道から飛行機に乗って東京まで来たのです。

 

お「やれやれ、寒いし狭いし疲れたぜ」

 

ママさんも体調を崩しているのではと心配していましたが、着いてすぐに牧草を食べてシッコも出たので一安心。

 

うさの木にもすぐ馴染んでトンネルを往復ダッシュ。たくましいおもちくんです。

 

もったり遅そうに見えますがとてもすばしっこいのです。

 

シャイニーちゃんともネザー同士ですぐに意気投合。

 

でもグイグイ絡むのでシャイニーちゃんにややウザがられています。

 

お「クールなお姉さん、反応が薄いよお」

 

お「構ってくれないと匂い付けちゃうぞ」

 

おおらかで順応性の高いおもちくん、新しいお家に行ってもすぐに慣れそうです。

 

お客様-グランドクロスくん

今週は温泉うさぎのグランドクロスくんを一時預かりしています。

 

穏やかでおとなしい1歳くらいの男の子。

 

ケージからはすぐ出てきますがかなりのへっぴり腰です。

 

グ「気持ちは前に進んでいるけど腰が引けちゃうのよ」

 

グ「オレは慎重派なのだ。そろおり、そろおり~」

 

シャイニーちゃんとはちょっとブーブーの応酬。
でもどちらも熱血タイプじゃないのでケンカしたりはしないのです。

 

グ「シャイニーちゃんはにらめっこが得意ときいて」

 

グ「いざ勝負。あっぷっぷ!」

 

グ「あら、シャイニーちゃんたらそのまま寝ちゃった。。」

 

大食いではないけど部屋んぽ中の牧草拾い食いは楽しそう。

 

ナデナデも大好き、甘えん坊です。

 

グ「これはどうやって使うんだろ?」

 

グ「誰か教えて~」

 

グ「もしかしてこうかしら」

 

グ「ひょっこりはん?」

 

一通り遊んで満足すると自分からケージに戻って毛づくろい。お行儀のいいグランドクロスくんです。

 

おっとり穏やかな慎重派の男の子、
グランドクロスくんはペットのおうちで里親募集中です。
気になった方はお問い合わせくださいね!


慣れてくると元気。

お客様-ぴっぴちゃん

週末には初めてのお客様、ぴっぴちゃんが来てくれました。

 

8ヵ月の食いしん坊なぽっちゃり女子です。

 

ぴ「初めての場所だから緊張するわね」

 

まだ慣れてないので動きがギクシャク。

 

ぴ「トンネルの安全チェック完了!」

 

早速上手に使いこなしてます。換毛が激しいのか全身がオシャレな模様に。

 

おさげをパタパタさせて走る小顔美人さん。

 

ぴ「正面顔がちょっとおブスなんて言うのは誰かしら」

 

10歳違いのシャイニーちゃんと世代間交流会。

 

お年寄りをいたわってペロペロしてあげる優しいぴっぴちゃん。

 

ぴ「先輩のところはおいしい牧草がたくさん落ちてるわね」

 

初めて食べるシャイニーちゃんの3番刈りが気に入った様子。
豪快にそば食いするぴっぴちゃんです。

 

お客様-れんくん

昨日から常連さんのれんくんが来てくれています。

 

今回のれんくんはちょっと気分がブルー。

 

れ「今日お家に帰って、明日は病院に歯削りに行かなきゃいけないんだ。。」

 

れんくんは不正咬合なので普段は主に強制給餌でご飯を食べて、定期的に歯削りもしなくてはいけないのです。右目は涙が増えてきたので鼻涙管洗浄したばかり。

 

れ「こんなに元気なのに。納得いかないよ」

 

れんくんはいつも給餌のときは積極的に食べてくれるし歯が痛そうな様子もないので全然具合が悪そうにみえません。

 

れ「ここに隠れて暮らそうかしら」

 

シャイニーちゃんとはもう顔なじみです。
シ「アンタ見たことある顔ね」

 

れ「シャイニーちゃん、可愛そうなオレをペロペロして慰めて~」
シ「。。。」

 

れ「いつだってツレないんだから。仕方ないな、ペロペロ」

 

れ「何でオレが舐めてるんだ? 納得いかないよ」

 

お客様-ちょも太くん

12月になって最初のお客様は何と10月に帰ったちょも太くん。

 

以前と変わらない寝たきり状態ですが食欲は保っているそうです。

 

ママさんが考えてくれた100均の鍋蓋ケースに入って姿勢を保つ方法はとてもバランスが良さそう。

 

ちょも太くんはもう自立できないので左右どちらかに傾いてしまうのですがこれなら倒れずに食べることができます。「すまきうさぎ」状態はヤドカリみたいで失礼ながら笑っちゃいますね。

 

お腹がいっぱいになってうとうと。。

 

首を曲げて潜るのは「もう要らない」のポーズ。

 

前から仲良しのヒナちゃんもたまたま来ているので久々の対面です。

 

ヒナちゃんはちょも太くん(の食べている3番刈り牧草)が大好き。

 

ヒ「寝ている隙にいただきますよ」
ちょも太くんは気づいているのかいないのか。

 

ヒナちゃん、弱っているお年寄りにマウント取らないでください。

 

寝ていても時々首だけ起こして牧草を食べるので枕元にはたっぷり牧草を置いてあげます。

 

今回宿泊の予約が来てまだ生きているのがちょっとビックリだったんですけど、本当にちょも太くんは生命力が強いんですね。また来るかな。。?

 

お客様-ヒナちゃん

今月2回目の登場、いつものヒナちゃんです。

 

いたずらっぽい顔で部屋んぽ準備中。

 

おやおや、うっかり気が緩んだのか急におブスに。

 

ヒ「構えてないときの顔を晒すのはやめてちょうだい」

 

ヒ「ほら美白でふわふわ、映えてるでしょ」

 

ヒ「頭よさそうじゃない? 難しいことを考えています」

 

ヒ「どうせ食べ物のこと考えてるって? なんでバレた」

 

ヒ「だって美味しいもの食べてるときが一番幸せ」

 

ヒ「アタシらしくて可愛いって? どういう意味かな」

 

シャイニーちゃんとはもう馴染みすぎてお互い空気のような存在です。

 

ヒ「いつものヤツをいただきますよ」
ここに来たらシャイニーちゃんの3番刈りをつまむのがヒナちゃんのならわしなのです。

 

以前からあったソアホックが最近大きくなってきた、とお悩みのママさん。試行錯誤してらっしゃいますがなかなか良くならないそうです。

 

来月には8歳になるおばあちゃんだもの色々あるよね。また1年元気で過ごせますように。