キャラメルくん」タグアーカイブ

お客様-キャラメルくん2

そしてなんと、3週目のキャラメルくん。

 

こんなに何度も来てるのにまだ最初はもじもじするのね。

 

先週もその辺嗅いでごまかしてたような。。?

 

キ「ちぇ、いいだろ。オレは人見知りなんだい」

 

キ「初対面の挨拶は緊張するんだから」

 

キ「と思ったら先週と同じメンバーじゃないか」

 

キ「やあ暖くん、オレたち小競り合いするから少し離されちゃったな」
暖「ホッとしたような寂しいような」

 

キ「また騒がしいけどよろしくっ」

 

キ「おっと、りん姉さんを忘れちゃいけないぜ」

 

キ「反応が薄いけどしつこいオレはアピール頑張るよ」

 

キ「ケージにも匂い付けとくから覚えてよね!」

 

お客様-キャラメルくん

そして2週続けてお泊まりに来てくれたキャラメルくん。

 

先週きたばかりなのにケージの出口で立ち止まってよそよそしい態度。

 

キ「だって知らない子がいるじゃん」

 

キ「お友達と交流するのは初めてだから不安なのよ」

 

キ「一応匂いは付けてマウントしちゃうんだけど。。」

 

キ「オレったら人見知りだから仲良くしてもらえるかしら」

 

キ「可愛いお姉さんはツンツンなの。でもオレは好き」

 

キ「暖くんはいいリアクションしてくれるから楽しいのだ」
暖「放っとけばいいのにオレもつい反応してしまう。。」

 

キ「あれ、そういえば昨日オシッコしたでしょ!」
暖「お互い様よ~」

 

キ「暖くんなんかアッカンべ~だ」

 

キ「もしかしてオレが仲良くできてないんじゃん?」

 

お客様-キャラメルくん

今週末に来てくれたのは初めてのお客様、キャラメルくん3歳です。

 

キ「初めてきたところだし見られてて緊張するな」辺りをキョロキョロ。

 

ビビり気味ながらも部屋んぽ開始です。

 

まずはお部屋のチェックから。他の子の匂いがたくさん付いていて気になるよね。

 

ただのゴミ箱にも興味津々。

 

好奇心は旺盛なのですぐに慣れそうです。

 

所長ともはじめまして。

 

キ「他のお友達もいるなら安心だ」

 

キ「もっと縄張りを広げたいな」
キャラメルくんはマイケージごと来てくれたのでそのままお預かりしています。

 

キ「オレは助走なしでもこれくらい余裕なのさ」
おやおや、お家でもいつも危ないことしているな?

 

キ「お家では静かでおとなしいよ~」ホントかな。

 

キ「安心したら眠くなってきちゃった」
いい感じのスペースを見つけて熟睡するキャラメルくん、最初の緊張はどこへ?