お客様-うたくん

こちらは昨年からよく来てくれる3歳のうたくん。

 

抜け毛が顔の横から飛び出しているのが顎ヒゲみたい。

 

う「ライオンのたてがみみたいだろ」
チ「強そうでカッコいい~」

 

う「え、もう一回言って」
チ「大人の魅力がシブいなあ」

 

う「渋くてカッコいいだなんて感激」
チ「オレがまだ生後3ヵ月のちびっ子ですから」

 

う「赤ちゃんに持ち上げられても嬉しいもんよ」

 

今回は珍しくうたくんとうたちゃんが揃っています。
うたくん「キミはうたちゃんっていうの。同じ名前同士仲良くしよう」

 

うたくん「こちらは渋くて強そうな方のうたくんです」

 

うたちゃん「よろしくね。じゃアタシと勝負しちゃう?可愛いらしいうたくん」
うたくん「うた姉さんには勝てなそうです。。」

 

うたくん「ぷーん、子供扱いして」

 

うたくん「眼の前でゴロゴロしちゃうもん」

 

ヒゲを生やしてもキュルキュルなうたくん、次回は丸顔ベビーフェイスに戻ってるかな。

 

お客様-唯依ちゃん

そして初めてのお客様、3歳の唯依ちゃんも来てくれました。

 

始めてきた場所なので扉を開けても縮こまっています。

 

唯「とりあえず出てはみたけど、ここはどこ」

 

へっぴり腰からまだ緊張しているのが伝わります。

 

唯「初めまして~、日帰りなのですぐ帰るけどよろしく」
黒「どうもどうも、オレなんかずっといるのよ」

 

唯「長期滞在のお友達もいるんだから安心かしら」

 

唯「少し足を伸ばしてみよう」すぐに慣れてくれそうですね。

 

唯「これじゃちょびくんの方にピントが合っちゃってるじゃない」これは失礼。

 

ちょびくんの牧草をつまみ食いするのにハマった様子の唯依ちゃん、今度はゆっくり泊まりに来てね。

 

お客様-うたちゃん

こちらは昨年9月に来てくれた2歳のうたちゃん。

 

警戒心も気も強いブーブーパンチ系の女の子ですが好奇心も強いのですぐに出てきます。

 

う「他のお友達がケージの前をウロチョロするから落ち着いていられないわ」

 

う「クンクン、ここは前にも来たことがあるわね」

 

う「前回はお姉様たちに威嚇されてまいったっけ」

 

う「今回は大丈夫かな」

 

う「男子は好意的だけどアピールが凄くてこれはこれでまいっちゃうな」

 

う「とりあえず牧草1本ゲットに成功したゾ」うたちゃんは色気より食い気だね。

 

う「あら、これアタシが持ってきたおいしい牧草じゃない」

 

う「人におすそ分けしたものを食べちゃう食いしん坊なアタシ」
ち「たくさん食べていいよ~その代わりオレと遊んでよ」

 

う「今回のアタシはうってかわってモテモテだ、やりたい放題暴れよう」

 

う「調子に乗ってま~す」のびのび過ごせて楽しそうだね。

 

部屋の真ん中でゴロゴロするのが好きなうたちゃん。
ブーブーパンチもだいぶ減って穏やかになった気がします。

 

お客様-ちょびくん

こちらは初めてのお客様、5歳のちょびくんです。

 

初日の夜は警戒していて部屋んぽに出てこず。。2日めの朝もなかなか出てきません。

 

ち「別に怖いわけじゃないし若干気にはなるけど」

 

ち「窓からお外を眺めているだけでも充分気持ちいいんだ」
そっちのお外が気に入っているようだね。

 

ようやく出てきてもなんだかへっぴり腰。

 

ち「すぐにシャキッとするもんっ」

 

ち「お友達がいるみたいだからご挨拶にいかなくちゃね」

 

ち「ひっぷくんこんにちは~って、無反応だなあ」

 

ち「おじいちゃん耳が遠いのかしら。。垂れ耳だしね」

 

ち「こっちはめっちゃ反応がいい黒太くん」

 

ち「顔を突っ込むと齧ってこようとするけど届かないのね」
臆病な黒太くんは大騒ぎですがちょびくんはへっちゃら。

 

交流したいのか何かとちょっかいを出します。
ち「お近づきのしるしに握手しようよ」
黒「いいからオレのことは放っといて~」

 

