ヒナちゃん」タグアーカイブ

お客様-ヒナちゃん

こちらもちょいちょい遊びに来てくれるヒナちゃん。

 

他のお客さんを眺めながら出ようか悩んでいます。

 

ヒ「まずは腹ごしらえから。。」

 

ヒナちゃんは部屋んぽに積極的ではないのでもしや時間潰しでしょうか。

 

結局出ないんかい。

 

ヒ「今ちょうど出ようと思ってたわ~」(ホントかね。)

 

おっとり大人しいヒナちゃんにみんな安心して集まってきます。

 

ヒ「何だか照れちゃうな」

 

肝の座ったヒナおばあちゃんは大きいめろんくりーむちゃん相手でも動じません。

 

動かなすぎてちゃっかり匂いを付けられているヒナちゃん。舐めてもらっていると勘違い?

 

若い子と一緒にいると元気が出てくるわね。

 

ヒ「引きこもりだけどたまには運動しよう」
ちょっとヨタヨタしてますが走るのは速いのです。

 

でもシートで足を滑らせてゴッチンコ。。

 

ヒ「あ~ん、ショック。。」
よしよし、滑りやすくてゴメンね。

 

お客様-ヒナちゃん

8月最初のお客様は常連のヒナちゃん。

 

ヒナちゃんは引きこもりなのか面倒くさがりなのか、あまり部屋んぽに出てきません。

 

ヒ「アタシは牧草があればここで充分なのでお構いなく」

 

そんなヒナちゃんをケージからおびき出す方法があるのです。

 

ヒ「何かしら。。体が勝手に引き寄せられる。。」

 

ヒ「クンクン、これは3番刈りチモシー!」

 

柔らかい3番刈りはヒナちゃんの大好物なのです。
以前はちょも太くんやシャイニーちゃんのケージからつまみ食いしていたけどみんな帰っちゃったもんね。

 

仁王立ちのヒナちゃん、チビなのに謎の貫禄があります。

 

ヒ「しまった、いつの間にか出てしまった。アタシったら食欲に勝てないんだから」

 

ヒ「でも美味しすぎて止まらないっ」

 

あっという間に平らげたヒナちゃん、まだ物足りなさそうです。

 

ヒ「まだあるんじゃない? 出したらどうなの~」

 

でもこれじゃ部屋んぽを楽しんでる感じじゃないですね。

 

お客様-ヒナちゃん

連休中にお泊りにきてくれたのはヒナちゃん。

 

先月8歳になったおばあちゃん、ちょっと目やにが出てるけど気にしないでね。

 

大人しいヒナちゃんは部屋んぽはあまり気が進まないようでケージから出たり入ったり。
同じくマイペースおばあちゃんのシャイニーちゃんとはお互い干渉しないスタンスです。

 

食いしん坊ヒナちゃんが部屋んぽに出てくる時はもちろん牧草のつまみ食いが目的です。

 

シャイニーちゃんの食べている3番刈りが大好き。

 

ヒナちゃんは野菜を食べると口の周りが汚れるので歯が悪いのかとも思えますが、

 

単に食べるのがヘタクソなだけな様子。

 

まだまだ1番刈りの固い茎のところも余裕で食べちゃいます。

 

ヒ「これ普通なら残すところでしょ?」

 

ヒナちゃんならあっという間に噛み砕いてしまうのです。カメラ向けられているのでドヤっと頑張ってます^^

 

ケージに戻ってももの足りずにフィーダーに顔を突っ込んで牧草にかぶりつくヒナちゃん。

 

おせんべいバリバリ食べる系の凄いおばあちゃんですね。全身の健康は歯から、ともいうし今年もたくさん牧草を食べて元気に過ごしてね。

 

お客様-ヒナちゃん

今月2回目の登場、いつものヒナちゃんです。

 

いたずらっぽい顔で部屋んぽ準備中。

 

おやおや、うっかり気が緩んだのか急におブスに。

 

ヒ「構えてないときの顔を晒すのはやめてちょうだい」

 

ヒ「ほら美白でふわふわ、映えてるでしょ」

 

ヒ「頭よさそうじゃない? 難しいことを考えています」

 

ヒ「どうせ食べ物のこと考えてるって? なんでバレた」

 

ヒ「だって美味しいもの食べてるときが一番幸せ」

 

ヒ「アタシらしくて可愛いって? どういう意味かな」

 

