ブランくん」タグアーカイブ

お客様-ブランくん

そしてこちらも夏に来てきくれたお客様、ブランくん。

 

前回は左足を脱臼していてほとんど立てず、よちよち歩きみたいだったのがかなりしっかり立てるようになりました。

 

ケージの中でもすり足状態だったのに全然平気そうじゃない?

 

ブ「パパとリハビリ頑張って走れるくらいに回復したんだよ」

 

ブ「まだどうしても重心が傾いて右足に体重が乗っちゃうけどね」

 

ブ「毛づくろいもこんなに上手にできるようになったんだ」
足の裏で立てているので以前のような接地の痛みはなさそうです。

 

偶然にも前回もマル・ラム姉妹と会っているブランくん。覚えてるかな。

 

せっかちゃんにも挑発的に臭い付け。

 

ブ「たしかしつこくやると怒られちゃうんだよ」

 

ブ「寝ているヒナおばあちゃんも起こしちゃおっと。ガタンガタン」

 

ヒ「こらっピンポンダッシュか」
ブ「ごめんなさ~い!」

 

自由に動けて嬉しいんだろうけどイタズラはほどほどにね。笑

 

お客様-ブランくん

そしてこちらは初めてのお客様、8ヵ月のブランくんです。

 

元気そうに見えますが左足を脱臼してしまったそう。

 

ブ「気持ちは元気なんだけどね」
頑張って歩いていますが痛そうだね。

 

ボトルも使えないのでお水や牧草はお皿で。susuマットやフリースマットを敷いています。
お家では放し飼いだそうなのでもっとバリアフリーの環境で過ごせているのでしょう。

 

好奇心は旺盛なので部屋んぽのはじめはあちこち探索しています。

 

走って大丈夫なの。。無理しないでね^^;

 

マットのヘリに足を当てて体を安定させながら器用に食糞するブランくん、頭いいぞ。

 

ブ「やっぱりたくさんは遊べないや。頑張ったから褒めて~」
撫でられるのも大好きな甘えん坊です。

 

ブ「よいしょ、このマットの上は大分楽だぞ」

 

薄いながらも低反発マットの上は痛みが少ないのか、動かないときは大体この上にいます。

 

ブ「でもどこからか女の子のいい匂いが」

 

ブ「可愛い女の子とお話して痛みを忘れよう」
早速メンチを切るせっかちゃん、ケンカの煽りが上達してます。

 

せ「噛む噛~む、ガウガ~ウ♪」
ブ「癒やし系じゃない野生のお姉さんだった。。」

 

ブ「病人なんだからもっといたわってよねっ」
ブランくんは足を伸ばして寝ることができないようなので手にも負担がかかっていそうです。
床をふかふかにして関節炎やソアホックにならないように元気に過ごしてね。