ち「オレみたいなチビっ子にビビることないよお」
黒「見えなくなるまで安心できないよう」
慣れてしまえばイケイケタイプ?身体は小さいけど気の大きいちょびくんです。

 

お客様-ひっぷくん

先月も2回来てくれたひっぷくん。8月には11歳になる超長寿のロップちゃんです。

 

前と同じく朝などはひっくり返って起きれなくなっていますが、何故か足どりは今の方がしっかりしてるように見えます。

 

ひ「最近足の調子がいいんだ。シートに引っかかってもズンズン行っちゃうよ」

 

普段はこんな感じでお尻で座っているもよう。足がしびれないようにかな。

 

今回はマイ牧草フィーダーを持ってきたので牧草も進んでいるようです。

 

と思いきや、寝ているだけかも。。

 

板の端のカーブが頭を乗せるのに丁度いいみたい。
お皿に突っ込んで寝るより首が楽そうでいいね。

 

1日中ご飯皿の前からほぼ動きませんが、たまに思い立ったようにウロウロします。

 

ひ「確かこの辺だったっけな」
今回は喉が乾いたのね。給水器はすぐ後ろにあるのですが身体が回転してしまうのでたどり着くのが一苦労。

 

ひ「おや?行き過ぎたかも。。」

 

手で踏ん張っての切り返しも慣れたもんです。

 

ひ「ゴクゴク、頑張ったから余計おいしいな~」
できることはなるべく自分で、とても自立しているひっぷくんです。

 

そして帰りもまた迷走しつつ。。

 

無事にいつものご飯のポジションにたどり着くのです。
ひ「ひとりでできるもんっ♪」

 

お客様-むーくん

次も初めてのお客様、3歳のむーくんです。

 

ぴょんきちくんに負けないふさふさのアンゴラ種。最近のうさぎ界ではロン毛が流行りかな。

 

む「冬は暖かいけどこれからの季節は憂鬱だよ。。草まみれで手入れも大変なのよ」

 

見た目もボリューム感がありますがむーくんは実際とても大きいのです。
立つとケージと同じくらい。小柄な黒太くんは見上げています。

 

黒「オレだって背伸びすればそれくらい。。あれっ」
む「ぷぷぷ、たんぱく質摂りな~」

 

むーくんはシートホリホリが大好き。部屋んぽ中ずっとやっています。
他のうさぎの匂いに興奮しているのでしょう。

 

む「黒太くんの前も掘り返しといてやるぞ」
黒「頼んでないし」

 

黒「オレの部屋の前を散らかさないでよお」
む「誤解しないで、よく見てて頂戴」

 

む「最後はまとめてるし、どう見ても片付けてるじゃんね」
大きいのでかき集める量も凄いのです。

 

む「デカい分疾走感だってぴょんきちくんに負けてないぜ」メッチャ速そうに走ります。

 

む「静止してても結構な風を感じるビジュアルだけどね」
シートの海を航海に出てますね。

 

エレガントな見た目の割になでながらよく見ると口が半開きでひょうきんな顔なのです。

 

遊び疲れたら休憩はケージに戻ってコンパクトに収まって寝るむーくん。
意外とせま苦しいところが好きなのね。

 

お客様-ぴょんきちくん

こちらは初めてのお客様、1歳のぴょんきちくんです。

 

前髪ふさふさ、ライオンヘッドというのでしょうか。前に来てたぴっぽくんと同じ品種かな。

 

匂いにこだわりが強いのか部屋んぽに出てきてからマーキングが終わりません。

 

きっと視覚情報が少ないので嗅覚に頼っているのでしょう。

 

床の匂いもくまなく嗅いで回ります。フローリングならきっとピカピカになるね。

 

変わった風貌はうさぎのお友達の注目も集めているようで2人共興味津々で見に来ます。

 

ら「ぴょんきちくんって目見えてんのお?」
ぴ「あんまり。。」

 

当たり前ですが前髪をめくるとつぶらなお目々があるんです。
ら「あら結構可愛らしいじゃない」

 

もっさりしているかと思いきや、軽やかなジャンプやダッシュも見せてくれるぴょんきちくん。

 

視界が悪い割には跳ね回ってもぶつからないので最初の丁寧なお部屋探索は意味があったのかも。

 

ぴ「疾走感のあるビジュアルがかっこいいだろ」ロックバンドのMVみたいよ。

 

ぴ「ロン毛のお陰で暑くてすぐバテちゃうけど」虚弱なバンドマンです。

 

ぴ「きゃあ、まためくられちゃった~」

 