シャイニーちゃんとはもう馴染みすぎてお互い空気のような存在です。

 

ヒ「いつものヤツをいただきますよ」
ここに来たらシャイニーちゃんの3番刈りをつまむのがヒナちゃんのならわしなのです。

 

以前からあったソアホックが最近大きくなってきた、とお悩みのママさん。試行錯誤してらっしゃいますがなかなか良くならないそうです。

 

来月には8歳になるおばあちゃんだもの色々あるよね。また1年元気で過ごせますように。

 

お客様-ヒナちゃん

そしてこちらも常連さんのヒナちゃん。

 

肝の座った性格のヒナちゃん、慣れたうさの木ではすっかり落ち着いてます。

 

部屋んぽでは早速いつも通りに牧草を拾い食い。

 

かかとには以前からある小さなソアホック。冬場は乾燥するのでいたわってね。

 

ヒ「今回は3番牧草が落ちてないよお」
ちょも太くんも帰っちゃったし、固い牧草しか落ちてなくて不満そう。

 

シャイニーちゃんとはもう顔見知り。2人共マイペースなのでお互いに気にならない様子です。

 

ヒ「挨拶したら相手の牧草を少し頂くのが私の礼儀なのです」

 

食いしん坊のヒナちゃんは部屋んぽの途中でもケージに戻ってエネルギー補給。

 

ヒ「だって部屋のおこぼれが少ないんだもん」

 

ヒ「太い穂も大好き。食べてるときが一番幸せなんだ」
もうすぐ8歳のおばあちゃんですが歯の健康を保っていて素晴らしいです。

 

でも小さな口ではさすがに1本食べるのに時間がかかってます。

 

今回はマットの上がお気に入り。毛づくろいしたり寝たり固まったり。

 

ヒ「ここにいるとあったかいからよ。見れば解るでしょ~」
最近ぬくぬくするのが気持ちいいよね。急に寒くなってきたけど元気に過ごしてね。

 

お客様-ヒナちゃん

連休中には常連のヒナちゃんも来てくれました。
今日は口に青汁が付いていませんね。

 

ヒ「いつも口の周りが緑色っていうからお手入れしてきたのよ」

 

ヒ「可愛く撮ってちょうだいね」

 

食いしん坊娘のヒナちゃん、早速ペペくんの牧草をガウガウしにいきます。

 

ヒナちゃんの勢いにペペくんも隅っこに避難。

 

ヒ「脅かしちゃったかしら。アタシったら食べ物を見るとつい。。」
ペ「は~い、知ってます」
すぐおすそ分けしちゃう温厚ペペくん。2人は以前にも会ったことがありますね。

 

あこがれのシャイニーちゃんのかまくらハウスを見つめるヒナちゃん。
皆さんがバリバリするのでプラスチック板を張ってみました。
ヒ「アタシにとってのお菓子の家なのに食べれない」

 

ヒナちゃんは飛んだり跳ねたりして遊ぶより

 

3番刈りやオーツヘイなど好みの牧草を見つける宝探しを楽しむタイプなのです。
ヒ「ここは色んな種類の牧草が落ちてるもんね」

 

ヒ「おばあちゃんだけど何でも美味しく食べちゃう」
固い牧草もバリバリ噛んで満足気。歯と胃腸が健康なんですね。

 

ヒ「でも食べても太らない体質なの」ドヤっております。

 

そしてケージに戻ってもまだ足りないのかクレクレモードのヒナちゃんなのです。

 

紋次郎風ヒナちゃん。

お客様-ヒナちゃん

そしてこちらも常連のヒナちゃん。食いしん坊はいきなり牧草をつまんでいます。

 

ヒ「だっておいしそうなものばかりなんだもん」
ちょも太くんの食べている牧草は3番刈りだし、ペレットはグラノーラが入ってるし、ヒナちゃんにとっては夢の空間かも。

 

ヒ「一応家主に挨拶しなくちゃ」

 

みんなちょも太くんのことは警戒しないので見るからに攻撃力が無さそうなんでしょう。

 

ヒナちゃんとご挨拶した後はorzポーズのちょも太くん。
最近首を上げてると疲れちゃうみたい^^

 

牧草ばっかり食べてないで遊んでくださいよ。

 

ヒ「牧草でできたお家なんて羨ましいなあ、どれどれ味見させて」

 