目が見えちゃうとキュルルンなアイドル顔のぴょんきちくん。
これから暑いし前髪カットしてもらうとスッキリしていいかもね。

 

お客様-ひっぷくん

そして次はGWにも来てくれたひっぷくん。今月2回目です。

 

10歳超えても自力でご飯を食べたり歩いたりできる奇跡の元気ロップちゃん。

 

前回は時々ひっくり返って起き上がれなくなっていましたが今回はあまり倒れないし転んでもほぼ自力で起き上がっていて調子が良さそうです。
ひ「踏ん張って耐えてセーフさ」

 

うっ滞の予防的に飲んでいるお薬も自分から進んで飲みに来るおりこうさん。

 

普段はお皿に手を突っ込んだこの安定ポジションが気に入っていて、寝てるときも含めほとんどの時間この体勢なのですが

 

1日に何度かあるパッチリ起きてる時間帯にはマットの上を少し移動します。

 

身体のコントロールが難しそうですが、クルクル回りながら。。

 

お水を飲みに行きたかったのね。

 

ひ「今は足の調子がいいからちょっと遠出して冒険しようかしら」

 

ひ「マットが無いところにも進出しちゃうぞ」

 

ひ「あれ、戻るのどっちだっけ。。」

 

ひ「ふう。。無事に戻れたぜ」ちょっとお手伝いしたけど自分で戻れました。

 

ひ「疲れたからご飯食べてお昼寝するかな」ペレットに埋もれて窒息しないでね。笑
8月には11歳、さらなる奇跡が起こせるかな。

 

お客様-黒太くん

こちらは昨年の夏以来、久々の黒太くんです。

 

一番最初に来た時は1歳ぐらいだったのにもう8歳だね。
今回はお家のマンションが工事していて塗装のニオイが酷いとのことで避難してきました。

 

前回のお泊りからは1年近く経ってるけど覚えているのか落ち着いています。

 

黒「相変わらず他の子の匂いは苦手だけど以前みたいにパニックにはならないぜ」

 

お友達との交流には消極的な黒太くんですが、らむくんは気になるようで何度もアピールしに行きます。

 

黒「らむくんは男の子なのお? いい匂いだなあ」
ら「今審議中みたい」

 

黒「スンスン」

 

黒「はわわー、気持ちもしっぽも爆アガリ」久々に興奮しちゃってます。

 

黒「つい取り乱して。。失礼しました」

 

黒太くんはあまり走ってるところは見ないけど今回はちょっと元気。らむくん効果かな。

 

黒「走ってエネルギー発散しなきゃ夜寝れないな」

 

黒「イテテ。。ケージに激突してコケちゃった」気をつけておじいちゃん。

 

黒「でも若者と触れ合うと気持ちが元気になるね」
気が合う子がいればいい刺激になるかもね。

 

お客様-らむくん

次のお客様は新人さん、1歳のらむくんです。

 

緊張しているわけではなさそうですがこの入口からの1歩がなかなか出ません。

 

ら「外には興味あるんだけど、慣れないお家だからもう少し様子見てからね」

 

ら「とか言って、昨夜は結局出ないで過ごしちゃったな」

 

ら「今朝もまだ出なくてもいっかなあ~」でも部屋んぽの時間は決まっているのよ。

 

ら「迷ったときは一緒に来た相棒をペロペロして頭を整理するんだ」

 

らむくんはこの相棒うさちゃんをときどき舐めたり寄り添って寝たりしてとても可愛がっているのです。何とも愛くるしい2人。

 

ら「オレったら優柔不断なのよ、バディ背中を押してちょうだい」

 

ら「出てみたら案外何も起こらないな、何をすればいいのかしら」運動したらどう。

 

隣の黒太くんはかなり関心があるようですがらむくんは塩対応。

 

ら「なにを真剣に嗅いでいるのさ」
らむくんはぬいぐるみへの接し方や部屋んぽでの大人しさ、性格のあっさり感が女の子な気がするんですが。。タマタマも見当たらないし。笑

 

人付き合いの苦手な黒太くんが珍しくウキウキしてるし。

 

生後4ヵ月のときに男の子と言われたらしいですがマフマフも立派なのよね。

 

ら「もしかして次回は入れ替わってる~? 性別が!」
男の子として育てられて実は。。的な数奇な運命かもしれません。

 

何だかんだで3日目にはピョンピョンはしゃぎまわるようになってきました。
今度病院で調べてもらってね。