ヒ「ぐぬぬ、届きそうで届かない。。」

 

無念すぎてピップくんに慰めてもらいに行くヒナちゃん、と思いきや拾い食いしているだけかも。。

 

狭い隙間に落ちた牧草もキレイにしてくれるヒナちゃんと不審がるまりぶちゃん。

 

もう遊んだからちょも太カフェに行ってブレイクしよ。

 

ちょも太くんは眠くなってクッションの隙間に潜ってしまいました。

 

ヒ「アタシが牧草食べすぎたからスネちゃったかな」

 

口の周りには相変わらずの青汁。

お客様-ヒナちゃん

そしてこちらもよく来てくれる7歳のヒナちゃん。

 

先日、口の左側が皮膚炎になってしまい病院で毛を刈られてしまったそうですが、不正咬合ではないようで一安心。

 

ヒ「色白美人が台無しだわ。。」ちょっと落ち込むヒナちゃん。

 

ヒ「これだけ牧草食べてんだから不正咬合はありえないわよね」
歳だから皮膚が弱ってるのかもね。

 

早速他の子達の牧草を物色しに向かうヒナちゃん。
ヒ「アタシがここにいることはトトちゃんにはナイショよ」

 

ケージの下のおこぼれを頂くヒナちゃんの不審な行動にトトちゃんも釘付けです。

 

ヒ「あらっ何でバレたのかしら」
ト「おばあちゃん、怪しすぎですよ」

 

ヒ「次、行くわよ」

 

ヒナちゃん、それは牧草ではなくペペくんの脇腹です。
ペ「イテテッ、オレの贅肉は食べないで。。」

 

食べられないように奥に避難するペペくんと、牧草探しに没頭する肉食ゴジラちゃん。

 

太いオーツヘイを頬張って満足気。
ヒ「なかなかいい収穫だったわ」

 

皮膚炎以外は健康そのものなヒナちゃん、早く治るといいね。

 

ペペくんも黙認モード。

お客様-ヒナちゃん

そして先月も来てくれたヒナちゃん。眼力と食いしん坊は誰にも負けないおばあちゃんです。

 

うさの木は慣れているので余裕の笑顔。

 

ヒ「出る前にまずは腹ごしらえから」

 

菜っ葉食べるのがヘタなので口の周りはいつも安定の緑色です。

 

食べながら走るヒナちゃんを物珍しそうに眺めるとろろくん。

 

気の強いとろろくんですが女の子は大好き。ほっぺを食い込ませてご挨拶。

 

むぎちゃんのケージの前でもこっそり拾い食いするヒナちゃん。

 

む「おばあちゃん何やってんの」
ヒ「えーと、何じゃったかのう。ポリポリ」

 

紗英くんのアピールには目もくれず散らかったうさチモに夢中です。
ヒ「これは高級牧草。羨ましい。。」

 

案外お転婆なヒナちゃんを見守るうさくん。

 

穏やかな子の前ではみんな優しくなってしまうのです。

 

ヒ「アタシは牧草にしか興味がないだけだったりして」
それでもいいのよ。

 

牧草を食べまくるヒナちゃん見てると安心します。

お客様-ヒナちゃん

こちらもよく泊まりに来てくれるヒナちゃん、ふわふわ毛玉のおばあちゃんです。

 

野菜の食べ方がヘタなのか、ご飯の後はいつも口の周りに青汁が付いているおちゃめさん。

 

部屋んぽでは顔を床につけて何か探しものに没頭しています。

 

事件の謎を解いているような難しい顔。

 

食いしん坊なヒナちゃん、実はおいしそうな牧草を物色しているのです。

 

ヒ「これは大事な証拠なので押収するです(腹に)」

 

キリッとキメ顔をしても青汁が付いていると何だかね。。

 

ヒ「謎はすべて解けた!(ゲップ)」

 

牧草多め、ペレット少なめのおかげで7歳ですが飛んだり走ったり、元気いっぱいです。

 

写真の色調補正が難しいハッピーちゃんとヒナちゃんコンビ。
ヒ「どれどれ、アンタどんな牧草食べてんの」
ハ「気になるの、そこ?」

 

ケージに牧草を補充すると大喜びで飛びかかるゴジラちゃん。

 

ヒ「うんめーっ」

 

食べているときの顔がとても幸せそうで見ている方もほっこりします。

 

なかなか納得行くのがないのね。